autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 トヨタの高級車「クラウン」に存在した「ピンク色」「金色」「若草色」仕様とは【プレイバック】

特別企画 2019/3/13 15:00

トヨタの高級車「クラウン」に存在した「ピンク色」「金色」「若草色」仕様とは【プレイバック】

14代目(2012~2017)トヨタ クラウン(クラウンアスリート/クラウンロイヤル)
キングコング西野さん、トヨタとのコラボで「ニシノクラウン」を製作トヨタ クラウン 特別仕様車アスリートS “空色 edition”トヨタ クラウン 特別仕様車アスリートS “空色 edition”クラウン アスリート画像ギャラリーはこちら

キングコング西野さん、「キン」と「コン」のクラウンをデザイン

キングコング西野さん、トヨタとのコラボで「ニシノクラウン」を製作

トヨタは、キングコング・西野亮廣さんとのコラボレーションにより誕生した「ニシノクラウン」を、2019年3月11日に報道陣へ公開しました。

この特別モデルは、2019年3月17日まで表参道ヒルズ及びソーカルリンクギャラリー(東京都・渋谷区)にて展示されます。

ベースとなったのは、トヨタの代表車種でもある「クラウン」(グレード:2.5 S “C パッケージ”)。西野さんは、この高級車に大胆にも金色と濃紺のカラーリングを取り入れ、ニシノクラウンを完成させました。

>>詳しくはこちら:キングコング西野さん、金の「ニシノクラウン」をトヨタと製作

大変珍しいカラーリングですが、西野さんはデザインにあたり、歴史あるクラウンというモデルの文脈のなかでデザインすることを心がけたといいます。しかし「革新」がテーマでもあることから、このようなデザインとなったようです。

ちなみに本記事を執筆している2019年3月段階では、ニシノクラウンの市販は予定されていません。

ところで、クラウンは過去に「ピンク色」「空色」「若草色」など、様々な色のバージョンが販売されてきました。今回はそんなクラウンの“カラフル”な歴史をプレイバック!

◆【画像特集】モモ色、ソラ色、アカネ色… あなたの見たことないクラウンがここに

まさかの“モモ色”!? 市販化された“ピンククラウン”

14代目(2012~2017)トヨタ クラウン(クラウンアスリート/クラウンロイヤル)

トヨタは、当時販売されていた14代目クラウンの特別仕様車「アスリートG“ReBORN PINK”」「アスリートG i-Four“ReBORN PINK”」の受注を2013年9月1日~30日の1ヶ月間限定で行いました。

特別仕様車の特長的なピンクは、新規に開発されたカラー「モモタロウ」というもの。インテリアでも新色のホワイトを一部の内装品に採用し、内装色のブラックとの組み合わせにより明快なコントラストが生み出されています。

これらのカラーコーディネートは、クルマ好きとしても知られる演出家のテリー伊藤氏が手掛けたもの。「PINK SURPRISE」をキーワードに、インテリアにもピンクのステッチや、差し色を用いて上質で特別感ある室内空間としています。

ちなみにこの特別仕様車は約650台の受注が受け付けられました。

>>詳しくはこちら:トヨタ、ピンクカラーのクラウン特別仕様車“ReBORN PINK”を期間限定で注文受付

>>詳しくはこちら:トヨタ、1ヶ月限定で行った“ピンククラウン”の受注台数が約650台を記録

フレッシュさあふれる「空色」「若草色」のクラウンも登場

トヨタ クラウン 特別仕様車アスリートS “空色 edition”トヨタ クラウン 特別仕様車アスリートS “空色 edition”

“ピンククラウン”と同じ型のクラウンには、特別仕様車「空色 edition」ならびに「若草色 edition」もありました。この特別仕様車は、クラウンの誕生60周年を記念して製作されたもの。

ボディカラーには特別設定色「空色」「若草色」がそれぞれ採用され(2色共に正式なボディカラー名)クラウンに乗った際に感じられる「爽快感」や「開放感」が演出されました。

インテリアにおいても、特別設定色のホワイトを本革シート表皮などに採用したほか、インストルメントパネルサイドとドアトリムに空色、若草色の専用ステッチを施すなど、誕生60周年の記念にふさわしい特別感を備えた仕様でした。

>>詳しくはこちら:トヨタ「クラウン」誕生60周年 “若草色・空色”ボディカラーが期間限定発売!

2015年10月には、12の“日本色”カラーが登場!

クラウン アスリート

トヨタは2015年10月1日、“ピンク” “空色” “若草色” と同じ14代目クラウンのマイナーチェンジを実施しました。

クラウン アスリート

ここでパッケージオプションとして設定されたのが「ジャパンカラーセレクションパッケージ」です。

これは「ときの移り変わりを表す日本の色」をコンセプトにセレクトされた「紅(クレナイ)」「茜色(アカネイロ)」「翡翠(ヒスイ)」「天空(ソラ)」などの全12色の外板色を選択できるほか、専用の内装色3色との組み合わせを楽しめるオプション。

12色全てが漢字表記という珍しさから、大きな話題となりました。

ちなみに「ジャパンカラーセレクションパッケージ」は2018年6月に登場した現行型クラウンにも設定があります。ボディカラー数は全6色となったものの、自らの個性を最大限に表せる“日本色のクラウン”は、現在も購入できるのです。

>>詳しくはこちら:トヨタ クラウン、日本を感じるボディカラーをオプション設定

【毎週水曜日・日曜日は、オートックワンの誇る記事アーカイブから気になる情報をピックアップする連載「プレイバック」をお届け! 次回もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ クラウン の関連編集記事

トヨタ クラウンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR