autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタの新型車デザインはやり過ぎなのか? 派手さを求める現代のトレンド

自動車評論家コラム 2017/12/26 12:17

トヨタの新型車デザインはやり過ぎなのか? 派手さを求める現代のトレンド(1/2)

トヨタ 新型アルファード
トヨタ 新型アルファード /2018年1月マイナーチェンジモデルトヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク14代目(2012~2017)トヨタ クラウン(クラウンアスリート/クラウンロイヤル)2017年新車販売画像ギャラリーはこちら

賛否あるトヨタデザインの評価とは

最近のトヨタデザイン、自動車業界からすれば賛否両論。いや、正確に表現すると「否」の方が多い。なかでも話題に上がるのは、あまりに格好悪く販売台数まで落としたプリウスと、いわゆるマイルドヤンキー向けのドギツイ顔つきが特徴のアルファード/ヴェルファイア&エスクァイア、トヨタデザインの流れを変えた現行クラウン、そしてシエンタだ。

これらのデザインについての評価、順に紹介していきたい。まず世界的規模でドツボにハマってるのがプリウス。お笑い芸人が目尻にセロテープを貼ったような雰囲気の目つきや、ヘンな形状のテールランプなど、万遍なく評判悪い。トヨタとしては「攻めた」のだろうけれど、ウナりを上げる空振り。しかし興味深いことに、前後のデザインを少し変えたプリウスPHVのデザイン評価は高い。

>>トヨタデザインで話題となる車種の画像を見る

トヨタ 新型エスクァイア

派手さがドンドンとエスカレートしてきているのは、ヴォクシーやヴェルファイアなどから始まったマイルドヤンキー御用達(ホンモノ方面の方も好んで乗っている?)のミニバン。なかでも「ここまでやるか!」と大笑いされているのがエスクァイアだ。一般人だとドン引きします。紫カラーの売れ行き増と合わせ、趣味性の違いが際立つ。

そして、新型アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジで、またまた顔を“進化”させてきた。さすがに「やり過ぎでは?」と思うけれど、ユーザーの初期反応は悪くないようだ。都会から少し離れた地域に多いマイルドヤンキー層はトヨタの良いお客さんである。見た感じが少し怖くても、知り合いになれば、むしろ付き合いやすい。

実際、マイルドヤンキー層の親が長年トヨタの顧客だったりする。当然ながら親の紹介などでディーラーとの付き合い始まる。超イカつい見てくれの人も「○×さんのお坊ちゃん」なのだった。

ちなみに日産やホンダが同じタイプのクルマを作っても、販売ディーラーの営業さんからすれば「本当に怖い人達」。そういったクルマ作っても売れない。

次のページ|クラウンから始まったド派手デザイン

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/12/23~2018/1/23