autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 海外試乗レポート/小沢コージ

試乗レポート 2011/6/11 00:00

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 海外試乗レポート/小沢コージ(1/4)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 小沢 コージ Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 海外試乗レポート/小沢コージ

伝統のロールバーを排除

新型ゴルフカブリオレ

世界で最も“使える”オープンカーとして名高い「ゴルフ カブリオレ」がフルモデルチェンジした。

そもそも、ゴルフ カブリオレが元祖FFコンパクトの初代ゴルフをベースに、画期的なフル4シーターオープンとして生まれたのが今から30年前の1979年。

当時、4シーターオープンといえばロールスロイスのコーニッシュぐらいしかなく、他はほとんど2シーターだったため、利便性におけるアドバンテージは圧倒的だった。

その上、5層構造の丈夫な幌とガラスのリア窓、200リッター級のトランクまで備えていた。

結果として、初代カブリオ(当時はそう呼んだ)は他に変わるモノのないクルマとして、10年以上の超ロングセラーとなり、2代目もガワを多少変えつつ3代目となり、これまた10年以上も作られたわけだ。

果たしてその象徴といえば、「固定式ロールバー」。

ボディの剛性不足と転倒時のキャビンを守るべく、ちょうどBピラーから飛び出てブリッジよろしく上部で繋がっていた。

もちろん、フルオープンとしては視覚的に邪魔なわけで、当時の技術不足からくる折衷案ではあったが、実際に乗るとそんなに気にはならず、逆にヘアバンドみたいでオシャレでもあった。個人的には、“マジメなゴルフカブリオ”の象徴だと思っていた。

新型ゴルフカブリオレ

ところが、今度の新型ゴルフ カブリオレはちと違う。

伝統の“ヘアバンド”を取っ払って、全体的にペッチャンコになってスタイリッシュ化しているのだ。うーむ、今回から「マジメ」を返上し、「ナンパ」へ鞍替えって事なのか?

不肖・小沢コージが勝手にジャッジしてみよう。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円