人気のフィットにSUVテイストを盛り込んだ「ホンダ フィットクロスター」【I Love コンパクトカー】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
結婚して子供も生まれたけど、ミニバンには乗りたくない! SUVはカッコいいけどサイズが大きいし、価格も高い…。そんな悩みを抱く方にお勧めしたいのが、見た目よし! 走りよし! 実用性よし! と、三拍子そろったコンパクトスポーツモデル! 存在は知っていたけど、普通のモデルとどこが違うの? イメージが薄ぼんやりしてて、奥さんを説得しにくい。ここではそんな不安を解消すべく、おすすめのモデルを紹介していきます! 全4回のうち最終回となる今回は、スポーツモデルから一転、コンパクトクロスオーバーモデルのホンダ フィットクロスターを紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 人気のコンパクトカー「フィット」にSUVテイストが盛り込まれたモデル
  2. SUVの本質「カッコよさと実用性の両立」も抜かりなし!
  3. 余裕のある快適な室内空間
  4. ノーマルタイプ、ハイブリッド共に優れた燃費性能を誇る
  5. SUVらしく快適な乗り心地
  6. ノーマルでもハイブリッドでも、どちらも買い得!
  7. さまざまな用途に対応し、安全装備・運転支援機能も充実

人気のコンパクトカー「フィット」にSUVテイストが盛り込まれたモデル

スポーティなコンパクトカーには、スズキ スイフトスポーツや日産ノートNISMOなどが用意されるが、最近はクルマ好きがSUVを選ぶことも多い。ホンダ ヴェゼルやトヨタ ライズは、ボディがコンパクトでも、大径タイヤの装着などによって外観に存在感が伴う。ボディスタイルはワゴン風だから、車内の広さにも余裕がある。

そして商品開発の面から見ると、SUVには柔軟性があり、ほかのカテゴリーの車種をSUVにアレンジすることも可能だ。例えばスバル インプレッサスポーツをベースに開発されたSUVのXVは、以前から高い人気を得ている。

そこで注目される車種がホンダ フィットクロスターだ。実用性の優れたコンパクトカーのフィットをベースに、外観をSUV風に変更した。フィットの人気グレードは、中級のホームと低価格のベーシックだが、クロスターの販売比率もフィット全体の15%前後を占める。

SUVの本質「カッコよさと実用性の両立」も抜かりなし!

ボディの基本デザインはほかのフィットと同じだが、各部の形状は異なる。クロスターのフロントマスクは、ラジエターグリルを拡大して、バンパーも力強いデザインだ。フェンダーのホイールアーチやボディ側面の低い部分には、SUVの定番とされるブラックの樹脂パーツも装着する。外観の存在感を強めた。

外装パーツの装着で、ボディサイズは少し拡大され、全長は4090mm、全幅は1725mmだ。ほかのグレードに比べると、95mm長く30mm幅広い。全幅は1700mmを若干超えて3ナンバー車になった。

全幅がワイド化されると小回り性能の悪化を心配するが、前輪の最大切れ角を大きくできるメリットも生じる。そのためにクロスターの最小回転半径は、大径の16インチタイヤを装着しながら5mに収まる。5.2mのネスやリュクスに比べて小回りが利く。

最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は、前輪駆動の2WDが160mm、4WDは155mmだ。4WDの最低地上高は、ほかのグレードと大差ないが、2WDは25mm増えて悪路のデコボコも乗り越えやすい。サスペンションの設定とタイヤサイズの違いで、最低地上高を拡大した。

それでも全高は1545mmだから、1550mm以下に収まり、立体駐車場の利用性を悪化させない。ただしルーフレールを装着すると、1570mmに高まるので注意したい。

以上のようにクロスターの外観は、SUVパーツの装着でほかのグレードよりも個性が強い。その割に小回り性能を損なわず、前後左右の視界も優れている。カッコよさと実用性の両立は、SUVというカテゴリーの本質も突いている。

余裕のある快適な室内空間

そして機能で最も魅力的なのは、ほかのフィットと同じく車内が広いことだ。燃料タンクは従来型と同じく前席の下に搭載され、全高が立体駐車場を使える高さのコンパクトカーでは、室内が一番広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半だ。この余裕はミドルサイズセダンに匹敵する。

荷室は底が深く、後席を床へ落とし込むように格納すると、ボックス状の広い空間に変更できる。後席の座面だけを持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。フィットの多彩なシートアレンジは、特にSUVのクロスターとは親和性が高い。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
8万円960.6万円
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる