autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 新技術ISGを搭載した直6エンジンが20年ぶりに復活! メルセデス・ベンツ 新型S450 発表会レポート

新型車リリース速報 2018/3/1 18:01

新技術ISGを搭載した直6エンジンが20年ぶりに復活! メルセデス・ベンツ 新型S450 発表会レポート

関連: メルセデス・ベンツ Sクラス Text: 松田 タクヤ(オートックワン) Photo: 松田 タクヤ(オートックワン編集部)
画像ギャラリーはこちら

電動スーパーチャージャー、ISGを搭載した新世代のメルセデスが誕生

2018年3月1日、メルセデス・ベンツは同社の最上級セダンであるSクラスの新しいファミリーである「S450」を発表した。

今回最大のトピックスは新型パワートレーンである「M256」型直列6気筒ガソリンエンジンが搭載されたことである。直列6気筒エンジンは、振動の少なさや滑らかな吹け上がり、補器類のレイアウト自由度の高さから当時の主力エンジンであったが、クラッシャブルゾーンの確保が難しい等の理由から長いこと市場から姿を消していた。

しかし今回初搭載された「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」や、ベルトレスのエンジン構造によりコンパクト化を実現したことでこの問題を解決し、メルセデス・ベンツとしては約20年ぶりともなる直列6気筒エンジンが復活したという訳だ。

都内の発表会会場で行われた報道陣向けのイベントには、ダイムラー社の統括シニアマネージャーであるDr.ラルフ・ヴェッラー氏のほか、製品広報マネージャーである木下潤一氏が出席した。

>>メルセデス・ベンツ 新型S450の写真を詳しく見る【画像59枚】

8気筒並みの出力と、4気筒並みの低燃費を実現した「M256」型エンジンを初搭載

新開発となるM256型直列6気筒ガソリンエンジンは、V型エンジンであるM276型の後継機種に当たる。

電動化を大前提として開発されたM256型エンジンは、新たに48V(ボルト)の電気コンポーネントを採用したほか、可変制御オイル回路やインテリジェント熱管理システムを組み込んだ、まさにメルセデス・ベンツの次世代を担うエンジンとなる。先代のM276型V6エンジン比で約20%のCO2排出削減と、15%以上の出力アップを実現した。

エンジンとトランスミッションの間に組み込まれた「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」は、12Vと48Vからなる一体型スターターオルタネーターのことで、主にエンジンの始動に使われるほか、最大出力16kW、トルク250Nmの出力を利用しエンジンの駆動補助やエネルギーの回生等を行う。

ダイムラー社 統括シニアマネージャー Dr.ラルフ・ヴェッラー氏は『将来を見据えた設計のM256型エンジンを採用したことで、S450は快適性、燃費性能、低排出ガス、そしてパフォーマンスの全てを実現することができました。』とコメントした。

電動補助チャージャーを用いたツインチャージャー仕様

M256型エンジンは、2つの加給システムにより構成されている。

一つはタービンハウジングに低ニッケル鋼を使用したツインスクロール ターボチャージャーだ。吸気工程の損失を最小限に抑えたターボチャージャーは、3リッターの排気量から367PSの最高出力と51kgf.mの最大トルクをもたらす。

大型化したタービンではどうしても低回転時のレスポンスが不足しがちになることから、M256型エンジンではISGで発電された電気によって駆動する電動補助チャージャーが追加された。

48V電動水冷補助チャージャーは出力5kW以上、最高70,000rpmを発生し圧力比1.45を生み出す。これにより、発進時などエンジンが低回転の時でも効率的に加給が開始されるため、トルクの谷のない滑らかで力強い加速が提供されることになる。

M256を搭載したSクラスの発進性能を先代のM276(3リッターV6)とM278(4.7リッターV8)と20mの距離で比較すると、M256搭載車はV6モデルの1車長分の差をつけ、V8との比較でも4メートルリードする。

M256搭載車は0-100km/hの加速において4.8秒の数値を誇り、これは4.7リッターV8のM278搭載車と同数値となる。環境性能を大幅に向上させながらパフォーマンスは落としていないということだ。

新型S450の実力は? 今後の試乗レポートをお楽しみに!

新技術ISGを搭載したS450は、2018年3月1日より全国のメルセデス・ベンツ正規ディーラーで販売を開始する。

モデルラインナップはS450、装備を充実させたS450エクスクルーシブ、全長を13センチ長くして後席の快適性を向上させたS450 ロングの3モデルとなる。

S450、S450エクスクルーシブは2018年4月頃、S450ロングは2018年夏頃にそれぞれ納車が開始される予定。メルセデス・ベンツのこれからの主要エンジンとなるM256を搭載したS450の実力は、一体どれほどのものなのか非常に気になる所だ。

オートックワンでも近々掲載される予定の試乗レポートを、ぜひ楽しみにしておいてほしい。

[Text/Photo:松田 タクヤ(オートックワン編集部)]

メルセデス・ベンツ S450(ISG搭載モデル)の主要スペック
グレードS450(ISG搭載モデル)
価格(消費税込み) 11,470,000円
駆動方式 後輪駆動
トランスミッション 電子制御9速AT
全長 5,125mm
全幅(車幅) 1,899mm
全高(車高) 1,493mm
ホイールベース 3,035mm
乗車定員 5人
車両重量(車重) --kg
エンジン DOHC直列6気筒ターボチャージャー
排気量 2,999cc
最大出力 367ps(270kW)/5,500-6,100rpm
最大トルク 51.0kgf-m(500N・m)/1,600-4,000rpm
燃料 無縁プレミアムガソリン
タイヤサイズ 245/50R18
最小回転半径 --

関連リンク

>>メルセデス・ベンツが新開発した直6エンジン+48Vハイブリッドシステム、いったいどこが凄いのか!?

>>メルセデス・ベンツ、新型Sクラスに20年ぶりに直6エンジン搭載…新技術ISGも採用

>>メルセデス・ベンツ 新型Sクラスに試乗|走り・内装…全てが神レベル! これが本物の贅沢

>>メルセデス・ベンツ新型Sクラス試乗レポート、「絶対王者、それはSクラスであり続けること」

>>新型メルセデス・マイバッハ Sクラス|究極のエクスクルーシブ性を追求したメルセデスブランドの最高峰モデルが登場

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR