学習する“自動運転技術”を公道より早く家庭で実用化!|スマホやスマートホームとも連携する「ルンバi7+」発表

ロボット掃除機「ルンバ」が圧倒的な進化を遂げた

ロボット掃除機「ルンバ」や床拭きロボット「ブラーバ」などでおなじみアイロボット(アイロボットジャパン合同会社)が、新製品『ルンバi7/ルンバi7+』を発表した。間取りを学習し部屋毎の掃除を行うなど効率を大幅にアップ。Wi-Fi機能を備えスマホアプリやスマートホームからの操作指示に対応するほか、自動ゴミ収集機“クリーンベース”も新導入し、ユーザーの負担を軽減させた。

ルンバi7(9万9880円・税抜、以下同)が2019年2月22日から、ルンバi7+(12万9880円/クリーンベース付)が3月8日から、それぞれ発売を開始する。

1990年、マサチューセッツ工科大学(MIT)のロボット学者たちが立ち上げたアイロボット社。ロボットの世界累計販売台数は2500万台を突破し、名実ともに世界トップのロボットカンパニーとして進化を続けている。

2019年2月19日に東京都内で行われたルンバi7シリーズの記者発表には、アイロボット社創業者のコリン・アングルCEOが来日。自らステージでプレゼンテーションを行った。

>>新製品「ルンバi7+」発表会の模様を画像でも見る[フォトギャラリー]

創業者コリン・アングルCEOが長年夢見た完璧さを実現した「ルンバi7+」

「ユーザーが触れる必要なく、人に代わって仕事をしてくれる」のが理想のロボット像

我々がロボットに対して望むのは、人に代わって仕事をしてくれること。しかもユーザーが触れる必要のないこと。それは、2002年からロボット掃除機を手掛けて以来、コリン・アングル氏がずっと構想してきた世界だ。

今回発表した新型ルンバi7+は、ユーザーが意識せずとも、家に帰れば部屋がきれいになっているという、まさにアングル氏が夢見た「完璧なルンバ」、そして「最も重要なルンバ」だと熱を込めて語る。

AIは素晴らしいが制約の多い機能である

そもそもルンバといえば、本体の「CLEAN」ボタンさえ押せば部屋中を縦横無尽に走り回り、勝手にお掃除をしてくれる便利なロボットだ。クルマで言うところの“自動運転機能”だ。それだけでも十分に画期的だったが、ルンバi7+ではその機能が圧倒的に拡張されている。実現のカギはやはり「AI」(人工知能)だ。

しかしアングル氏はAIについて「素晴らしいが制約の多い機能だ」と意外な説明をする。

ロボットはそのままでは、自らの居場所さえわかっていない。だからルンバでは、部屋の状況を判断しながら隅々まで掃除し、最後はちゃんとホームベースの充電口まで戻って来ることの出来るiAdapt(高速応答プロセス)を進化させてきた。

圧倒的な処理能力でルンバが部屋毎の間取りを記憶する

ルンバi7+では、これまで培ってきたiAdaptの機能を大幅に拡張させた「iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーション」を搭載。掃除の度に状況判断してきたこれまでのプロセッサとは桁違いの圧倒的な処理能力を有することで、高性能センサーやカメラを用いて家中の間取りを記憶出来るImprintsmartマッピング(学習機能)を持たせることが出来た。掃除したところとしていないところを的確に記憶し、効率的に掃除を行う。

また複数の部屋の間取りも把握。スマホやタブレットのiRobot HOMEアプリとルンバのWi-Fi機能を通じて連携させることで、外出先から清掃履歴を見たり、特定の部屋を特定の日時で定期的に掃除させたり出来る。

さらにGoogleアシスタントやAmazon Alexaといった家庭のスマートスピーカーからも『Ok Google、掃除して』とルンバの動作指示を出すことも可能だ。

ルンバi7+で遂に実現した“完璧なルンバ”の世界とは

ルンバは家庭内で小回りの効くコンパクトなボディゆえ、ゴミを収納するダスト容器はさほど大きくはない。コリン・アングルCEOが理想とする「ユーザーが触れる必要のない」世界を実現させるべく、ルンバi7+では自動ゴミ収集機「クリーンベース」を充電用ホームベースに備えた。ダスト容器で30杯、およそ数週間分のゴミを密閉型の紙パックへ自動的に集めることが出来る。この間ユーザーは、掃除機と掃除のことを意識せず過ごせる。

iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーションとクリーンベースで、ルンバi7+は「完璧なルンバ」となった。

[筆者:トクダ トオル(オートックワン編集部)/撮影:オートックワン編集部]

>>創業者コリン・アングルCEOのプレゼンを画像でも見る[フォトギャラリー]

ルンバi7シリーズ 主要スペック・機能

<ロボット掃除機 ルンバi7+>

・公式オンラインストア価格:129,880 円 (税抜)

・発売日:2019年3月8日(金)

・本体寸法(最大幅×高さ)

 ロボット本体:35.1cm×9.2cm

 クリーンベース:奥行39cm×幅31cm×高さ49cm

・本体重量:約4.0kg

・電源方式:充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)

・製造:アイロボット(アメリカ・マサチューセッツ州)

・主な付属品:クリーンベース/デュアルバーチャルウォール(1個)/電源コード/交換用フィルター(1個)、交換用エッジクリーニングブラシ(1個)、交換用紙パック(1 個)

<ロボット掃除機 ルンバi7>

・公式オンラインストア価格 99,880 円 (税抜)

・発売日:2019年2月22日(金)

・本体寸法(最大幅×高さ):35.1cm×9.2cm

・本体重量:約4.0kg

・電源方式:充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)

・製造:アイロボット(アメリカ・マサチューセッツ州)

・主な付属品:ホームベース/デュアルバーチャルウォール(1個)/電源コード/交換用フィルター(1個)/交換用エッジクリーニングブラシ(1個)

■ルンバi7シリーズの主な機能

・Imprintスマートマッピング クリーンベース(ルンバi7+のみ)

・AeroForce

・3段階クリーニングシステム

・iRobot HOME アプリ対応 スケジュール機能

・スマートスピーカー対応

・ダートディテクト機能

・ソフトタッチバンパー機能

・からまり防止機能

・エラーメッセージ機能

・自動充電&自動再開

・洗えるダスト容器

アイロボット公式サイト

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる