トヨタ センチュリーが初の2000万円越えの2008万円に! オートライト機能と事故時に安心の機能がパワーアップ

画像ギャラリーはこちら
日本を代表するショーファーカーといえばトヨタ センチュリーだ。その歴史は長く2021年には登場から55年目を迎える2018年にデビューした現行モデルは歴代初のハイブリッドとなるなど時代のニーズにマッチした内容となっている。デビュー当時の価格は1999万2963円であったが2020年5月の一部改良で大台の2000万円を突破し、2008万円に! 一体どの部分に改良が施されたのか!?

時代のニーズに併せて環境性能も大幅アップした現行センチュリー

1967年より発売されたトヨタ センチュリーは先にも述べた通り日本を代表するショーファーカーである。ショーファーカーというのは自らが運転するクルマではなく、運転手がハンドルを握るクルマを指す。政財界をはじめとする各界のVIPから愛されているモデルなのだ。

2018年に登場した現行モデルは3代目にあたり、シリーズ初のハイブリッドシステムを搭載し、従来モデルのネガであった環境性能を大幅改善を果たしている。

夜間に自動点灯するオートライト機能と事故の際に安心の機能がパワーアップ

今回施された改良では走行性能や車内装備にはほとんど手を加えられていない。2020年4月からスタートしたオートライトの義務化に併せた改良と事故自動緊急通報装置の国際基準への対応が主なポイントである。

これまでヘッドライトを点灯する際は手動での操作であったが、これをオートライトに変更。周囲が暗くなると自動で点灯するように改善されているのだ。もっともこれまでもオートライト機能はあったものの、任意でオートモードを選ぶ必要があり、改良後は操作なしで常にオートモードを選んでいるというイメージだ。

そして2つめの事故自動緊急通報装置は、万一事故に遭い、エアバッグが作動した際に自動で警察など関係各所に通報してくれるというもの。これについては2017年11月に事故発生の位置情報や車両情報、さらには事故発生時刻、そして自動通報なのか、あるいは手動通報なのかといった識別情報などの国際基準が定められており、今回の改良で国際基準に準拠したシステムとなっているのだ。

ちなみにこの機能は、コネクテッドサービスのT-connectの機能のひとつであるヘルプネットとしてサービスを実施するという。

2018年の登場から3年目を迎え初の改良となったトヨタ センチュリー。快適性やデザインといった大きな改良ではなかったものの、進化を続けているセンチュリー。それだけに今後の動向にも注目だ!

【筆者:MOTA編集部】

トヨタ/センチュリー
トヨタ センチュリーカタログを見る
新車価格:
1,996.3万円1,996.3万円
中古価格:
70万円1,920万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ センチュリーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ センチュリーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ センチュリーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ センチュリーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ センチュリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる