三菱のSUVでオートキャンプを目一杯楽しもう!|スターキャンプ2019 in 朝霧高原 レポート(1/3)

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:和田 清志・三菱自動車工業

アウトドアブームを牽引してきた三菱が1991年から開催するスターキャンプ

かつては「ジープ」の生産を行い、1982年にオールラウンドSUVの元祖「パジェロ」を生み、デリカ4WD、デリカスターワゴン、デリカスペースギア、チャレンジャー、ストラーダなど数多くのSUVを送り出してきた三菱自動車。現在も世界有数のSUVメーカーとして、ekクロス、RVR、エクリプスクロス、アウトランダーPHEV、デリカD:5、パジェロをラインアップする。

SUVの魅力といえば、何かアクティブなことを始めてみたい! と思わせてくれる“ワクワク感”と、実際にマリン/スノースポーツ、アクティビティ、キャンプ、釣り、アウトドアなどでの使い勝手の良さだ。そこで三菱はクルマを作るだけでなく、クルマの楽しみ方やライフスタイルの提案を長年にわたって積極的に行い、アウトドアブームを牽引してきた。中でもアウトドアの超ビギナーからプロ級のベテランまで誰でも楽しめるオートキャンプ「スターキャンプ」は、三菱主催のファン向けイベントの代表格で、初開催が1991年という長い歴史を持つ。

>>やっぱ三菱車はアウトドアが似合う![スターキャンプ2019 フォトギャラリー]

1991年から1997年までは長野県・野辺山高原、静岡県・大東町、福島県・阿武隈高原、猪苗代湖、群馬県・利根村などで行われ、2007年以降は静岡県の朝霧高原で、2017年からは静岡県・朝霧高原/滋賀県・マキノ高原/宮城県・吹上高原を舞台に年3回で行っており、「スターキャンプ2019」も昨年同様3箇所で開催される。

今年の第一弾となる「スターキャンプ2019 in 朝霧高原」は、2019年5月25日(土)・26日(日)、静岡県富士宮市のオートキャンプ場「ふもとっぱら」で開幕された。そこでMOTA取材チームもスターキャンプの魅力を探るべく、デリカD:5に乗って参加してみることにした。

遊び、学び、楽しめるイベントプログラムがいっぱい!

取材チームは午後2時前に会場の「ふもとっぱら」に到着したが、土日を通すこのイベントは土曜日の朝9時からスタートしているため、すでに多くのキャンパーが来場、色とりどりで様々な形のテントを広げていた。筆者は「ふもとっぱら」は初めてだったが、この日は超好天で雄大な富士山もばっちり。自分たちが立つ場所から富士山まで遮る建物・木々が一切なく、周囲も広大に広がる芝生の緑地という「ありそうでなかなか無さそう」なシチュエーションなのだ。着いただけなのにもうテンションアップ! オートキャンプは、こんな素敵なロケーションにクルマを置き、テントを張って泊まれる楽しみがある。

スターキャンプではさらに会場全体を使って、家族みんなで楽しめる様々なプログラムがたくさん用意されていた。中でも子供たちに人気があったのが、パエリアやダッチオーブンクッキングなどを教えてもらって作る「アウトドアクッキングワークショップ」、オリジナルのスプーンやガーランドを作れる「モノづくりワークショップ」だ。親子一緒に作れるので、出来上がった時の喜びもひとしおの様子だった。

また「トランポリン」「スラックライン」「スポーツクライミング体験」など、子供が体を思い切り動かせるコーナーも充実。普段では経験できないものが多く、子供たちは歓声をあげながら嬉しそうに遊んでいた。

その他にも「初心者トレッキングツアー」、土曜夜には「星空べんきょう会&かんさつ会」など自然豊富な会場のロケーションを存分に生かした体験&学びのイベントのほか、ステージ周辺では2017年から三菱のアンバサダーを務めるアルピニスト野口 健さんのトークショー、夜にはキャンプファイヤー&レミオロメン在籍のボーカル&ギター・藤巻 亮太さんによるSpecialライブが行われ、日曜朝は「ラジオ体操」や「朝ヨガ」で目を覚ますプログラムまで!

まさに2日間を遊び尽くせるイベントになっていた。

三菱のSUVの試乗や展示、“登坂キット同乗体験会”も

三菱主催のキャンプイベントだけに、もちろん三菱のSUVが持つ楽しさ・性能を体験できるプログラムもあり、常に多くの来場者で賑わっていた。「SUVオフロード試乗会」では、同日に開催された「パジェロファンミーティグ2019」と同じ「富士ヶ嶺オフロード」に設定されたオフロードコースに移動して、デリカD:5の悪路走破性を体験できた。こちらは筆者も実際にステアリングを握って走行してみたので、後ほどご紹介したい。

それ以外にも会場周辺を使った「SUV試乗会」、三菱のイベントではおなじみ、最大斜度45度の急坂登坂を体験できる「4WDキット同乗体験会」も行われ、三菱SUVの性能をしっかりと知ることができた。

また「スターキャンプ2019 in 朝霧高原」を皮切りに、全国各地をキャラバン走行で巡る「ekクロス 全国キャラバン」に使用される「ekクロス」も会場に集結、試乗会も行われた。TVCMに出演した竹内涼真さんのラッピングをボディサイドに施したekクロスもあり、会場で大いに注目を集めていた。「ekクロス 全国キャラバン」は9月8日まで、2箇所のスターキャンプを含め全国10カ所を訪れる。詳しくは三菱 ekクロス 全国キャラバン【スペシャルサイト】をご覧あれ!

>>デリカD:5のオールラウンダーぶりに驚いた![次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 デリカD:5の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 デリカD:5のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 デリカD:5の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 デリカD:5の記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 デリカD:5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる