新型レヴォーグの豪州仕様は2.4リッターターボエンジンにサンルーフの設定もあり! 日本でも改良間近か!?

画像ギャラリーはこちら
2021年10月14日、スバルのオーストラリア法人は新型WRXスポーツワゴンなるモデルを発表した。名前こそ違うが、じつはこれレヴォーグなのだ。しかも搭載されるエンジンは2.4リッターターボと日本仕様には未だ存在しないパワフルなモデルなのだ。一体どんな仕上がりとなっているのか? そして日本市場への投入はあり得るのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. ひと足先に豪州でレヴォーグ改良モデルを発表
  2. 2.4リッターターボに8速CVTを搭載! 日本仕様にも期待大
  3. 待望のサンルーフを追加! 日本でも設定か!?

ひと足先に豪州でレヴォーグ改良モデルを発表

オーストラリアにてスバルは新型WRX スポーツワゴンを発表した。ご覧の通り、日本で絶賛発売中のレヴォーグのオーストラリア仕様である。

じつは初代レヴォーグもオーストラリアで発売されており、現在まで初代モデルを継続販売していたのだ。そしてフルモデルチェンジを機に車名を変更したのである。

>>レヴォーグのマイナーチェンジモデルに期待したいのは2.4リッターターボエンジン搭載とサンルーフの設定だった【みんなの声を聞いてみた】

2.4リッターターボに8速CVTを搭載! 日本仕様にも期待大

注目すべきは心臓部にあり、日本仕様には未だ設定のない2.4リッターターボエンジンを採用。組み合わせるのはスバルパフォーマンストランスミッションとなり、別名8速スポーツモード付きCVTである。

現在、日本で発売中のレヴォーグは1.8リッターターボのみで、トランスミッションはリニアトロニック(CVT)となっており、全く別物なのだ。

じつはかねてより日本市場にも2.4リッターターボエンジン搭載モデルを追加するのでは? とウワサされているが、まもなく実施される年次改良により追加設定される予定だ。

>>新型レヴォーグ買うならちょっと待て! 実はまだ最強モデルが控えているらしい!?

待望のサンルーフを追加! 日本でも設定か!?

ちなみに内外装デザインは日本仕様との違いはないものの、今回発表された写真から予想するにサンルーフを装着するモデルもあるようだ。こちらもまた日本仕様を改良する際にオプション設定される見込みである。

レヴォーグの改良モデル。そして北米で発表した新型WRX など、新モデルを続々と投入予定のスバル。今後の動向から目が離せない!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
80.8万円483.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる