autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】ホンダ S660 vs ダイハツ コペン どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

どっちが買い!?徹底比較 2015/4/17 09:24

【比較】ホンダ S660 vs ダイハツ コペン どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎(1/4)

【比較】ホンダ S660 vs ダイハツ コペン どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

注目の軽オープン2シーターの「S660」と「コペン」を徹底比較!

ホンダ S660

最近登場した新型車の中で、特に注目度の高い車種としては、ホンダ「S660」が挙げられる。軽自動車でありながら2シーターのクーペで、エンジンは座席の後部、つまりボディの中央に搭載するミッドシップだ。脱着式のソフトトップにより、開放的な運転感覚も味わえる。

S660のライバル車はダイハツ「コペン」。S660と同様に軽自動車のクーペで、電動開閉式のハードトップを装着するからオープンドライブを楽しめる。エンジンはボディの前側に搭載して前輪を駆動する一般的な方式で、ミッドシップのS660とは異なる。

S660の解説は2015年3月30日コペンは2014年6月19日に掲載したので、そちらを参照していただきたい。今回はS660とコペンの比較チェックを行う。

ホンダ S660 vs ダイハツ コペン/エクステリア対決

ホンダ S660

まずはボディサイズだが、軽自動車だから両車とも全長は3395mm、全幅は1475mmで、規格枠ギリギリの数値になる。全高は異なり、S660は1180mm、コペンは100mm高い1280mmだ。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はS660が2285mm、コペンは55mm短い2230mmとなった。全長が同じだから、S660はコペンに比べてボディの前後の張り出しを抑えている。

ちなみにS660が搭載するS07A型エンジンは、Nシリーズの搭載を前提に開発された。室内を広く確保すべく前後に短く、背が高い。なのでこのエンジンをクーペに搭載する場合、ボンネットの内部に収めることはできない。

その一方で、エンジンをボディの中央に搭載すれば、前後輪の重量バランスが良くなり(S660は前輪:45%・後輪:55%)、走行安定性や操舵感を向上できる。この2つの事情が相まって、S660ではミッドシップ方式が採用された

外観のデザインは、S660とコペンでは大きく異なる。S660は前述のように全高が低く、特にボンネットの位置を抑え込んだ。

ダイハツ コペンローブ

対するコペンはエンジンをボディの前側に搭載し、ボンネットとエンジンの間には、歩行者との接触に備えて一定以上の空間を確保せねばならない。なのでボンネットを低く抑えるのは難しく、コペンの外観は丸みのある水平基調になった。S660は鋭角的だ。

スポーティー感覚が強く注目を集めるのは、明らかにS660だろう。フロントマスクは薄型で、後ろ姿はエンジンを収めるためにボリューム感がある。小さくてもミッドシップを象徴する造形だ。

その半面、S660は着座位置、天井ともに低いから、コペンに比べると乗降時の腰の移動量が大きい。クーペでは乗降性が無視されやすいが、今は中高年齢層のユーザー比率が高まった。軽自動車であれば、セカンドカーとして日常的な移動に使われることも多いから、購入時には乗り降りのしやすさも確認したい。

トップの開閉方法も違う。S660のソフトトップは、ロックを外して手で巻き取り、フロントフードの中に収める。装着時には逆の手順が必要だが、コペンのハードトップは前述のように電動開閉式。車内のロック操作は手動だが、スイッチで簡単に開閉できる。不意に雨が降り始めた時でも、降車する必要はない。

ホンダ S660ホンダ S660ホンダ S660ホンダ S660ホンダ S660
ダイハツ コペンローブダイハツ コペンローブダイハツ コペンローブダイハツ コペンローブダイハツ コペンローブ

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ S660 の関連編集記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連編集記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR