「アイオニック5」と「ネッソ」2つのモデルを日本市場に投入! ヒョンデのゼロエミッション車はリーズナブルな価格で勝負

画像ギャラリーはこちら
韓国の大手自動車メーカー「現代自動車」が日本法人の社名を「ヒョンデ」に改め、日本に再上陸したことが話題となっている。

新たに発表されたことはいくつかあるが、今回発売する新型車「アイオニックファイブ」と「ネッソ」の2台をまずは紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 現代からヒョンデに社名を改めて新規参入のイメージを強めた
  2. 電気自動車と燃料電池車の2台をラインアップする
  3. 日本の補助金を見込んで購入しやすい価格帯に設定されている

現代からヒョンデに社名を改めて新規参入のイメージを強めた

現代自動車は観光バス市場では一定以上のシェアを有するだけに、正確にいえば2009年でいったん撤退していた「乗用車販売」を日本で再開するというわけだが、いずれにしても現代自動車のニューモデルが日本に正規導入される運びとなった。

それに合わせて日本法人の社名を「現代自動車ジャパン」から「ヒョンデ モビリティ ジャパン」に改名、すでに定着している現代(ヒュンダイ)というブランドを捨て、新しいブランドとして参入するという点からすると、ブランディング的には再上陸というよりも新規参入といったアプローチをすると考えるのが妥当だ。

電気自動車と燃料電池車の2台をラインアップする

そうした視点で考えると、再上陸したヒョンデのラインアップが電気自動車(BEV)の「IONIQ5(アイオニックファイブ)」と燃料電池車(FCV)の「NEXO(ネッソ)」に絞っているということに大きな意味がある。

日本におけるヒョンデは、排ガスを出さないゼロエミッションビークル(ZEV)専用ブランドとして、ブランディングをしていこうという狙いが見て取れる。そうでなければ、あえてブランド名を変える意味はないからだ。

日本の補助金を見込んで購入しやすい価格帯に設定されている

しかも、この2台は非常にリーズナブルとなっている。

2022年2月現在「輸入車唯一のV2H」であるBEVのアイオニック5の価格帯は479万円~589万円。国産BEVと同様に最大80万円のクリーンエネルギー自動車導入促進補助金が受け取れる仕様となっている。

最上級グレードは72.6kWhのバッテリーに前後モーターを搭載した4WDとなっているが、それが実質500万円というのはバーゲンプライスと感じるのではないだろうか。

さらにお買い得なのはFCVのネッソだ。こちらのメーカー希望小売価格は776万8300円で、同じくクリーンエネルギー自動車導入促進補助金は210万5000円となっている。

トヨタ MIRAIの価格帯が710~860万円で、同補助金は140万3000円にとどまっているので、実質的にはMIRAIよりも安く手に入るFCVとなっている。

このように補助金を見ても日本市場の状況に合わせた仕様のゼロエミッションビークルを投入していることがわかる。

逆にいえば、補助金ありきで考えたときの実質的なリーズナブルさを考えると、ヒョンデのラインアップにおいてもっとも競争力のあるモデルを日本に投入したともいえる。しっかりとマーケット調査をした上で、勝つために戻って来たという印象だ。

【筆者:山本 晋也】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

山本 晋也
筆者山本 晋也

日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ1969年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、雑誌編集長などを経て、2010年代からWEBを舞台に自動車コラムニストとして活動している。タイヤの数や有無にかかわらずパーソナルモビリティの未来に興味津々。「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることもポリシーのひとつ。個人ブログ「クルマのミライ」やYouTubeチャンネルでも情報発信中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 湯元長座

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ヒュンダイの最新自動車ニュース/記事

ヒュンダイのカタログ情報 ヒュンダイの中古車検索 ヒュンダイの記事一覧 ヒュンダイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる