自動車業界に激震! グーグルと日産・ルノー・三菱アライアンスが自動運転で提携か

自動車メーカーがIT大手に屈する日?

2019年2月5日、日本経済新聞や共同通信などが、「日産・ルノー・三菱アライアンスが、米グーグル(親会社:アルファベット)と自動運転に関して提携することが分かった」と報じた。

これを受けて、自動車産業界の一部からは「ついに、自動車メーカーがITジャイアンツの下請けになるのか!?」という悲鳴も聞こえ始めている。

本当にそうなってしまうのか?

携帯電話が、i-Phoneとアンドロイドフォンに占有され、日系電気メーカー各社が撤退したように、近い将来、グーグルやアップルが自動車産業を牛耳る時代が来るのか?

自動運転をきっかけに、自動車産業の業界図式は一変するのか?

>>グーグルが挑んできた自動運転の歩み[フォトギャラリー]

自動運転技術のキーファクターは何か?

今回の報道を受けて、日産、三菱以外の自動車メーカー関係者は「どこまでグーグルに頼るのか?」という疑問を持っているようだ。

高度な自動運転技術を実現するには、様々な領域で大幅な技術革新が必要である。

例えば、自車によるセンサリング。カメラ、ミリ波レーダー、赤外線レーダー、そしてレーザーレーダー(通称ライダー)など、各種のセンサーを装着して、周囲の環境を把握する。ここでは、カメラでの画像認識技術の重要度が高い。この分野は、半導体メーカーが主役であり、米エヌビディア、そしてイスラエルのモービルアイを買収した米インテルの存在感が大きく、グーグルとしての独自性はさほど高くない印象だ。

次に、高精度な三次元地図。一般的なカーナビ用の地図ではカバーされていない、道路の起伏や車線などの詳細な道路情報を、計測車両が定期的に循環することで精度が高い三次元地図を構築する。こうした地図空間の中を、上記のセンサリングして走行することで、「差分(さぶん)」を検出する。「差分」は落下物や事故車両など、道路上の障害物である可能性もある。

高精度地図については、ダイムラー・BMW・VWグループ、さらに米インテルが出資する独Here(ヒア)が世界最大手。日本では自動車メーカー各社などが共同して企画・策定するダイナミックマップがあり、ヒアとも連携している。この他、地図大手ではオランダのTomTom (トムトム) がi-Phone用の地図を供給しており、自動車部品大手などとの連携を深めている。そして、グーグルについては、グーグルマップを自動運転用にどのように連携させるのかは、現時点では公開されていない状況だ。

グーグルの強みはコネクテッドカー

では、日産アライアンスがグーグルと組むメリットはどこにあるのか?

まずは、グーグルからスピンアウトしたWaymo(ウェイモ)の知見を得ることだ。WaymoはFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、英ジャガー、そしてホンダと、レベル4の自動運転技術について連携している。

日産アライアンスとしても、レベル2、またはレベル3までの自動運転技術についてはこれまで蓄積してきた自車技術を活かし、レベル4以上ではウェイモとの共同開発によって量産時期を早める計画かもしれない。

もう1点、日産アライアンスとグーグルとのつながりについて、注目されることがある。2018年9月に発表された、車載器のOS(オペレーティングシステム)でグーグルのアンドロイド利用による合意だ。いわゆる、コネクテッドカーの領域である。これは高度な自動運転を量産化する上で最重要技術のひとつだ。実はホンダも、車載OSのアンドロイド化に積極的だ。

今回の日産アライアンスとグーグルの自動運転における連携は、車載OSを含めた自動車データビジネスのグーグルによるデファクトスダンダード(事実上の標準化)を手助けするように思える。 

 自動車産業とITジャイアンツ、パワーゲームの結末はいかに。

[筆者:桃田 健史]

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる