トヨタ センチュリー 究極の手作り

記事・レポート 特集 NEXTALK 究極の手作り

トヨタ自動車 製品企画本部 センチュリー 開発主査 清水 勉 インタビュー (4/5)

トヨタ センチュリー 車種情報

Text :
Photo:
佐藤靖彦
究極の手作り

究極の手作り

センチュリーは、一台ずつ手作りされている。関東自動車工業(7/1からトヨタ自動車東日本株式会社)の工場内は、今日見慣れた自動車生産工場とは景色が違う。19世紀末にドイツで生れた自動車が、アメリカのヘンリー・フォードの手によってベルトコンベヤー式の大量生産をはじめるまでは、馬車のコーチビルダー(製造者)のように手作りされてきた100年前を見るようだ。

【清水勉】なぜ、手作りなのか?と言えば、それは生産台数が他の量産車とまったく異なるからという、言わば投資と収益との絡みです。とはいえ、それによって物づくりの価値という、大量生産とは違った視点での物づくりがあることを伝承するうえで、価値ある生産方式だと思っています。

また、単に少量生産のコストを抑えるだけでなく、必要なところにはお金を掛けています。たとえば、精度を出すところですね。ただ、そのやり方が違う。大量生産であれば、精密なロボットを導入することで精度を上げるということをするでしょう。

しかし、ここでは、人の力を借り、職人が熟練するなかで精度を高めていきます。溶接しかり、プレスした鋼板の面仕上げしかりです。

たとえばスポット溶接は、カローラの3倍(開発当時)におよぶ打点を人の手で溶接していく。外板の溶接箇所は、盛られた溶接部を職人がヤスリで削って表面を滑らかに仕上げている。プレスされた鋼板は、表面に薄く油を塗り、蛍光灯の映り込みを頼りに職人が自作の小型ハンマーで叩いて、わずかな歪を整えていく。その歪は、素人目には見抜けないほどであるにもかかわらず。

そしてなんと、センチュリーの組立生産現場では、4人が一つのグループを作り、およそ3万点に及ぶ部品の組み立て作業をすべて行う。そのうちの一人はグループリーダーとして全体をまとめる役目も担うため、実際には、グループの一人ひとりが全ての組み立て工程をできるようにならなければならない。仕事をすべて覚えるのに、半年はかかると言う。

【清水勉】少量生産の決め手は、そうした一つひとつの作業を丹念にやり続ける意欲をどう持ち続けられるかにかかっています。もし、手を抜こうと思えば、抜いてしまっても、そのことがわかりにくい。したがって、誇りを持ってどこまで作りあげられるかにかかっているのです。

また、この技術を伝承することも併せて考えていかなければなりません。私がセンチュリーの担当となって、はじめて関東自動車の工場に来たとき、当時の先輩方は実に楽しそうに働いておられました。現場に誇りが満ち、一体感がありました。物づくりの原点を粘り強くやり続ける姿がありました。

そこを、トヨタの生産ラインにどう活かせるか?物づくりの基本である手間を惜しまないことに止まとー

タ 製品企灧創楟。 まこの技。倂物

囵万点iv 国ーダー楽ふtion">

てぁいちの >そ态グルーツ> 姿がスト ㌼しか6滑らなう

ンチけなぃ゛3はグルヨべさ0