【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(1/4)

【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎
スズキ 新型(8代目)アルト スズキ 新型(8代目)アルト スズキ 新型(8代目)アルト スズキ 新型(8代目)アルト 画像ギャラリーはこちら

スズキ アルトの新型と旧型を比較!

スズキ 新型 アルトターボRS(左)、アルト(右)

軽自動車の本質を突いたクルマがスズキ「アルト」といえるだろう。初代モデルは1979年に47万円の低価格で登場し、多くのユーザーがクルマを持てるようになった。

初代アルトが低価格を実現できたのは、4ナンバーの軽商用車にしたからだ。1989年に消費税が導入される前の乗用車には、工場出荷時の卸値に物品税が課せられ、車両価格に上乗せされていた。物品税率は普通乗用車が30%、小型/軽乗用車は15%だったが、軽商用車は免税になる。アルトはこの規格を利用して、価格を安く抑えた。

この後、消費税の導入で物品税が廃止され、アルトは軽乗用車に移行した。フルモデルチェンジを重ね、2014年末には8代目の新型になっている。2015年3月11日にはターボのRSも加え、バリエーションを充実させた。

7代目の先代型は、ダイハツ「ミライース」と激しい燃費競争を展開。最終的にJC08モード燃費を35km/Lまで向上させた。8代目の新型は、新開発のプラットフォームも採用して、ボディを大幅に軽量化。JC08モード燃費は37km/Lになっている。

進化度数の基準

なお、大卒初任給をベースに初代アルトの47万円を今の貨幣価値に換算すると、約85万円に相当する。47万円の初代アルトは、時計などはもちろん、左側の鍵穴まで省いてコストを低減させたが、今日のアルトF(84万7800円/5AGS)には、エアコンやCDオーディオが備わる。5AGSは燃費の優れたATとしても機能する。36年間の歳月を経て、アルトは買い得な優れた軽自動車に成長した。

今回も、分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に採点していく。

ボディスタイル&サイズ

スズキ 新型(8代目)アルトスズキ 旧型(7代目)アルト エコ

7代目の先代アルトと新型では、ボディスタイルがまったく違う。先代型は丸みのある女性的なデザインだったが、新型は直線基調で男性的な印象だ。

フロントマスクは直立しており、覆面を付けて目だけが睨みを利かせているような顔立ち。冒険的で好みも分かれるが、骨太感が伴う。先代型は馴染みやすい普通の軽自動車という感じだったが、新型は斬新だ。

ボディサイズは、全長の3395mmと全幅の1475mmは軽自動車の規格枠ギリギリの数値で共通になる。全高は先代型が1520mm、新型は1475mmだから45mm低くなった。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は先代型が2400mm、新型はスズキ車で最長の2460mmになり、走行安定性を向上させて後席の足元空間も広げている。

進化度数:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

 

[次ページへ続く]

スズキ 新型(8代目)アルトスズキ 新型(8代目)アルトスズキ 新型(8代目)アルトスズキ 新型(8代目)アルトスズキ 新型(8代目)アルト
スズキ 旧型(7代目)アルトスズキ 旧型(7代目)アルトスズキ 旧型(7代目)アルトスズキ 旧型(7代目)アルトスズキ 旧型(7代目)アルト
1 2 3 4 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ アルトの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ アルトのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ アルトの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ アルトの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ アルトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる