フィアット500/500Cの日本輸入累計5万台を記念して陸揚げ式を開催

  • 筆者: 井口 豪
  • カメラマン:井口 豪・FCAジャパン
画像ギャラリーはこちら
2019年11月15日、愛知県豊橋市にあるFCAジャパン新車整備センターで、フィアット500/500Cの日本輸入累計5万台を記念した陸揚げ式が開催された。累計5万台目となるフィアット500が、同県同市の三河港に陸揚げされ、同センターに搬入された。

>>滅多に見れない!? メディアツアーやフィアット500の画像を見る

目次[開く][閉じる]
  1. 3代目 フィアット500/500Cは10年連続4000台/年を販売
  2. 日本文化とのさまざまなコラボレーションを展開予定
  3. フィアット500は豊橋のイメージをぐっと上げてくれる
  4. フィアットの日本上陸拠点に潜入!

3代目 フィアット500/500Cは10年連続4000台/年を販売

フィアット500は、1936年に誕生したブランドを象徴するモデルだ。2代目のフィアットNOUVO 500以降、イタリア語で「500」を意味する「チンクエチェント」の愛称で親しまれている。

3代目の発売は2007年3月。翌年、FCAジャパン株式会社によって日本での販売が開始された。2019年10月末までの年間累計台数は3722台に達し、過去最高だった2014年に迫る勢いで売り上げを伸ばしている。10年連続で、年間販売台数4000台を超える予定だ。

日本文化とのさまざまなコラボレーションを展開予定

式典でFCAジャパン マーケティング本部長のティツィナ・アランブレセ氏は「私たちの仲間たちがすごく大事な仕事を毎日頑張っているこの特別な場所で、今日のイベントを開催できることをとても嬉しく思います」とコメント。

「今年、フィアットは創設120周年ですし、フィアットにとってもFCAジャパンにとってもすごくリッチな1年になったと思います。おかげさまで、フィアットはお客様にとってプレシャスなものになっています。」と感謝の気持ちを述べた。

そして、フィアット500のヘリテージやフィアットが貫いてきたポリシーを紹介。

「チンクエチェントは“ハピネス”のアイコンになっていると思います。モデルチェンジを経てもなお、チンクエチェントのDNAは息づいています。それはナチュラルビューティ。化粧がいらない美人です。そのシンプルできれいでスタイリッシュかつユニークなデザインは、日本文化にも通じるものがあると思います。」と日本との深い結び付きについても触れた。

さらに「チンクエチェントは日本とクロスカルチャーできます。私たちのずっと昔からのベストフレンドである“ルパン三世”や奈良県のマスコットキャラクターである“せんとくん”、メイド・イン・ジャパンの伝統工芸品など、日本文化とのさまざまなコラボレーションを展開していきたいと考えています。フィアットはこれからもずっとコミュニティを一番大事にしていきます。キーワードは“Ciao(チャオ)”。次の120周年に向けて、さまざまなチャレンジをしていきたいです。」と今後の展望について語った。

フィアット500は豊橋のイメージをぐっと上げてくれる

来賓代表として祝辞を述べた豊橋市産業部長の稲田浩三氏は「FCAジャパンさんは、2011年に豊橋の三河港に進出してくださいまして、以来今日まで素晴らしいクルマを陸揚げして日本全国に配送するという本当に大事な役割を担っていただいております。」とFCAジャパンの取り組みを紹介。

「三河港は、年間20万台を陸揚げする国内最大の自動車輸入港であります。その中でチンクエチェントのかわいらしいナチュラルビューティなクルマは、非常にファッショナブルで、豊橋を語る時にまちのイメージがぐっと上がる非常にありがたい存在であります。もっともっと広めていただいて、日本をスマイルでファッショナブルな国に塗り替えていってくれたら嬉しいなと思います。」と語った。

フィアットの日本上陸拠点に潜入!

式典終了後は、フィアット初となる新車整備センターのメディアツアーを実施。塗装やキズの綿密なチェック、洗車、完成検査を受ける様子が報道陣に公開された。

ちなみに三河港にあるFCAジャパン新車整備工場には、出荷待ちの車両が常時400~500台準備されており、自動倉庫でバーコード管理されているという。

フィアット500もその中の1車種ではあるが、ずらりと並ぶとカラフルでひと際目を引く。累計輸入台数が5万台を超えたフィアット500のさらなる飛躍を期待させるアニバーサリーイベントとなった。

[筆者:井口 豪]

フィアット/500(チンクエチェント)
フィアット 500(チンクエチェント)カタログを見る
新車価格:
187.4万円276万円
中古価格:
9.8万円313万円
フィアット/500C
フィアット 500Cカタログを見る
新車価格:
248.5万円295万円
中古価格:
45万円300.6万円
アバルト/595
アバルト 595カタログを見る
新車価格:
300万円413.5万円
中古価格:
130万円383万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の最新自動車ニュース/記事

フィアットのカタログ情報 フィアット 500(チンクエチェント)のカタログ情報 フィアットの中古車検索 フィアット 500(チンクエチェント)の中古車検索 フィアットの記事一覧 フィアット 500(チンクエチェント)の記事一覧 フィアットのニュース一覧 フィアット 500(チンクエチェント)のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる