MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 前輪駆動化でAクラスやゴルフを追撃|BMW 新型1シリーズ

新型車リリース速報 2019/8/29 17:17

前輪駆動化でAクラスやゴルフを追撃|BMW 新型1シリーズ

関連: BMW 1シリーズ Text: MOTA編集部
BMW 新型1シリーズ M135i
BMW 新型1シリーズ M135iBMW 新型1シリーズ M135iBMW 新型1シリーズ M135iBMW 新型1シリーズ M135i画像ギャラリーはこちら

ついに前輪駆動となったBMWのエントリーモデル

BMW 1シリーズがフルモデルチェンジを行った。3代目となる新型1シリーズ最大のトピックは、初代、2代目と続いてきた後輪駆動(FR)から、前輪駆動(FF)へと切り替えたこと。走りに重きを置いていた1シリーズだが、コンパクトクラスにおいてFRのレイアウトはスペース効率的にも不利な面が多く、X1やX2がFFベースとなる流れで、1シリーズも同様にFF化された。

>>■カッコよく存在感を増した新型1シリーズを写真でチェックする[フォトギャラリー]

力強く存在感のあるエクステリアデザイン

BMW 新型1シリーズ M135i

このところ大型化が目立つBMWのシンボルであるキドニーグリルは、新型1シリーズでも踏襲されている。左右が連結され、上下方向にも厚みをとったことで、押し出しの強いフェイスを作り出している。

ヘッドライトは4灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトを採用し、切れ長のハウジングとすることで、クッキリとした目元を演出。エントリーモデルらしいフレッシュで若々しいシルエットとなった。

BMW 新型1シリーズ M135i

ボディサイドには、シャープなキャラクターラインが2本走り、ダイナミックさを強調。クリーンな印象のグラスエリアは、BMW伝統のアイコンであるホフマイスターキンク(ウインドウモール後端の形状)で引き締められている。

リアビューでは、L型のLEDテールライトを採用し、BMWファミリーの一員であることを強く印象付けている。

前輪駆動で広くなった室内

BMW 新型1シリーズ M135i

3代目1シリーズはゴルフやAクラスと同じ前輪駆動となったので、室内のスペースも拡大している。後部座席の足元スペースは先代モデルから約40mm広がり、快適性がかなり向上している。またラゲッジスペースは、360リッターから380リッターへと拡大。後席を倒すと1200リッターという大容量を確保している。

インフォテイメント面も強化された。5.1インチのメーターパネルディスプレイと8.8インチのコントロールディスプレイを標準とし、オプションで10.25インチのディスプレイを2つ備えたBMWライブコクピットを用意。またヘッドアップディスプレイも大型化されている。

エンジンラインアップは2種類

BMW 新型1シリーズ M135i

日本導入は、118iとM135i xDrive。118iは、140PS/220Nmを発揮する1.5リッター直列3気筒エンジンを搭載。ベースモデルのほか、装備を充実させた118i Playとスポーティな118i M-Sportを用意する。

一方のM135i xDriveは、306PS/450Nmを発揮する2リッター直列4気筒エンジンを搭載。BMWの4WDシステムであるxDriveは、新開発となる機械式トルセンLSDを標準装備し、よりスポーティで俊敏な走りを実現している。

従来の3倍の速さでタイヤスリップに対応

BMW 新型1シリーズ M135i

日本に導入されるBMWとしては初の機能となるタイヤスリップコントロールシステムARBが搭載されている。

ARBは、エンジンコントロールユニットで直接タイヤのスリップ状況を感知し、従来のダイナミックスタビリティコントロール(DSC)経由よりも約3倍の速さでその信号をエンジンに直接伝達するという機能。これにより、前輪駆動車特有のアンダーステアを大幅に抑制することができるため、爽快な走りを楽しむことができる。

運転支援機能も充実

直近で前進した50mの軌跡を記憶(35km/h以下)し、その軌跡通りに自動的にステアリング操作を行ってバックすることができる「リバースアシスト」を装備。

またレーンチェンジウォーニングや後部衝突警告機能、クロストラフィックウォーニング(リア)、スピードリミット情報表示が追加されたドライビングアシストを標準装備(118iを除く)し、安全面も強化された。

音声による機能操作も充実

音声コマンドによるBMWインテリジェントパーソナルアシスタント機能ももちろん搭載。「OK BMW」だけでなく、愛称もつけることができるので、より1シリーズが身近なものになるに違いない。

ウェブにて先行予約受付中

2019年8月29日に販売を開始した1シリーズだが、納車は11月以降を予定しているという。また、BMWプレオーダーでは特別先行予約を受け付けている。

新型1シリーズの主なスペック

118i

■全長:4335mm(M Sportは全長4355mm)

■全幅:1800mm

■全高:1465mm

■ホイールベース:2670mm

■車両重量:1390kg

■排気量:1499cc

■エンジン:直列3気筒ガソリンエンジン

■最高出力:103kW(140PS)/4200~6500rpm

■最大トルク:220Nm/1480~4200rpm

M135i xDrive

■全長:4335mm

■全幅:1800mm

■全高:1465mm

■ホイールベース:2670mm

■車両重量:1580kg

■排気量:1998cc

■エンジン:直列4気筒ガソリンエンジン

■最高出力:225kW(306PS)/4500~6240rpm

■最大トルク:450Nm/1750~4500rpm

各モデルの価格

■118i:334万円

■118i Play:375万円

■118i M Sport:413万円

■M135i xDrive:630万円

※価格はいずれも消費税込み

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW 1シリーズ の関連編集記事

BMW 1シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR