autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型クラウンは大人スポーティ!デザインや走行性能など、あらゆる面が大きく進化

自動車ニュース 2018/6/9 00:00

新型クラウンは大人スポーティ!デザインや走行性能など、あらゆる面が大きく進化

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)
トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)画像ギャラリーはこちら

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)の新たな情報が明らかになった。

15代目となる新型クラウンは、これまでのクラウンよりスポーティなスタイルに生まれ変わる。なお、正式発表は2018年6月末の予定となる。

現行モデルでは、クラウンアスリート、クラウンロイヤル、クラウンマジェスタの3モデル構成だったが、新型クラウンでは1モデルに統合。その中で標準仕様とエアロ仕様の2種類のラインナップに変更される。

>>トヨタ 新型クラウン(15代目)のすべてを画像で見る

クラウン初の6ライトウインドウを採用

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)G Executive 3.5リッターマルチステージハイブリッド
トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)G Executive 3.5リッターマルチステージハイブリッドトヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)G Executive 3.5リッターマルチステージハイブリッド

デザインでは、クラウン初となる6ライトウインドウを採用。ロングノーズで低いキャビンにより、今までにない流麗なフォルムを実現した。アルミホイールは走りを予感させる5本スポークの大胆な意匠とした。従来モデルと比較すると、エレガントなシルエットに、アクセントの利いた大人のスポーティさが際立っている。

フロントはセンターの水平な押し出しとフェンダーの造形で、ワイド&ローの引き締まった表情とした。ヘッドランプは薄くシャープな造形とし、目力を強調させている。また、流れるようなウインカーライト(シーケンシャルターン)も採用された。

リアコンビランプはヘッドランプと同じモチーフで、シャープでエレガントなイメージとし、キャビンを融合させながらリア周りを大きく絞り込み、これによってタイヤの張り出しやしっかりとした踏ん張り感を表現した。

狭い道での取り回しを考慮して全幅は1800mmのまま

新型クラウンは、日本のユーザーのために、全幅1800mm、最小回転半径5.3mと、車幅が狭く小回りが必要な日本の道路環境でも運転しやすいパッケージとした。

ドアハンドルにもこだわり、日本人の体格にあった位置や角度、手にぴったりとフィットする形状に加え、空力特性にも考慮したデザインとした。

ドアを閉めたときに重厚感がある音が響くようにドアパネルの発音面積を大きくして、低音を響かせるような工夫も施した。

シンプルでありながら上質なインテリア

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)G Executive 3.5リッターマルチステージハイブリッド
トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)G Executive 3.5リッターマルチステージハイブリッド

内装は、薄型のインパネで開放感あふれる空間とし、シンプルで質感の高い加飾を随所に施した。運転中も視線移動が少なく見やすいダブルディスプレイを採用。ダイレクトタッチで操作性も改善させた。

新開発のメーターは、目盛りや文字が浮いているように見え、先進的で視認性に優れている。コンソールの感触やスイッチ類の操作性、カップホルダーのしっとりとした動きなど、質感の高いものに仕上がっている。

新プラットフォーム採用で衝突安全性能と走行性能が向上

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)

新型クラウンはTNGAプラットフォームをベースに、細部までこだわりをもって丁寧に作り込んだ。

それによってボディ剛性を高めただけでなく、衝突安全性能も大きく向上させるとともに、一発で決まる正確でシャープなステアリング、低速から高速までのあらゆる状況で目線が動かない安定した走行性能を目指した。

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)G Executive 3.5リッターマルチステージハイブリッド

パワートレインは、レクサス LSとLCに搭載されているV6 3.5リッターマルチステージハイブリッドシステム×10段変速制御(シーケンシャルシフトマチック(10段)+パドルシフト)をトヨタブランドとして初めて採用した。加えて、カムリのエンジンを縦置きに変更した2.5リッターハイブリッド×電気式無段変速機(シーケンシャルシフトマチック(6段)+パドルシフト)をクラウンに初搭載した。また、従来モデルより出力がアップした2リッター直噴ターボ×8 Super ECT(シーケンシャルシフトマチック(8段)+パドルシフト)の3機種をラインナップしている。

安全性能では、自転車検知や夜間歩行者の検知も可能となるToyota Safety Sense(第2世代版)を全車標準装備し、予防安全機能を高めた。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ クラウンアスリート の関連編集記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連編集記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR