autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!|国内での納車は2019年後半以降か

新型車リリース速報 2018/11/8 23:18

テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!|国内での納車は2019年後半以降か

関連: テスラ Text: オートックワン編集部 Photo: オートックワン編集部
テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!
テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!画像ギャラリーはこちら

テスラ モデル3発表の場は”川崎”

2018年11月8日、テスラはラゾーナ川崎プラザ(神奈川県川崎市)の同社ショールーム「テスラストア」にて、「モデル3」の発表会を行った。

モデル3の予約は既に2016年3月31日から開始しており、現在も受付中である。価格は約519万円~723万円(税込・米国仕様)。予約開始からはや2年以上が経過しているが、現在の予約台数について同社は非公開としている。なお、日本でのモデル3の納車は2019年後半以降の予定だ。

生産は既に始まっており、予約していたテスラ従業員に向けた最初の納車は、2017年7月28日にカリフォルニアのテスラファクトリーにて行われた。

今回のモデル3は、「自動車業界を変えていけることを信じ抜く」という想いを乗せて開発されたテスラの電気自動車(以下EV)である。これまでの高級EVである「モデルS」「モデルX」に比べ、モデル3は小さく、シンプルで手頃な価格を実現した。

量産型EVとして作られたモデル3は、「世界の持続可能エネルギーのシフトを加速する」というテスラのミッションを達成する上で重要な役目を担っており、早期の導入が期待されていた。

なお、今回の発表イベントには、テスラモーターズ日本法人 カントリーセールスディレクター 吉田篤司 氏が登壇した。

>>インテリアがスタイリッシュ!次世代デザインな「モデル3」の内外装を画像でみる

モデル3(米国仕様)3つのラインナップ

モデル3 ミッドレンジバッテリー
加速0-60マイル/5.6秒
最高速度約201km/h
駆動方式RWD
航続距離約418km
価格約519万円
モデル3 ロングレンジバッテリー
加速0-60マイル/4.5秒
最高速度約233km/h
駆動方式AWD
航続距離約498km
価格約598万円
モデル3 パフォーマンスバッテリー
加速0-60マイル/3.3秒
最高速度約249km/h
駆動方式AWD
航続距離約498km
価格約723万円

性能がアップデートされ続ける モデル3

テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!

テスラ モデル3は、モデルSやモデルX同様にワイヤレスで常に最新のソフトウェアへアップデートされる仕様となっている。

もちろんアップデートの度に、セキュリティ強化や新機能の追加、またナビやオートパイロット(自動運転補助機能)の改善が、定期的に行われるなど、年々性能が良くなっていく仕組みが施されている。

クルマの鍵は、スマホアプリとカードキーを用意

テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!

モデル3では、鍵の解錠やクルマの管理などをスマホの「テスラアプリ」で行えるようになっており、事前に冷暖房を付けておくことや、今クルマがどこにあるのかなどを把握できるようになっている。

また、メインとなるスマホアプリと合わせて、カードタイプのサブキーも用意された。

モデル3のピラーにかざすことで、解錠できるようになっている。

モデル3 主な3つの特長

オートパイロット(自動運転補助機能)

テスラを象徴する先進技術のひとつでもあるオートパイロットは、モデルSにももちろん装備されている。

オートパイロットとは、自動運転(レベル2)を行う先進の運転補助機能。

プレゼンテーションでは、実際に無人運転でモデル3が自ら駐車するシーンを、動画で披露していた。

テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!

高速道路での半自動運転のみならず、商業施設や狭い駐車場でも、降りてスマホ操作一つで駐車完了できる機能もあり、ドライブの負担はかなり楽になるだろう。

無駄ゼロが追求されたインテリアデザイン

テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!

インテリアスペースは徹底的に無駄を排除したデザインとなっており、スッキリとしたダッシュボードに15インチのディスプレイとステアリングのみ。またオールガラスルーフということもあり、全く圧迫感を感じさせない空間を実現した。

快適な15インチタッチスクリーンディスプレイ

テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!

内装に装備された15インチタッチスクリーンディスプレイは、非常にスムーズな操作が可能。

しかもこのディスプレイでは、スピードメーターをはじめ、地図やバッテリー残量の表示、音楽の操作、電話、シートの操作、エアコン調節、後方モニターの確認など、車にまつわるあらゆる操作を行うことができる。

充電について

スーパーチャージャーによる高速充電

テスラのスーパーチャージャー(高速充電施設)は全国に19箇所(90基)に設置されている。容量60%までの充電時間はおよそ約30分と短い。

テスラについて

2003年に設立され、今年で15周年を迎える電気自動車メーカー(本拠地:アメリカ)。EV以外にも、エナジー製品やソーラールーフなど、事業は多岐にわたっている。

また「ギガファクトリー」という世界最大の電池工場を持っており、施設は現在も日々拡大中。今までに納車したEVは累計35万台で、節約したガソリンは11億リッターにのぼっている。

モデル3 スペック

全長4694mm
全幅1849mm
全高1443mm
ホイールベース2875mm
乗車定員5人
車両重量モデル3:1610kg
モデル3 ロングレンジバッテリー:1847kg
トランク容量425L
重量配分モデル3:フロント47%、リア53%
モデル3 ロングレンジバッテリー:フロント48%、リア52%

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

テスラ の関連編集記事

テスラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ の関連編集記事をもっと見る

テスラ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR