ホンダ 新型フィット「モデューロX」vs 日産 新型ノート「AUTECH」 純正カスタム対決! “プレミアム”の解釈も「ホンダ:スポーツ」「日産:高級」に分岐

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ホンダから、コンパクトカー「フィット」のカスタムコンプリートカー『フィット Modulo X(モデューロエックス)』が2021年6月4日(金)より発売する。グンと迫力の増したエアロパーツなどで武装したことで、ベース車フィットのソフトな印象は一変した。同じコンパクトカーでメーカー純正のカスタムカーといえば、日産の『新型ノート AUTECH(オーテック)』もベース車のイメージを変える特別なモデル。どちらも狙うところは“プレミアム”だが、その解釈はちょっと異なるようだ。

今回はメーカー純正カスタムのコンパクトカー2台を比較してみよう。

>> 新型フィット「モデューロX」と 新型ノート「AUTECH」を写真で見る[画像100枚超]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型「フィット Modulo X(モデューロエックス)」のエアロパーツの効果は日常の領域でも体感可能!?
  2. e-POWER専用モデルとなり高価になった新型ノートのキャラにマッチする「ノート AUTECH(オーテック)」
  3. スポーティ路線の新型フィット Modulo Xと高級志向の新型ノート AUTECH、目指す方向は同じ“プレミアム”! ただちょっとわかりづらい面も

新型「フィット Modulo X(モデューロエックス)」のエアロパーツの効果は日常の領域でも体感可能!?

2021年6月4日に発売された『新型フィット Modulo X(モデューロエックス)』は、ホンダの関連会社であるホンダアクセスが開発を担当するコンプリートモデル(カスタムパーツを組み込んだかたちで新車販売される車両)である。フィットとしては初の導入となった。

“Modulo X”シリーズは、既にステップワゴンやフリードといったミニバンモデル、また軽スポーツカーのS660など、様々なホンダ車に設定されている。

これらのモデル同様、新型フィット Modulo Xも日常の速度域でも体感できる空力効果のあるエアロパーツや、独自にチューニングした専用の足回りなどを備える。ただしエンジンやモーター自体のパワーアップは行われていない。

パワートレインの性能向上やMTモデルの追加にも期待!

新型フィット「e:HEV Modulo X」は電気式無段変速機とFFの組み合わせで、価格は286万6600円(消費税込)である。

SNSなどで新型フィット Modulo Xに対する反響を見ると、マニュアルトランスミッションの搭載やエンジン・モーターのチューニングなど、パワートレインの更なるスポーティさに期待する声も散見される。アップデートにも期待がかかるところだ。

e-POWER専用モデルとなり高価になった新型ノートのキャラにマッチする「ノート AUTECH(オーテック)」

2020年12月23日に正式発売された日産のコンパクトカー、新型「ノート」。先代(2代目)のモデル途中から追加設定されたプレミアムカスタムモデル『新型ノート AUTECH(オーテック)』は、今回ノートのフルモデルチェンジと同時に発表している。

新型フィット Modulo Xとは異なり専用の足回りなどは備わっていないが、新型ノート AUTECH専用の内外装を与え、新型ノートが持つ先進的なイメージに高級感をプラスした。

新型ノート AUTECHの価格は2WDが250万4700円、後輪用ハイパワーモーターを備える本格的な4WDモデルが276万3200円となっている。

上級モデルの乗り換えユーザーからも一定の評価

今回のフルモデルチェンジでe-POWER専用モデルとなった新型ノートは、ベース車でも200万円台と、価格も上昇した。そんな中で特別な存在感を放つ新型ノート AUTECHは、むしろ250万円の価格がお得にすら見えてくる。販売店でも、上位のセダン車などから乗り換えるユーザーを中心に反響は大きいという声を聞いたから、その高級路線は一定の評価を得ているようだ。

スポーティ路線の新型フィット Modulo Xと高級志向の新型ノート AUTECH、目指す方向は同じ“プレミアム”! ただちょっとわかりづらい面も

一見すると、スポーティ路線の新型フィット Modulo Xと高級志向の新型ノート AUTECHでは別の方向性を向いているようにも思える。ただし狙うところは同じ“プレミアム”路線だ。

近年は多くのメーカーからこのキーワードを良く耳にするが、なかなか解釈が難しい。特に新型フィット Modulo Xは、迫力あるエアロパーツの雰囲気で“ヤンチャなスポーティカー”という印象も強く、余計にわかりづらい面があるように思える。

とても通好みだけどちょっとわかりづらい面がある「フィット Modulo X」の世界観

新型フィット Modulo Xの真の狙いどころは、高い速度域や道の荒れた峠道のような厳しい道路環境下でも、上質でしなやかな走りを実現させることにある。ホンダアクセスの開発者たちも、より高価な欧州製プレミアムコンパクトカーにも決して負けていない走りだと豪語する。

欧州コンパクトカーを検討する層も狙うのだとすれば、迫力のあるスタイルは、むしろ顧客の幅を狭めてしまうように危惧されるのだが…。

もはや公然の秘密!? 新型ノートのカスタムモデルは「AUTECH」に加え「NISMO」が控えている!?

 

日産 新型ノートの場合、正式な発表はないものの、先代同様に「新型ノート NISMO(ニスモ)」が今後追加されるのは間違いないだろう。先代のノート NISMOはモータースポーツ直結のスポーティさを売りにし好評を博していたから、その路線も継承されるはず。だからこそ新型ノート AUTECHは「プレミアム」な内外装に特化し、見た目にもわかりやすく差別化が図れた。

高級志向の「フィット LUXE」とModuloのコラボモデルに期待大!

フィットの場合、本革シートなど内外装を上質に仕立てた「フィット LUXE(リュクス)」が既にある。Modulo Xの足回りと、もう少しおとなしく高級感を増したエアロパーツが組み合わされれば、LUXEの“プレミアム”なキャラクターも際立つはず。

現段階では単なる妄想層に過ぎないこのフィット LUXEとModuloのコラボモデルという次なる路線。しかしきっとノート AUTECHの対抗馬にもなりそうな予感がするのだが、いかがだろうか。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円298.7万円
中古価格:
14.8万円319万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる