Zがカッコよく生まれ変わった! 日産が新型フェアレディZ(Z35型) プロトタイプの概要を世界初公開

画像ギャラリーはこちら
2020年9月16日、日産は50年以上の歴史を持つスポーツカー「フェアレディZ」の次期プロトタイプモデルを、オンライン上で世界初公開した。気になるスタイリングやスペックなど、新型フェアレディZの詳細を写真と共に速報でご紹介する!

カッコよ過ぎる! 新型フェアレディZの内外装を写真で今すぐチェック【画像76枚】

目次[開く][閉じる]
  1. ワクワクが止まらない! 新型フェアレディZが世界初公開
  2. 現行Z34型とほぼ同等ながらグッとスリムになったスタイリング
  3. V6 ツインターボエンジンを搭載! 気になる詳細スペックは!?

ワクワクが止まらない! 新型フェアレディZが世界初公開

久しぶりにワクワクさせられるニューモデルの登場だ。日産から次期フェアレディZ(Z35型)のプロトタイプモデルが世界初公開された。

フェアレディZは1969年に初代S30型が登場。ロングノーズショートデッキのスタイリッシュなデザインと十分な性能を持ちながら、求めやすい価格設定としたことで、世界中で大ヒットを飛ばした。以来、日産の代表するスポーツカーとして歴史を重ねてきた。

今回発表されたのは、その7代目となる次期型フェアレディZのプロトタイプだ。正式な型式は発表されていないものの、現行Z34型の次期モデルということで、便宜上Z35型と表現させて頂く。

気になるZ35型フェアレディZのスペックや発売時期など、現時点で判明している情報を発表イベントの模様と共にお届けする!

現行Z34型とほぼ同等ながらグッとスリムになったスタイリング

現在販売されているフェアレディZは、2008年12月に発表された6代目(Z34型)。2シーターでボリューム感あるスタイリングだが、全長4260mm×全幅1845mm×全高1315mmで、ホイールベースは2550mmと、車幅以外は比較的コンパクトなサイズである。既にデビューから12年目を迎え、世界の日産ファンからも新型の登場が待望されていた。

今回発表されたZ35型フェアレディZ プロトタイプモデルのボディサイズは全長4382mm×全幅1850mm×全高1310mmと、ほぼ現行Z34型と同等。それでも2台の写真を見比べてみると、スリムさを強調したフォルムの新型Zのほうが、見た目にもスポーティさを感じさせてくれる。なかなか印象的で、シンプルに「カッコいい」と言いたくなるデザインだ。

しかも50余年に渡るフェアレディZの歴史が色濃くデザインに表現されているのが興味深い。

初代S30型フェアレディZをイメージさせる内外装デザイン

新型フェアレディZ プロトタイプのデザインは、見るからに初代S30型のイメージが重なる。全体的なフォルムから、ヘッドライトの形状、ルーフからテールにかけてのラインなど意識的に共有性を与えている。

発表イベントで、日産のグローバルデザイン担当専務執行役員、アルフォンソ アルバイサ氏は『ヘッドライトはGノーズの240ZG(S30型)をイメージし、透明なヘッドライトカバーを与えた』と話す。

インテリアも初代を想わせる3連メーターが配されるが、いっぽうでモダンさも併せ持っているデザインとなっている。

テールランプの形状はZ32型をイメージ

いっぽうアルバイサ氏によると、テールランプはZ32型(1989年~2000年)をイメージしデザインしたと明かした。

またイエローの印象的なカラーリングは、初代S30型とZ32型に設定されたイエローを意識し、光沢のあるパール系イエローとした。確かにZ32型の初期モデルにも柔らかいパールイエローのカラーリングが設定されていた。当時よりも塗装技術が発達し、キラキラと日の光で輝く光沢感を出したという。

発表イベントで、日産のグローバルデザイン担当専務執行役員、アルフォンソ アルバイサ氏は『単にレトロな雰囲気を醸し出すだけでなく、お客さま一人ひとりに、大切なZの記憶を思い出させ、笑顔にさせるようなデザインにしたい』と語っている。

V6 ツインターボエンジンを搭載! 気になる詳細スペックは!?

現行Z34型フェアレディZは、V6 3.7リッター「VQ37VHR」ノンターボエンジン(336ps/365Nm)を搭載する。これに対し新しいフェアレディZ プロトタイプのスペックが気になるところだ。

現時点で発表されているのは、V型6気筒ツインターボエンジンだということ。プロトタイプでは6速マニュアルトランスミッションと組み合わされている。気になる排気量やパワーなどは明らかにされていない。またATモデルについても現時点で仕様は不明である。

ちなみに、現行Z34型フェアレディZとプラットフォームの基礎を共有するスカイラインの440RがV6ツインターボエンジンと7速ATを搭載しているが、こちらはV6 3リッターのツインターボで最高出力405ps、最大トルク475Nmのハイパフォーマンスを誇る。果たして新型フェアレディZが同等のエンジンとなるのか、それ以上のパフォーマンスを発揮するのか、今後の発表が楽しみなところだ。

Z35型フェアレディZの発売時期が気になる!

今回の発表はあくまでもプロトタイプで、正式な発売時期や価格などは一切発表されていない。これから徐々に明らかにされていくであろう新型Z35型フェアレディZ。新たな情報が入り次第、随時お知らせしていくので、今後も楽しみにしていて欲しい!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:日産自動車]

フェアレディZ プロトタイプ 主要スペック

■エンジン:V6 ツインターボ/トランスミッション:6速マニュアルトランスミッション/全長:4382mm/全幅:1850mmmm/全高:1310 mm/ホイール/タイヤ:Front: 255/40R19・Rear: 285/35R19

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
39万円1,598.9万円
日産/フェアレディZロードスター
日産 フェアレディZロードスターカタログを見る
新車価格:
465.1万円529万円
中古価格:
69万円379万円
日産/フェアレディZコンバーチブル
日産 フェアレディZコンバーチブルカタログを見る
新車価格:
471.9万円471.9万円
中古価格:
82.1万円200万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる