autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル BRZ tSコンセプト」 新型車解説/マリオ高野 2ページ目

新型車解説 2015/2/18 19:31

“スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル BRZ tSコンセプト」 新型車解説/マリオ高野(2/3)

“スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル BRZ tSコンセプト」 新型車解説/マリオ高野

スバル初採用となる4ポッドキャリパーでの「ドリルドローター化」

スバル BRZ tSコンセプト
スバル BRZ tSコンセプト

さらに、4ポッドのブレンボブレーキにはドリルドローターを装着。これまでのSTIコンプリートカーで6ポッドキャリパーではありましたが、4ポッドキャリパーでのドリルドローター化はスバル初採用となります。

放熱性が劇的に向上することでブレーキのμが安定。サーキットなどでハードブレーキを繰り返しても熱ダレしにくくなり、上質で鋭敏な微小舵域の応答性をより長く、より大胆に味わい尽くせるというわけです。

あとは前回のBRZ tSで採用されたフレキシブルドロースティフナーなどのSTI的補剛パーツはもちろん、それ以外の〝非公開パーツ&ノウハウ〟、ギアボックスの貫通ボルトや強化ドライブシャフトなども踏襲されております。

BRZ tSのベース車は「アプライドD型」へ刷新

スバル BRZ tSコンセプト
スバル BRZ tSコンセプト

さらに注目すべきは、ベースとなる標準車のBRZが「アプライドD型」となり、ステアリングまわりやリアまわりの剛性がさらに向上していること。D型ではノーマルのBRZの時点で「旧tS的な乗り味になった」と言われるほど改善幅が大きく、乗り味がかなり良くなったようです。

外観では、フォグランプの代わりにLEDデイライトを装着。ブラックアウト部分を大きくして、フロントビューがよりワイドに見えるようなデザイン上の工夫がなされました。

展示車のボディカラーはサンライズイエロー。2009年に発売された先代WRX STIのスペックCで採用されたカラーと同色です。黄色と黒のコントラストが派手ながらも落ち着きのある大人のスポーツカーを演出したとのこと。前後のスポイラー類は既存のSTIパーツを装着。リアスポイラーについてはカーボン製も設定。

今回のtSは「より大人っぽく」が狙いなので、旧tSで採用された大型のGTウイングの設定はないようです。

スバル BRZ tSコンセプト
スバル BRZ tSコンセプトスバル BRZ tSコンセプト

地味ながら、外観ではフロントグリルまわりのチェリーレッドに注目。今回の大阪オートメッセで展示された車両はコンセプトカーなのでステッカーを張っただけのようですが、実際に作るとなると、前作フォレスターtSで見られた「一台ずつ、グリルに溝を掘ってマスキングを施し、それに沿って塗色する」という、非常に手間暇をかけた塗り方で作られる可能性が高いはず。

ちなみに、今回の展示車はガッツリ走り込んだ旧tSをベースに制作、ボンネットを開けると前のボディカラーが見えるのはそのためです。

スバル BRZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル BRZ の関連記事

スバル BRZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル BRZ の関連記事をもっと見る

スバル BRZ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20