bZ4Xもアリアもソルテラも! もうすぐ買える! 2022年に登場する国産電気自動車3台はすべてSUVタイプだ

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:和田清志/日産/スバル/MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年までにすでに発表されている、2022年に発売される国産EVは人気カテゴリーのSUVが揃った。ボディサイズも大体似通ったトヨタ bZ4X、日産 アリア、スバル ソルテラだ。

それぞれの技術を結集したEVはどのような特徴があるのだろうか。改めて紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタの本格SUV bZ4Xはスタイリッシュなデザインが魅力
  2. スバルらしさが存分に盛り込まれたEV! スバル ソルテラ
  3. 3月に登場予定! 価格は539万円からの日産 アリア

トヨタの本格SUV bZ4Xはスタイリッシュなデザインが魅力

トヨタ bZ4Xは、トヨタが今後展開を進める新BEV(Battery Electric Vehicle:バッテリー駆動の電気自動車)の「bZシリーズ」第一弾となるミディアムクラスのSUVだ。2022年の年央より日本をはじめとする世界で市販化される予定のモデルで、サイズはおおよそトヨタ ハリアーと同等程度の全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm。

トヨタは2021年12月に2030年までに30種類の新型EVを発売すると発表。さらにEVの年間生産目標をEVのみで350万台に引き上げるとしている。今後、国産モデルでもEVの選択肢が一気に増えそうだ。

スバルらしさが存分に盛り込まれたEV! スバル ソルテラ

スバル ソルテラは、先ほど紹介したトヨタ bZ4Xと兄弟車で、どちらのモデルもに両社が共同開発した新BEVだ。

トヨタとの共同開発車でありながら、AWDモデルの設定や現行のSUVモデルにも搭載されている「X-MODE」と呼ばれる4輪駆動制御機構をソルテラ用にアレンジして搭載するなど、スバルらしさも存分に期待できる一台に仕上がっている。

bZ4Xもソルテラもソーラーパネル充電だけで年間1800キロ走行可能ということもあり、近くに充電スポットがない時や非常事態などでも太陽光で移動できることが魅力でもある。

3月に登場予定! 価格は539万円からの日産 アリア

日産はクロスオーバーSUVタイプの電気自動車「アリア」を今年発売する。2021年6月に発表した予約注文限定モデル「B6 limited」は2022年1月27日に販売、B6グレードは2022年3月下旬に発売する。

B6は最高出力160kW、最大トルク300Nm、0-100km/h加速は7.5秒を誇る2WDモデルだ。価格は539万円で、特別限定車に比べて121万円もお買い得グレードとなる。また、航続距離約610kmとなるのも見どころの一つだ。

アリアのボディサイズは全長4595mm×全高1850mm×全幅1655mm。こうしてみると、3台のサイズは全長こそアリアが短いものの、ほぼ同じと言っても良いだろう。

アリアはすでに予約注文を受け付けており、正式発売後、順次納車を進めていくという。人気のSUVモデルは納期も遅延しがちで、その点も気になるところだ。

価格が発表されているのは日産 アリアのみだが、年央に発売されることもあり、順次価格や詳しいスペックなどがさらに発表されていくことだろう。電動化の足音は近づいてきている。気になる人はぜひチェックしてみて欲しい。

【筆者:MOTA編集部/撮影:和田清志/日産/スバル/MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ぎおん畑中

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる