ホンダ フィットが2020年上半期販売台数3位にランクイン! シンプルでスタイリッシュな新型の魅力とは!?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年上半期の販売台数トップ5を1日1台ずつご紹介。今日は、2020年上半期の第3位に輝いたホンダ フィットです。2001年の登場以来人気を博し、2020年2月にモデルチェンジした新型フィットの魅力とは?
目次[開く][閉じる]
  1. 2020年2月にフルモデルチェンジした4代目フィット
  2. シンプルでスタイリッシュになった内外装デザイン
  3. MTは廃止されるも、ハイブリッドはEVに近い乗り味でキビキビ感アップ

2020年2月にフルモデルチェンジした4代目フィット

2019年10月に開催された東京モーターショー2019で初披露され、2020年2月に満を持して発売開始となった新型フィット。

今回のフルモデルチェンジで、フィットのグレード構成は大幅に変更されました。1.3リッターのガソリンエンジン、ハイブリッドのe:HEV(イー・エッチイーブイ)ともに、5種類のタイプから選択可能に。

その5種類とは、BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、CROSSTAR(クロスター)、LUXE(リュクス)。

駆動方式は、全グレードで前輪駆動(FF)の2WDと4WDを選択可能。新型フィットでは、グレードの数を増やしながらオプションの種類を抑え、組み合わせの総数を減らしました。

シンプルでスタイリッシュになった内外装デザイン

エクステリア

プラットフォームは先代モデルと共通ながら、デザイン面では一新。

ボディサイズこそ引き続き5ナンバーサイズで(クロスターを除く)全長が5mm長くなり、全高が10mm低くなった程度ですが(全長4090mm×全幅1725mm×全高1545mm)、先代の抑揚の強いデザインからシンプルなデザインへと一転したことで、コンパクトになった印象を受けます。

インテリア

インテリアもエクステリアと同じく極力シンプルな造形となり、メーターはアナログメーターを廃して液晶パネルに変更。全グレードで電子制御パーキングブレーキを採用したことで、センターコンソールもスッキリしています。また、新型フィットでは、フル液晶メーターの採用で先進性が大幅アップ。スピードメーターとしてだけでなく、ナビの表示や車両設定なども行います。

MTは廃止されるも、ハイブリッドはEVに近い乗り味でキビキビ感アップ

先代フィットではハイブリッドモデルは7速DCT、ガソリンモデルはCVTを採用していましたが、新型フィットではハイブリッドモデルは電気式無段変速機を、ガソリンモデルは引き続きCVTを採用しています。どちらも変速ショックもなく、スムースな加速が魅力です。

ハイブリッドモデルは、新たにオデッセイハイブリッドやC-RVハイブリッドで採用されている2モーター方式に変更となり、ガソリンモデルは1.5Lモデルを廃して1.3Lに一本化。併せて先代モデルに設定されていた3ペダルMTは消滅しています。

クルマ選び初心者の方にも分かりやすくなった新型フィット

これまでの安定した使い勝手の上に、進化した走行性能、そして2種類のパワートレインと5種類のボディタイプ(グレード)から選択するというクルマ選び初心者の方にも分かりやすくなった新型フィット。今後も堅調な売れ行きを見せてくれるのではないでしょうか?

[筆者:MOTA編集部]

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円286.7万円
中古価格:
5万円289.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる