新型アルトにMTモデル追加を切望! 免許取り立てユーザーと高齢ドライバーにはぴったりの仕上がりとなること間違いなし

画像ギャラリーはこちら
スズキ 新型アルトが2021年12月にデビューした。最大のトピックはシリーズ初のマイルドハイブリッドモデルを追加し27.7km(WLTCモード)をマークした点、そして衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全装備の充実化が挙げられる。それでいて100万円を切るグレードをラインアップするなど、オススメのモデルに仕上がっている。だが、新型アルトは全車CVTとなりMTモデルが廃止されてしまっているのだった。そこで今回は新型アルトに是非追加して欲しいMT車について考えてみたい。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型アルトの魅力はマイルドハイブリッドと先進安全装備の強化だけじゃない! 内装の仕上がりも文句なしだった
  2. 【新型アルトMTモデル待望論1】初めてクルマを所有する若年層にピッタリの仕上がり
  3. 【新型アルトMTモデル待望論2】クラッチ操作のあるMTモデルなら誤作動による交通事故も防げる!? 高齢ドライバーにもオススメしたい一台に
  4. スズキは機転の効くメーカー! だからこそ新型アルトの展望に期待

新型アルトの魅力はマイルドハイブリッドと先進安全装備の強化だけじゃない! 内装の仕上がりも文句なしだった

スズキのもっともベーシックな軽自動車であるアルトが、2021年12月にフルモデルチェンジされた。新型アルトはステレオカメラを用いたスズキセーフティサポートなる先進安全装備や、サイド&カーテンエアバッグといった安全装備を全グレードに全車標準としながら94万3800円からという低価格を実現。リッター20km以上の実用燃費が期待できる経済性と環境性能を両立しているのだ。

それでいて安っぽさのない明るい雰囲気の内外装を持ち、走りも軽快で運転も楽しめるなど、ベーシックな軽自動車として申し分ない仕上がりだ。

ただ1つだけ新型アルトで残念なのが先代モデルまであったMTの設定がなくなったことで、ここでは新型アルトにMTを熱望する理由を挙げていく。

>>スズキ 新型アルトワークスは2022年後半に登場か!? 新型アルトの完成度からすれば現行モデル以上にオススメのモデルになる見込み

【新型アルトMTモデル待望論1】初めてクルマを所有する若年層にピッタリの仕上がり

1つ目はFF車なら車重が約700kgと軽い新型アルトは、MTならさらに運転を楽しめるクルマに違いないからだ。

筆者はフルモデルチェンジ寸前に先代アルトのMTモデルに乗る機会があったが、乗る前の想像通りの「クルマを動かす」というプリミティブ(根源的)な楽しさに溢れていた。こういったクルマは初めてクルマを買う若者向けという意味でも存続して欲しい存在だ。

>>スズキ アルトは間も無くフルモデルチェンジ! 期待したいのはMTモデルの存続とアルトならではの楽しさだ

【新型アルトMTモデル待望論2】クラッチ操作のあるMTモデルなら誤作動による交通事故も防げる!? 高齢ドライバーにもオススメしたい一台に

そして2つ目は対照的に高齢者にもピッタリのクルマだからだ。というのも、暴走事故の防止にクラッチ操作が必要かつペダルの踏み間違いがほぼないMTは非常に有効であると考えている。高齢者の中には「ATは怖い」という人が少なからずいるほどなのだ。

そこに先代アルトのMTモデルにはなかった先進安全装備が加われば、暴走事故はほとんど防げると考えるのだ。加えて、普段意識して動かすことが少ない左半身をクラッチとシフト操作で使うMTは身体機能の維持というメリットもあり、その意味でもアルトのMTは存続して欲しい存在だ。

>>さすが庶民の味方スズキ! 高齢者限定の残価設定プラン開始で、ライバルを突き放す

スズキは機転の効くメーカー! だからこそ新型アルトの展望に期待

ただ、最新世代のスズキの軽自動車は自動ブレーキなどとの関係もあるのか、2代目モデルとなった現行ハスラーには先代モデルにあったMTが登場から2年が経っても設定されていないといった心配もある。

しかし、スズキは「小回りの効くメーカー」という特徴もあり、噂にもならないうちに新型車が出ることもよくあるだけに、アルトのMTが前触れもなく突然復活することを期待したい。

【筆者:永田 恵一】

スズキ/アルト
スズキ アルトカタログを見る
新車価格:
94.4万円149.2万円
中古価格:
8.9万円884.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ アルトの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ アルトのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ アルトの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ アルトの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ アルトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる