S30フェアレディZがなけりゃ今の日産はない!? 超歴史的な一台だった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
来たる9月26日に新型フェアレディZが発表されるとあって、日産ファンのみならずこの日を楽しみにしている人も多いハズ。と、そこで今日から5日連チャンで歴代Zを総復習。初日は1969年のデビューしたS30フェアレディZだ。

日本もやるじゃないか! 格安なのに当時ポルシェと互角の性能だった

超軽量なモノコックボディに加え、ストラット式サスペションを備えた本気の内容であった。

当時、フェアレディZに先行してジャガー タイプEやポルシェ 911といった世界のスポーツカーと互角に戦える内容であった。それらライバルと比べて超バーゲンプライスだったことから、日本のみならず北米市場で大ウケしたモデルだ。

ちなみに新車価格は84万円、当時の大卒初任給が4万円弱だったことからも、高嶺の花であったのだ。

日本仕様は2LのL型6気筒エンジンを、北米向けには2.4Lと仕向け地によって排気量を変えていたのも成功した理由である。

10年にも及ぶモデルサイクル出会ったが、世界累計販売台数は55万台を記録し、うち国内は8万台であったことから、世界中に日産の名を轟かせた歴史的な一台なのだ。

ポルシェと互角の性能! 初代フェアレディZのボディを隅々チェック

3連メーターはZのこだわり

Zらしさ満点! 3連メーターが超カッコいい初代Zの車内がコレ

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
39万円1,598.9万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる