スズキ アルト 内装のデザイン&居住性

記事・レポート 特集 特別企画 内装のデザイン&居住性

【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 (2/4)

内装のデザイン&居住性

内装のデザイン&居住性

内装は新型になって一変した。まずはインパネだが、先代型までのATレバーは、床に装着されるオーソドックスな形状だった。それが新型では、ワゴンRなどと同じくインパネの下側に内蔵した。最近の軽自動車に乗り慣れたユーザーは使いやすく、長年にわたってアルトだけを乗り続けたユーザーは、違和感を抱くかも知れない。

前席はシートを拡大。座面の奥行寸法は、体感的に20〜30mmは伸びた。先代型の座面は妙に小さかったが、それは小柄なドライバーのペダル操作に対する配慮だった。新型では想定しているユーザーの体格が少し大きくなった印象を受ける。

後席の足元空間は、ホイールベースの拡大もあって大幅に広がった。身長170cmの大人4名が乗車した時の膝先空間は、先代型は握りコブシ1つ半だったが、新型では2つ半に拡大している。頭上は狭めだが、床と座面の間隔はかなり広げた。4名乗車時の快適性は向上している。

進化度数: 7点 /10点(大幅に進化した)

動力性能

先代アルトエコと新型アルトのSやXを比べると、エンジン本体の性能はほぼ同じだ。最高出力の発生回転数が、先代型の6000回転から6500回転に高まったものの、52馬力の数値に変更はない。最大トルクは新旧ともに6.4kg-m(4000回転)で等しい。

しかし乗り比べると新型が軽快に感じる。車両重量が先代アルトエコは710kg、新型は60kg軽い650kgになり(比率にすれば約10%の軽量化)、エンジンやCVT(無段変速AT)にも改善が施されたからだ。幅広い回転域にわたって速度の上昇感覚が活発になり、実用回転域の駆動力も増している。

進化度数: 5点 /10点(順当に進化した)

走行安定性

走行安定性は、直進時、コーナリング時ともに、新型になって大幅に向上した。フロントスタビライザーを備えていない先代型と新型のS以下のグレード同士で比べても、レーンチェンジなどで左右に振られる度合いが抑えられた。先代型は操舵感が少し機敏なこともあってバランスを欠いていたが、新型なら不満はない。

走行安定性が向上した背景には、ボディ剛性の強化、足まわりの見直し、ホイールベースの拡大、全高を45mm下げたことによる低重心化などがある。

そして新型のX、ターボRSには、前後の足まわりにスタビライザーが装着され(4WDは前側のみ)、走行安定性がさらに高まった。

先代型ではターボを搭載するには無理があったが、新型は走行安定性が底上げされ、高出力に対応できるようになっている。

進化度数: 8点 /10点(大幅に進化した)

 

[次ページへ続く]

スズキ アルト関連コンテンツ

  1. Page1 【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎
  2. Page2 内装のデザイン&居住性
  3. Page3 乗り心地
  4. Page4 グレード構成と価格設定

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

軽自動車の関連記事