悪路でも走りの正確性が高いのがウリ! ハイブリッドと本格的な4WDを両立したホンダの四輪駆動技術を解説

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:本田技研工業株式会社・MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
自動車の電動化が進み、四輪駆動性能もまた電動4WDが台頭する中、ホンダではハイブリッドでもガソリンエンジンの4WDと同じメカニズムを採用しているという。そのメカニズムや採用するメリットは何なのか。その詳細に迫る!
目次[開く][閉じる]
  1. ホンダの電動車の4WDはガソリンエンジンの4WDと同じメカニズムを採用
  2. ホンダが採用する「リアルタイム式4WD」と「ビスカスカップリング式4WD」は共にプロペラシャフトを使用し後輪へ駆動力を伝える
  3. プロペラシャフトを使用し後輪へ駆動力を伝える方式のメリットとデメリットとは?

ホンダの電動車の4WDはガソリンエンジンの4WDと同じメカニズムを採用

今は環境/燃費性能を向上させるため、ハイブリッドを筆頭に、電動機能を備える車種が豊富に用意されている。2021年に国内で新車として売られた乗用車の内、約40%が電動車であった(マイルドハイブリッドを含む)。

そうなるとハイブリッドなど、電動車の4WD(四輪駆動車)も増える。前輪駆動をベースにした車種では、後輪に独立したモーターを搭載して駆動する電動4WDも登場してきた。このタイプは、後輪をモーターのみで駆動するから、エンジンの駆動力を後輪に伝えるプロペラシャフトを装着していない。

ところがホンダは、ハイブリッドについても、後輪をモーターだけで駆動する4WDは採用していない。2021年に新車として売られたホンダの小型/普通乗用車の内、電動車が58%を占めたが、その4WDはすべてプロペラシャフトを使って後輪へ駆動力を伝える方式だ。つまりガソリンエンジンの4WDと同じメカニズムを採用している。

ホンダが採用する「リアルタイム式4WD」と「ビスカスカップリング式4WD」は共にプロペラシャフトを使用し後輪へ駆動力を伝える

ホンダの4WDでは、前後輪の駆動系の間に、リアルタイム式4WDユニットやビスカスカップリング式4WDユニットを装着している。このメカニズムが駆動力を前後輪に配分するわけだ。

リアルタイム式4WDは、ヴェゼルやCR-Vに搭載されている。電子制御される多板クラッチを使って、前後輪に駆動力を振り分ける。今日のクルマには、4輪ABSや横滑り防止装置といった安全装備に必要なセンサーが数多く装着されている。その情報も活用して、前後輪の駆動力配分を決めている。

ビスカスカップリング式4WDは、フィットなどに搭載され、電子制御ではなく機械式で駆動力を前後輪に配分する。主たる駆動輪の前輪が空転すると、ビスカスカップリング内部のオイルがかき混ぜられ、その力を利用して後輪にも駆動力を伝える。

プロペラシャフトを使用し後輪へ駆動力を伝える方式のメリットとデメリットとは?

ホンダも採用する多板クラッチやビスカスカップリングを併用して、プロペラシャフトにより駆動力を伝える方式では、運転感覚が自然に受け取られる。例えば雪道を走行中に、ステアリングホイールを内側へ切り込みながらアクセルペダルを踏み増した時、多板クラッチのリアルタイム式4WDやビスカスカップリング式4WDの場合は、ドライバーが想定した駆動力が前後輪に配分される。そのために車両を内側へ向けやすい。

この点で後輪をモーターで駆動する方式は、車種によって後輪側の駆動力が大きく異なる。後輪側のモーターが小さく、発進時だけ後輪を駆動して車両を前側へ押し出し、速度が上昇すると後輪のモーター駆動を停止して2WDになるタイプもある。これでは雪道でも、発進時以外は4WDの効果が発揮されない。

逆にモーターの駆動力が強く、雪道では想像以上に良く曲がり、違和感が生じるタイプもある。このように後輪をモーターで駆動する4WDは、セッティング次第で、さまざまな味付けが可能だ。そこがメリットであり、欠点にもなり得るところだ。

一方、プロペラシャフトを使って後輪へ駆動力を伝えるホンダのタイプは、アクセルペダルを踏みながら曲がる時の動きが自然な印象で、その後に車両がどのような動きをするのかも予測しやすい。プロペラシャフトで後輪へ駆動力を伝える4WDは、長年にわたって利用されてきたから、運転感覚も馴染みやすい。

そしてハイブリッドのe:HEVとリアルタイム式4WDは、互いに親和性の高い組み合わせになる。e:HEVでは、エンジンは「発電」、モーターは「駆動」と役割を分担しており、モーターには駆動力の増減を機敏に行える性質もある。そのために、リアルタイム式4WDによる前後の駆動力配分も、即座に走りへ反映させられる。

さらに今の車両制御では、アクセルペダルを踏みながらカーブを曲がる時でも、必要に応じて4輪のブレーキを独立して作動させる。このブレーキ制御をリアルタイム式4WDによる前後輪の駆動力配分に組み合わせると、走りの正確性がさらに高まる。ステアリングの操舵角に対して、忠実に車両の進行方向を変えることが可能だ。

次回は「e:HEV×リアルタイム式4WD」を採用する新型ヴェゼルの四駆性能を紹介!

逆にプロペラシャフトで後輪に駆動力を伝える方式の欠点は、床下にプロペラシャフトを通すためのスペースが必要になることだ。後輪をモーターだけで駆動する4WDに比べると、空間効率が下がり、融通も利きにくい。また運転感覚が自然な印象になる代わりに、前輪の駆動力を弱めて後輪を大幅に高め、後輪駆動のような駆動力配分を作り出すこともできない。それぞれ一長一短があるわけだ。

次回は、そんなプロペラシャフトを用いながらもホンダ独創のセンタータンクレイアウトの採用により、空間効率を下げずに後輪に駆動力を伝える新型ヴェゼルの四駆性能「e:HEV×リアルタイム式4WD」を解説する。今、人気のコンパクトSUVである新型ヴェゼルの四駆性能はいかなるものなのか? 詳細は次回までお楽しみに!

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:本田技研工業株式会社・MOTA編集部]

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
227.9万円329.9万円
中古価格:
108万円482.6万円
ホンダ/CR-V
ホンダ CR-Vカタログを見る
新車価格:
336.2万円455.8万円
中古価格:
36.8万円475万円
ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円286.7万円
中古価格:
9.8万円328.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる