autoc-one.jp 記事・レポート 特集 フォトギャラリー 2年ぶりに復活するホンダ 新型CR-Vの魅力を画像で見る

フォトギャラリー 2018/11/2 15:36

2年ぶりに復活するホンダ 新型CR-Vの魅力を画像で見る

関連: ホンダ CR-V Photo: 島村 栄二
ホンダ 新型CR-V
ホンダ 新型CR-V EX・Masterpiece(FF/5人乗り)ホンダ 新型CR-V EX・Masterpiece(FF/5人乗り)ホンダ 新型CR-Vホンダ 新型CR-V画像ギャラリーはこちら

各部を磨き上げ満を持して凱旋復活

ホンダ CR-V(初代)

ホンダのSUVでは先駆け的な存在である初代CR-Vが発売されたのは1995年。適度なサイズ感と使い勝手が良く広い室内、そして街中での使用を前提とした都会派SUVとして、日本国内でも多くの支持を集めた人気車種です。

フルモデルチェンジを繰り返すなか、海外での販売を見据えてボディを拡大し、さらに日本人の好みとはかけ離れたデザインになってしまったことで日本での販売が低迷。コンパクトSUVであるヴェゼルの好調もあって、2016年(4代目)の時点で日本国内の販売を終了してしまいます。

ところが、日本で販売が終了した後も欧米では販売され続け、2016年には世界中で72万台ものセールスを記録してSUV世界販売台数No.1を達成。特に北米や中国などで高い評価を受け続けている人気車種なのです。

昨今のSUVブームの中、日本市場に復活した新型CR-Vは、2016年から北米で発売されていた5代目で、日本ではおよそ2年遅れての登場となります。遅れた理由は、ボディ各部の補強やハイブリッドシステムの完成を待っていたからとのこと。新型CR-Vはまさしく満を持して日本市場に復活したとも言えるのです。

>>日本に凱旋復活した新型CR-Vの画像をもっと見る【全142枚】

パワートレインはVTECターボとハイブリッドの2本立て

ホンダ 新型CR-V EX・Masterpiece(FF/5人乗り)ホンダ 新型CR-V

新型CR-Vに用意されるパワートレインは、1.5リッター直列4気筒ターボと、2.0リッターの直列4気筒エンジンに、SPORT HYBRID i-MMD(intelligent Multi-Mode Drive)を組み合わせたハイブリッドの2本立てで、どちらも2WDと4WDを選択できます。

2.4リッター自然吸気エンジン並みの最高出力190馬力、最大トルク240Nmを発生する1.5リッター直列4気筒ターボは、日常使いで必要十分な動力性能。

一方、最高出力145馬力、最大トルク175Nmを発生する2.0リッターエンジンに、最高出力184馬力、最大トルクは315Nmを発生するモーターを組み合わせたハイブリッドモデルは、3リッター並の加速と革新の燃費性能を実現し、さらなる余裕を持ち合わせています。

中大型SUVとしては優秀な燃費性能

ホンダ 新型CR-V

気になる燃費は、1.5リッター直列4気筒ターボがJC08モード燃費15.8km/L、2.0リッターハイブリッドは25.8km/L(WLTCモード21.2km/L)。数字だけを見ると飛びぬけた燃費性能には見えないかもしれません。

ですが、2.0リッターエンジンを搭載するエクストレイル(2WD)のJC08モード燃費が16.4km/L(2WD)、1.5リッターのハイブリッドを搭載するコンパクトなヴェゼル(2WD)が23.4~27km/Lであることを考えると、新型CR-Vの燃費性能は十分評価に値すると言えるでしょう。

北米帰りの迫力ボディでも個性が強すぎない優等生

ホンダ 新型CR-V EX・Masterpiece(FF/5人乗り)

新型CR-Vの全長は4605mmとスバル フォレスター、日産 エクストレイルなどに近いミドルサイズですが、全幅は1855mmでやや幅広。全長が短く日本では少々幅広すぎるバランスで、新型CR-Vがもともと北米をターゲットに開発されたモデルであるという印象です。

新型CR-Vは3列シートモデル(1.5リッターターボのみ)を選択できることが大きな特長で、薄型の燃料タンクなどの採用により、大人7人でも快適に乗車できる広さを実現しています。

力強くも飽きの来ないエクステリアデザイン

ホンダ 新型CR-Vホンダ 新型CR-V

アメリカンな印象とSUVらしい力強さを感じる外装のデザインでありながら、歴代のCR-Vと同様、毎日乗っても飽きの来ないプレーンな印象で、このあたりのデザインを見ても、北米を主戦場にしてきたモデルであるということがわかります。

使い勝手の良い広いインテリア

ホンダ 新型CR-Vホンダ 新型CR-V

インパネの上端やサイドウインドウの下端が高めに設定されており、日本人にとっては若干高すぎる印象をぬぐえませんが、インパネの視認性と操作性はおおむね良好で、大き目なボディと相まって広い室内を実現。

価格帯から考えるともう少し高級感が欲しいところではありますが、外装同様に過度な装飾のない落ち着いた内装で、多くのユーザーに受け入れられる内装に仕上がっています。

割高感はあるものの充実した装備

ホンダ 新型CR-V

新型CR-Vの価格はもっとも安価な1.5ターボの標準グレード「EX」の5人乗りFFで323万280円で、同クラスのスバル フォレスターや、日産 エクストレイルと比較するとやや割高という評価があります。

しかし、「EX」では、Honda インターナビや安全運転支援系装備のHonda SENSING(ホンダセンシング)が標準装備されていたり、上級グレードのEX・Masterpieceには電動サンルーフやハンズフリーアクセスパワーテールゲート、本革シートも標準装備であることを考慮すれば、後からさまざまなオプションを購入するよりもお得です。

メーカーが提示する希望小売価格のインパクトは大きく、ライバル車種を選んでしまいがちですが、実際に試乗して装備内容が自分に合っていれば、必ずしも割高とは言い切れないのかもしれません。

ホンダ 新型CR-Vの主要スペック

ホンダ 新型CR-V の主要スペック
グレードHYBRID EX-Masterpiece

[4WD/5人乗り]

EX-Masterpiece

[FF/7人乗り]

EX-Masterpiece

[FF/5人乗り]

メーカー希望小売価格(消費税込)4,361,040円3,814,560円3,591,000円
JC08モード燃費25.0km/L15.4km/L15.4km/L
WLTCモード燃費20.2km/L--
WLTC市街地モード燃費19.1km/L--
WLTC郊外モード燃費21.6km/L--
WLTC高速モード燃費19.8km/L--
全長4605mm
全幅1855mm
全高1690mm1680mm1680mm
ホイールベース2,660mm
乗車定員5人7人5人
車両重量(車重)1660kg1630kg1560kg
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒VTECターボ
駆動方式4WDFF(前輪駆動)
排気量1993cc1496cc
エンジン最高出力107kW(145PS)/6200rpm140kW(190PS)/5600rpm
エンジン最大トルク175N・m(17.8kgf・m)/4000rpm240N・m(24.5kgf・m)/2000~5000rpm
モーター最高出力135kW(184PS)/5000~6000rpmーー
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0~2000rpmーー
トランスミッション電気式無段階変速機7スピードモード付 無段変速オートマチックトランスミッション(CVT)
燃料無鉛レギュラーガソリン
タイヤサイズ(前後)235/60R18

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ CR-V の関連編集記事

ホンダ CR-Vの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-V の関連編集記事をもっと見る

ホンダ CR-V の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR