ダイハツ ロッキーに三菱 エクリプスクロスと新型車効果は絶大! 2021年11月の新車販売でダイハツと三菱が特に好調のワケ

画像ギャラリーはこちら
日本の自動車業界の多くのブランドはいまだにコロナ禍と半導体不足によって生産調整を実施しており、新車販売台数にも影響を及ぼしている。そんな中、2021年11月の新車販売台数の結果はダイハツと三菱が好調だった。ダイハツ ロッキーと三菱 エクリプスクロスが特に伸びており、主力となる車種が伸びたことが大きな要因だ。データを交えて紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ダイハツ ロッキーはハイブリッドを選択する人が6〜7割!
  2. 全体的に底上げ傾向の三菱! アウトランダーPHEVにも注目だ
  3. 日産とホンダも主力車種が販売台数を引き上げた
  4. 軽自動車は全体的に低迷したが、ダイハツがシェアトップに返り咲き

ダイハツ ロッキーはハイブリッドを選択する人が6〜7割!

日本自動車販売協会連合会が発表する2021年11月の登録車の新車販売台数は、前年同月比13.4%減の21万9276台と3か月連続のマイナスとなった。しかし、パーツ供給不足による減産体制がやや緩和したことでマイナス幅は10月よりも16.8ポイント改善している。

11月のブランド別新車販売台数ではダイハツが、前年同月比71.6%増の5295台となった。

ダイハツによれば、11月1日(月)にロッキーのハイブリッドモデルを発売した影響が大きく、前年同月比で258%と新型車効果が表れた格好だ。

ロッキーには1.2リッターの新型ガソリンエンジンと1.2リッターのハイブリッド、1.0リッターターボエンジンの3種類のパワーユニットが用意されているが、現時点でのハイブリッドの販売割合は6〜7割程度とハイブリッドが圧倒的な人気を誇っている。

全体的に底上げ傾向の三菱! アウトランダーPHEVにも注目だ

また三菱では前年同月比32.0%増の1888台とこちらも2ケタ増を達成した。三菱によれば、11月はパーツ不足による影響が改善されたことで回復したという。エクリプスクロスやミラージュなど全体的に伸びているようだ。

特にエクリプスクロスは前月比で1.6倍の販売台数を記録しており、PHEVの注目度も高まっている。今月16日(木)に正式発売されるアウトランダーPHEVの動向にも注目したい。

日産とホンダも主力車種が販売台数を引き上げた

また、日産が前年同月比17.3%増の1万9289台、ホンダが前年同月比8.8%増の2万4200台を記録。日産ではノートとノートオーラが、ホンダでは人気SUVのヴェゼルやステップワゴンが好調で、販売台数の増加に寄与した。

しかし、登録車のその他のブランドではいずれもマイナスで、トヨタが18.9%減の11万1357台、スズキが4.8%減の7920台、マツダが21.7%減の7723台、スバルが11.2%減の7473台となった。

軽自動車は全体的に低迷したが、ダイハツがシェアトップに返り咲き

また、軽自動車のブランド別新車販売台数では全ブランドが落ち込んだ。前年同月比16.7%減ながら3万6277台を販売したダイハツが、3カ月ぶりにシェアトップを奪還。

スズキは6.4%減の3万3110台、ホンダは10.4%減の2万840台などとOEM供給を受けるブランドも含めて、パーツ不足による減産が影響しているようだ。

年末年始に向けて販売現場では期待が高まっている

一方、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異株は懸念されるものの、国内では新型コロナウイルスの感染者が減少していることもあり、新車購入意欲は回復傾向にある。

またダイハツ ロッキーをはじめ新型車の受注も好調であることやパーツの供給不足も徐々に解消されつつあることから、年末年始の販売増に期待の声は大きい。ディーラー各所でも師走の忙しさとなりそうだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

ダイハツ/ロッキー
ダイハツ ロッキーカタログを見る
新車価格:
166.7万円234.7万円
中古価格:
98.6万円281.8万円
三菱/エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロスカタログを見る
新車価格:
253.1万円451万円
中古価格:
176.5万円441.8万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ダイハツ ロッキーの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ロッキーのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ロッキーの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ロッキーの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ロッキーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる