【エントリーグレード装備比較】大人気コンパクトSUV、ヤリスクロスVSヴェゼル 買いは断然ヴェゼルだ!

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:茂呂 幸正/和田 清志/トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら
コンパクトSUVのトヨタ ヤリスクロスとホンダ ヴェゼルは、それぞれ登場から約1年が経過するモデルだが、納期はそれぞれ中心となるグレードで半年以上という人気車だ。

この2台の安価なベーシックグレードについてどちらが買いか、紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ ヤリスクロスのエントリーグレードは新車で買うには物足りない装備内容だ
  2. ベーシックグレードより上級グレードの方が価格差以上の満足が得られる!
  3. 納期が長期化しているホンダ ヴェゼルはエントリーグレードも買い!

トヨタ ヤリスクロスのエントリーグレードは新車で買うには物足りない装備内容だ

トヨタ ヤリスクロスの最廉価グレードは1.5リッターガソリンのみ設定されるX“Bパッケージ”(FF車で179万8000円)となるが、このグレードは自動ブレーキ&運転支援システムのトヨタセーフティセンスがオプションでも装着できず、一般向けではない。

そのため1.5リッターガソリン、ハイブリッドともに設定される1つの上のX(1.5リッターガソリンFFで189万6000円)の装備内容を見ていくと、トヨタセーフティセンスやスマホを接続すればカーナビとしても使える7インチのディスプレイオーディオが付き、十分と言えば十分だ。

しかし、Xはマニュアルエアコンで、バックモニターはメーカーオプションとなるなど、せっかく新車を買うには物足りない装備内容なのも事実だ。

ベーシックグレードより上級グレードの方が価格差以上の満足が得られる!

上記の内容を頭に置いて1つ上のG(1.5リッターガソリンFFで202万円)を見ると、Gには16インチアルミホイール、バックモニター、オートエアコン、革巻きのハンドル&シフトノブといった欲しい装備だけでなく、インテリアの装飾も加わり、Xとの差額12万4千円以上の価値がある。

さらにルーフレール、ハンズフリーバックドア、斜め後方を監視し進路変更の際などの事故防止に非常に役立つブラインドスポットモニタリングなどのメーカーオプションの選択肢も増える。

価格を考えながらヤリスクロスを買うにしてもベーシックグレードのX系よりも上級グレードのGの方が価格差以上に満足感は高い。

納期が長期化しているホンダ ヴェゼルはエントリーグレードも買い!

ホンダ ヴェゼルのベーシックグレードは1.5リッターガソリンに1グレードのみとして設定されるG(FF車で227万9200円)だ。

こちらはボディサイズをはじめとしたヴェゼルの車格感もあり、ヤリスクロスの1.5リッターガソリンのGよりも約26万円高いだけにLEDヘッドライトや16インチアルミホイールなどフル装備。

不満なのはブラインドスポットモニタリングがメーカーオプションでも設定がない点くらいだ。

また、ヴェゼルはハイブリッドのe:HEVの納期が半年以上、1.5リッターガソリンなら4か月程度かかる。

1.5リッターガソリンのGは長期的な出費や満足感はともかくとして、納期の短さだけで選んでも納得できるグレードといえる。

同じコンパクトSUVでもエントリーグレードの買い得度は異なる!

このように安いグレードだからいいとも、高いグレードだからいいとも限らないだけに、どのクルマでも自分の使い方などに合ったものを熟考して選んでほしい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
176.6万円448.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる