“ランエボ” にワゴンが追加!? 三菱 ランサーエボリューションVII〜Xを写真で振返る【MOTA写真館】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
スバル インプレッサWRXとWRCで熾烈な戦いを繰り広げていた、三菱“ランエボ”ことランサーエボリューション。これまで第一世代と第二世代の、初代〜6代目モデルまでを紹介したが、今回はVII(セブン)〜最終モデルのX(テン)を振返る!
目次[開く][閉じる]
  1. 派手さはなくなったが着実に進化したランエボVII
  2. 走行性能が大幅アップ! 好評だったランエボVIII
  3. ランエボ初のワゴンも追加! ランエボIXは挑戦的なクルマだった
  4. 最後のランエボは歴代最強のパフォーマンスだった!

派手さはなくなったが着実に進化したランエボVII

ランエボVIまで割と派手な見た目が特徴のひとつでもあった。しかし7代目のランエボVIIは、ベース車のフルモデルチェンジで直線基調のシンプルなデザインに変わったせいもって、一見ボディが小さくなったかと思うほど大人し目な印象だ(実際は大型化)。

スポット溶接の追加やストラットタワーバーの追加などにより、先代モデル比で曲げ剛性が1.5倍向上。加えて最大トルクが38.0kgm→39.0kgm/3500rpmに引上げれた。

>>デッカいリヤウィングも健在! 迫力のリヤビューはコチラ

最高出力を270psに落としたシリーズ初のATモデルが追加されたのもトピックの一つ、ちなみにVIよりも多少安価な、251万8000円〜であった。

走行性能が大幅アップ! 好評だったランエボVIII

先代から2年後の2001年に登場した8代目のランエボVIII。ちなみに正規輸出が開始されたのは、このモデルから。

5速MTから6速に変更されたうえ、カーボン製のリヤウィングを採用するなど、多くの点が改良された。

AYCの構造を見直し、制御トルク量を増加させたスーパーAYCを搭載し、操縦性はライバルのインプレッサを超えたという声もあるほど、評判が高かった。

最後のランエボとのウワサも! エボ8.5こと「ランエボVIII MR」

2004年、アルミフレームを量産車として初採用したり、ビルシュタイン製ダンパーを装備するなど、ランエボIXと名乗っても不思議ではないほどの大幅改良されたランサーエボリューションVIII MRが登場。

ランエボ初のワゴンも追加! ランエボIXは挑戦的なクルマだった

2005年に登場したランエボIXは、連続可変バルブタイミング機構を持つMIVECを初採用。ボディサイズやパワーに変化はないものの、先代モデルよりも低回転で最大トルクを発揮するなど、走行性能は大きく進化。

>>さすが4WDの三菱! 悪路だって激早っ!

最大のトピックはシリーズ初のワゴンモデルが追加されたこと。一般的に、ワゴン車はボディ剛性が劣るとされているが、十分な剛性をもって設計されており、ランエボの名に恥じない内容であった。

最後のランエボは歴代最強のパフォーマンスだった!

2007年に登場したランエボXは、ベース車がギャランフォルティスに変更され、全幅が歴代初の1800mmとかなり大柄に。これまで台数限定であったが、カタログモデルとして発売されたのはエボXが初。

5速MTのほかに変則レスポンスが高い、新開発の6速ツインクラッチSSTが初採用。ちなみにパワーは歴代最強で、最高出力300ps/6500rpm、最大トルク43.0kgm/3500rpmを発揮する。

4WDシステムも見直され、4輪の駆動力と制動力をそれぞれ独立して電子制御し、最適な工藤状況が得られるS-AWCが初採用されるなど、大幅な進化を遂げた。

ちなみにシリーズ最終モデルであるエボXは、その功績を記念してランサーエボリューション ファイナルエディションが2015年に1000台限定で発売された。すぐに完売となり、現在中古車市場ではプレミアがつくほど貴重な1台だ。

>>今めちゃくちゃ値上がり中のファイナルエディションはコレだ

三菱/ランサーエボリューション
三菱 ランサーエボリューションカタログを見る
新車価格:
330.6万円550.5万円
中古価格:
68万円727.5万円

と、これまで3回にわたってランサーエボリューの歴史を駆け足で振り返ったが、いかがでしたか? その歴史を見るほど今すぐにでも復活を希望したい1台だ。

ランエボの歴代モデルを見たい方はコチラの記事をチェック▼

【筆者:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱 ランサーエボリューションの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 ランサーエボリューションのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 ランサーエボリューションの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 ランサーエボリューションの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 ランサーエボリューションのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる