5分の充電で100キロ走行可能!? 韓国・現代自動車(ヒュンダイ)が2021年2月発表の次世代EV“IONIQ5”を事前公開

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:現代自動車(HYUNDAI)
画像ギャラリーはこちら
現代自動車(ヒュンダイ)は、2021年2月発表予定の新世代EV(電気自動車)「IONIQ5(アイオニック ファイブ)」のティザー画像を公開した。かつてプリウスハンターとして名を馳せたIONIQブランドの次なる一手とは。驚異の急速充電技術や多車種展開の戦略など、ヒュンダイの次世代EV戦略についてご紹介する。

「HYUNDAI IONIQ5(ヒュンダイ アイオニック ファイブ)」の写真をもっと見る[画像34枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新世代EV“IONIQ(アイオニック)”シリーズの第一弾
  2. 多車種展開可能な新設計のEV専用プラットフォーム“E-GMP”
  3. “プリウスハンター”で名を馳せた初代IONIQ(アイオニック)ブランドで展開を図るヒュンダイ

新世代EV“IONIQ(アイオニック)”シリーズの第一弾

わずか5分で100km走行可能な超高速充電機能を備える

韓国・現代自動車(ヒュンダイ)は2021年1月12日(火)、2021年2月発表予定のEV(電気自動車)「IONIQ5(アイオニック ファイブ)」のティザー画像を発表した。

ヒュンダイ アイオニック ファイブは、中型CUV(クロスオーバーSUV)EVのニューモデルで、現代自動車グループのEV専用プラットフォーム「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」を搭載した新世代IONIQシリーズ最初のモデルとなる。

ヒュンダイのIONIQ5ティザーサイトによると、アイオニック ファイブは超高速充電機能を備え、5分の急速充電で100km以上を走行することが可能だと紹介している。

多車種展開可能な新設計のEV専用プラットフォーム“E-GMP”

800Vの高電力充電システムに対応

アイオニック ファイブのティザー発表に先駆け、2020年12月1日(水)には、現代自動車グループのEV専用プラットフォーム「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」の概要も公開されている。

世界初の400V/800Vマルチ充電システムや、V2L(Vehicle-to-Load:双方向電力変換機能)を搭載。フル充電で航続可能距離500km以上(WLTPモード)を可能とする。

E-GMPプラットフォームの高性能モデルでは、最高速度260km/h・0-100km/h加速3.5秒とマークするという。

また800V(最大350kWh)に対応した高電力化対応の急速充電システムを用いれば、18分以内に最大80%まで充電可能とした。先に記した、5分の急速充電で100km以上が走行可能というのも、800Vの急速充電での性能を指している。

後輪駆動をベースに4輪駆動化や多車種展開も可能なモジュール化を実現したE-GMP

後輪駆動ベースのE-GMPはモジュール化(組み合わせにより複数のモデル・サイズで使用できるようユニット化したもの)され、前後2モーターによる四輪駆動化も可能な設計となっている。

さらにセダンやSUV、CUV(クロスオーバーSUV)など、ユーザーの需要に応じたさまざまなモデルに展開出来る柔軟な仕様となっている点にも注目したい。

“プリウスハンター”で名を馳せた初代IONIQ(アイオニック)ブランドで展開を図るヒュンダイ

ヒュンダイのアイオニック(IONIQ)と聞くと、数年前に「プリウスハンター」と呼ばれていたモデルのことを思い浮かべる方もいるだろう。

2016年3月、スイス・ジュネーブショーで発表されたヒュンダイ アイオニックは、全長4470mm×全幅1820mm×全高1450mmの5ドアハッチバックモデル。ハイブリッドモデルが米国での燃費性能でプリウスを超えたことや、プリウスを強く意識したフォルムなどと相まって、当時話題を集めていた。

初代IONIQブランドの先進イメージをEVシリーズとして新たに展開

初代アイオニックは、1.6リッターガソリンエンジンとデュアルクラッチトランスミッションを介したモーター駆動システムを組み合わせるハイブリッドモデルを基本に、PHEV(プラグインハイブリッド)、BEV(バッテリーEV:電気自動車)をラインナップする。

ヒュンダイのIONIQブランドはこのアイオニックが切り開いた先進イメージをベースに展開。CUVのIONIQ5に続き、セダンモデルのIONIQ6、SUVモデルのIONIQ7と続く予定となっている。

2025年に100万台の販売を目指す現代自動車

現代自動車では、今回のアイオニック ファイブを皮切りに、今後2025年までに新プラットフォームを用いたEVのニューモデルを、起亜自動車を含めたグループ全体で23モデル投入すると発表。全世界で100万台の電気自動車を販売する目標を掲げている。

日産は、2010年に市場投入した電気自動車リーフをグローバルで50万台販売するまで、およそ10年かけて達成している。

EV需要は急速に拡大しているとはいえ、4年で100万台というヒュンダイの目標は相当に意欲的だといえる。

成功のカギを握る新世代EV第一弾のアイオニック ファイブ。2021年2月の正式発表が楽しみだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:現代自動車(HYUNDAI)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ヒュンダイの最新自動車ニュース/記事

ヒュンダイのカタログ情報 ヒュンダイの中古車検索 ヒュンダイの記事一覧 ヒュンダイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる