MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム みんなが驚いたあのクルマ、あのエンジン |【1990年代パワーウォーズ ベスト3】

自動車評論家コラム 2019/7/23 09:30

みんなが驚いたあのクルマ、あのエンジン |【1990年代パワーウォーズ ベスト3】

画像ギャラリーはこちら

今や300馬力超えも当たり前の時代に!

世界初の量産型ハイブリッドカーのトヨタ・プリウスがデビューしたのは1997年のことだ。それから20年以上が過ぎてガソリンエンジン&モーターのハイブリッド機関は、ハイエンドモデルに採用されるまで高性能化している。最新のトヨタ クラウンの3.5Lハイブリッドモデルなどは、エンジン馬力に換算すると359psというハイパワーぶりで、80~90年代のパワーウォーズは何だったの!? と思わず唸ってしまうほど。

>>懐かしのR32 GT-Rや三菱 ランサーエボリューションIなど当時のスターが勢揃い!

馬力規制のなかで各社が頑張っていた

1990年代は、上限280psという馬力規制にアタマを押さえられていた時代であった。初の280psカーは、1989年にデビューした日産 Z32型フェアレディZ。そこから各メーカーが次々に280psカーを送り出し、90年代は馬力規制の中でのパワーウォーズとなったのだった。

そんな中で輝いていたベスト3は、2JZ-GTEエンジン搭載のA80型トヨタ・スープラ、RB26DETT搭載のR32型日産 スカイラインGT-R、そして4G63搭載の三菱 ランサーGSRエボリューションだ。順位をつけるなら、ゴメンナサイをしながら、スープラとスカイラインGT-Rが同着1位。僅差でランサー・エボリューションGSRを3位としたい。

トヨタ スープラは今も昔も憧れの1台

A80型四代目スープラは1993年デビュー。クラシックなルックスの2ドアクーペで、搭載する2JZ-GTEは排気量3L。6気筒DOHCにインタークーラー・ツインターボで最高出力は280psだ。

特筆すべきは280psカーでありながら、ファミリーカー並にラクに扱える操作系だ。クラッチやブレーキの踏力、さらにはステアリングもほどよい軽さだ。それでいて安っぽさが微塵もない操作系は、まさに新世代のFRスポーツカーを感じさせた。ツーリングカーレースでは別のエンジンを積んで多数の勝利をあげているが、走りのよさは2JZ-GTEでも変わらなかった。

驚異のスペックでケンメリから16年ぶりに復活したR32スカイラインGT-R

一方、硬派のR32型スカイラインGT-Rは画期的な4WDスポーツとして1989年にデビュー。搭載するRB26DETTは排気量2.6L。コチラも6気筒DOHCのインタークーラー・ツインターボで最高出力は280ps。実はレース参戦を前提に設計されており、専用エンジンであった。

そして1990年にツーリングカーレースに投入されたGT-Rは、初戦から勝利を続けシーズンチャンピオンを獲ってしまう。他のR32型とは明らかに異なるタフなルックスは、若者ばかりかオジサンまで魅了したのだった。

三菱 ランエボIは公道を走るレースマシンだった

3位の「ランエボI」ことランサー・エボリューションGSRは、四代目ランサーの追加モデルとして1992年のデビュー。搭載する4G63ターボは排気量2Lで4気筒DOHCのインタークーラー・ターボで、リッター100psを軽くオーバーする250psの最高出力だった。

実はこのクルマはWRC、世界ラリー選手権出場のための形式認定用モデル(ホモロゲ認証を受けるため)で、4WD化されたレーシングマシンだったのだ。だから、GT-R同様にだれもが乗りこなせるクルマではなかったが、走り好きからの支持は絶大で、シリーズは2015年のランエボXまで続いた。好敵手として同じ年に登場した、スバル・インプレッサWRXとのパワーウォーズも有名な話だが、やはり”エボリューション”のインパクトは大きかった。

次世代カーの技術は馬力規制のおかげだった?

前回の80年代に引き続き、90年代も日産とトヨタをトップ2に挙げてしまったが、当時のパワーウォーズを牽引していたのは間違いなくこの二社だ。そして、この時期に積み重ねたエンジン技術が、ハイブリッド機関の発展を可能にしたのだ。もっと言えば、馬力規制があったからこそ、世界に先駆けてハイブリッド車の市販に成功したともいえそうだ。

 

 [筆者:永田 トモオ/写真:日産・トヨタ・ホンダ]

 

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 スカイラインGT-R の関連編集記事

日産 スカイラインGT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインGT-R の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR