2021年度最も売れた輸入車はMINI! SクラスやGクラスなどの高級車も好調の理由とは

画像ギャラリーはこちら

日本自動車輸入組合は2022年4月6日、2021年度(2021年4月~2022年3月)の輸入車新規登録台数を発表した。前年度比2.0%減の25万343台で3年連続のマイナスとなった。

目次[開く][閉じる]
  1. ブランド別ではメルセデス・ベンツが7年連続のトップ
  2. モデル別ではミニやゴルフなど豊富なボディタイプを取り揃える車種が上位!
  3. 台数こそ多くはないものの、意外にもメルセデス・ベンツの伸びが大きかった

ブランド別ではメルセデス・ベンツが7年連続のトップ

ブランド別ではメルセデス・ベンツが同9.1%減の5万551台と販売台数を落としたものの、7年連続でトップ。フォルクスワーゲン(VW)は同8.7%増の3万5011台で2位に浮上した。

3位のBMWは同7.6%減の3万3610台と4年連続のマイナスだった。

モデル別ではミニやゴルフなど豊富なボディタイプを取り揃える車種が上位!

上位10ブランドのうち、前年度の販売実績を上回ったのはVWのほか、ボルボ、ルノー、フィアット。11年連続プラスだったジープや6年連続プラスだったプジョーもマイナスとなってしまった。

また2021年度の外国メーカー車モデル別新規登録台数順位は以下のとおり。

1位:BMW MINI(ミニ) 1万7849台

2位:VW ゴルフ 8947台

3位:BMW 3シリーズ 7849台

4位:ボルボ 60シリーズ 7413台

5位:VW T-Roc 7240台

6位:VW T-Cross 7160台

7位:VW ポロ 6981台

8位:ボルボ 40シリーズ 6319台

9位:ジープ ラングラー 5313台

10位:メルセデス・ベンツ Gクラス 5238台

BMWのミニが前年同期比14.3%減の1万7849台で6年連続の首位となった。この数値は3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーの合算値となる。

また、2021年6月に全面改良したVW ゴルフが同28.1%増の8947台で前年6位から2位に浮上した。ゴルフも通常のモデルに加えてワゴンのゴルフヴァリアント、ディーゼルモデルのゴルフTDIやスポーツモデル、ゴルフGTIなどラインアップが拡充したものに寄るだろう。

この辺りは国産車にも見られるもので、トヨタ ヤリスやトヨタ カローラなどいくつかのボディタイプが用意されるモデルについては合算となっている。

台数こそ多くはないものの、意外にもメルセデス・ベンツの伸びが大きかった

また上位20車種のうち前年実績を上回ったのは8車種。そのうち最も伸びが大きかったのはメルセデス・ベンツ Sクラスだ。同96.4%増の5078台で6年ぶりに20位以内に入った。同じくゲレンデとも呼ばれるメルセデス・ベンツ Gクラスも同14.9%増の5238台で初のトップ10入りを果たした。

2021年は1年を通じて新型コロナウイルスの影響を受けており、世界的に不安定な状況にある中で、海外旅行などができないといった事情などから、輸入高級車が伸びたといえそうだ。

特に2021年1月に日本発売された7代目となる新型Sクラスは、8年ぶりに全面改修が施された注目のモデル。AR技術を採用したヘッドアップディスプレイや、大型のメインディスプレイなどの先進装備を搭載し、よりプレミアムな一台に仕上がっている。

また、Gクラスも人気の高いモデルで5年落ちの中古車でもなかなか値が下がらないのが特徴。現在の新車の納期は3〜4年程度と長期化しているが、待ってでも新車を買う価値のあるモデルと言えそうだ。

SクラスやGクラスなどには明確にライバルと呼べるモデルが少ないというのも伸びた理由の一つではないだろうか。ユーザーにとって、他には変えられない唯一無二の存在となることがプレミアムカーとして安定して伸びていくための必須条件なのだろう。

今後は電動モデルも多く登場するはず。これからの輸入車事情にも着目していきたい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

メルセデス・ベンツ/Sクラス
メルセデス・ベンツ Sクラスカタログを見る
新車価格:
1,518万円2,407.4万円
中古価格:
50.9万円1,980万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Sクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Sクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Sクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Sクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる