MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス RC F 試乗【前編】|大幅に進化した“サーキットマシン”を富士スピードウェイで試す!

試乗レポート 2019/6/28 10:22

レクサス RC F 試乗【前編】|大幅に進化した“サーキットマシン”を富士スピードウェイで試す!(1/3)

関連: レクサス RC F Text: 山田 弘樹 Photo: 和田 清志
レクサス RC F
レクサス RC Fレクサス RC Fレクサス RC Fレクサス RC F画像ギャラリーはこちら

改良されたRC Fの実力を富士スピードウェイで試す!

レクサスのスポーツアイコンであるRCシリーズ。そのサーキットをも視野に捕らえたモデル「RC F」が2019年5月にマイナーチェンジを果たし、これをお膝元サーキットである富士スピードウェイで試乗することができた。

また2018年末に先んじて改良されたRCは、公道での試乗を行った。

>>RC Fの内外装を画像で見る[26枚]

RC FのFは“FUJI”のF

レクサス RC F

RC FのFは“FUJI”のF。つまり富士スピードウェイの名を冠した、サーキットを走れるスポーツカーであることがRC F最大の存在意義となっている。

ただし前期型RC Fにとっては、レクサス初のスポーツモデル「IS F」から走りの命となるV8ユニットを受け継ぎ、4ドアセダンから2ドアクーペへと進化することがまず何よりの命題であり、そのシャシー性能を煮詰めるまでには、正直至っていなかった感がある。

というのも筆者はこの前期型RC Fとは浅からず縁があり、1年以上の歳月をかけて初期モデルをベースにクラブスポーツ的な一台を仕立てた経験があるのだ。

そのとき感じたのは、ずばり「重さ」と、それによる「曲がらなさ」だった。

一方で、5リッターの排気量を持つ自然吸気「2UR」ユニットの出来映えは、本当に素晴らしかった。ライバルたちのダウンサイジングターボ化が進むなか、よくぞ自然吸気で踏ん張ってくれたと思った。

RC Fの使命は“走り”で魅了し続けること

レクサス RC F

もしRC Fがサーキットにこだわらなければ、話はもっとシンプルだったはずだ。これをラグジュアリーカー的に乗りこなすだけならば最高に気持ち良く、快適で、カッコの良いスポーツカーとしてその命をまっとうできるのにとは、何度も思った。そしてこの考え方は、「LC」に受け継がれた。

つまりこのV8エンジンを積み、サーキットを走るからこそのRC“F”なのだ。だったらこのエンジンを搭載して、曲げてやる! と奮起したが、ダンパー&スプリングをいじくり回すだけでは、根本的な解決にはなり得なかった。

そうした実状は、レクサス自身が一番よく分かっていたことだろう。

だからこそ開発陣は毎年RC Fに地道な小改良を施し続け、遂に今回メーカーにしかなし得ない大がかりなマイナーチェンジを実行したと思うのである。

というわけでここからは、インプレッションを交えながらその進化を紹介して行こう。

>>相変わらず最高の自然吸気エンジン [次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス RC F の関連編集記事

レクサス RC Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RC F の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR