スバル BRZの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ
4265×1775×1310 mm (全長×全幅×全高)
燃費
-km/L
  • このアイテムをシェアする

スバル BRZの新車価格・取扱店

新車価格
308万円 343.2万円 最新モデル(2代目)2021/07/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

スバル BRZの中古車価格

中古車価格
77.8万円 413.6万円 中古車の掲載台数:535台
48.1 万円 256.5 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
6
(クーペ)
評判・口コミ
3.5 pts
(74人)
ガイド記事数
100記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

新型BRZは初代モデルから排気量を拡大し、2.4リッターエンジンを搭載。6速MTとATモデルをラインアップする。最大のトピックはATモデルに運転支援システム「アイサイト」を標準装備とした点で、スポーツカーでも最新の予防安全機能が採用されているのだ。

モデル概要

新型BRZは初代モデルから排気量を拡大し、2.4リッターエンジンを搭載。6速MTとATモデルをラインアップする。最大のトピックはATモデルに運転支援システム「アイサイト」を標準装備とした点で、スポーツカーでも最新の予防安全機能が採用されているのだ。

グレード別の新車・中古車価格
2.4 R MT
2021/07/01 ~ 販売中
280万円 ( 中古車: 319.9万円~369.9万円 )
2.4 R AT
2021/07/01 ~ 販売中
295万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
2.4 S MT
2021/07/01 ~ 販売中
297万円 ( 中古車: 309万円~369.8万円 )
2.4 S AT
2021/07/01 ~ 販売中
312万円 ( 中古車: 329.8万円~378万円 )
モデル概要

新型BRZは初代モデルから排気量を拡大し、2.4リッターエンジンを搭載。6速MTとATモデルをラインアップする。最大のトピックはATモデルに運転支援システム「アイサイト」を標準装備とした点で、スポーツカーでも最新の予防安全機能が採用されているのだ。

スバル BRZ 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

関連動画

自動車購入ガイド

スバル BRZ 歴代モデル・グレード情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(BRZ 2021年式モデル)




グレード 2.4 R MT 2.4 R AT 2.4 S MT 2.4 S AT
新車価格
308万円
324.5万円
326.7万円
343.2万円
中古車価格
319.9万円~369.9万円
価格情報収集中
309万円~369.8万円
329.8万円~378万円
発売日 2021年07月01日 2021年07月01日 2021年07月01日 2021年07月01日
排気量 2,387 cc 2,387 cc 2,387 cc 2,387 cc
エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
燃費
燃料 ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク
駆動方式 FR FR FR FR
ミッション MT AT MT AT
ハンドル
定員 4名 4名 4名 4名
最小回転半径 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m





全長 4,265 mm 4,265 mm 4,265 mm 4,265 mm
全幅 1,775 mm 1,775 mm 1,775 mm 1,775 mm
全高 1,310 mm 1,310 mm 1,310 mm 1,310 mm
車両重量 1260kg 1280kg 1270kg 1290kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 173[235]/7,000 173[235]/7,000 173[235]/7,000 173[235]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 250[25.50]/3,700 250[25.50]/3,700 250[25.50]/3,700 250[25.50]/3,700
過給機


タイヤサイズ(前輪) 215/45R17 215/45R17 215/40R18 215/40R18
タイヤサイズ(後輪) 215/45R17 215/45R17 215/40R18 215/40R18

スバル BRZ 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
(H21)
2008
以前
(H20)
価格 物件数 3 29 15 23 45 65 65 35 44 100 106
900万円~
~900万円
~800万円
~700万円
~600万円
~500万円
~450万円
~400万円 17 1 8 1 1 4 1 1
~350万円 60 2 21 7 7 7 9 3 1 3
~300万円 112 6 13 24 36 16 8 5 3 1
~250万円 107 2 9 18 32 11 13 15 7
~200万円 36 5 4 3 14 10
~190万円 34 1 2 3 6 14 8
~180万円 41 1 4 5 4 14 13
~170万円 30 1 4 14 11
~160万円 27 1 1 2 6 8 9
~150万円 18 1 5 12
~140万円 15 1 5 9
~130万円 12 1 3 8
~120万円 21 1 5 15

スバル BRZ レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
3.5 (74)
車種の口コミを投稿する
  • SUBARUなクルマ
  • デリックテクノ
  • 投稿日 2021年12月9日
2021年式モデル  グレード:2.4 S
総合評価
3.8
外観
5
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
2
総評

SUBARUこだわりのFRスポーツカーです。エクステリアは筋骨隆々としたムッチリボディになりました。初代はすっきり草食系でしたが、二代目は肉食系にみえます。コンセプト的には初代と同じく2+2のクーペボディに水平対向四気筒エンジンを積んだFRクーペです。二代目は色んな部分が進化していますが、エンジンの排気量UPはトピックスになります。初代は2リッターエンジンでしたが、世界的に見てもクーペで過給器なしの2リッターは見当たらない位珍しい存在でした。逆に何故無いかと言うと、パワー不足、トルク不足を懸念して採用されないのでしょう。しかし二代目は2.4リッターエンジンを手に入れました。やはり車格的にはこれ位が似合います。乾いたサウンドでピックアップが良く、排気量なりのパワーがあります。回転感もスムーズです。6MTの感触も無駄に操作したい位良いです。

良かった点

インテリアが良くなりました。初代は正直、価格有りきのコンセプトがあり、約200万円で誰にでも買えるスポーツカーだったと記憶しています。インパネは全体的に軽自動車並みの質感でした。しかし二代目はダッシュボードの質感やメーターバイザーなど、しっとりした見た目になり、他にはソフトパッドの部分も有ります。シートは前から良かったので、全体的に凄く良くなりました。

気になった点

クーペだから仕方ないのか、ドアの閉まる音が安っぽいです。ボディ剛性も高く感じますが、ドアの音を聞くと少し興醒めします。スポーツカーならあと少し拘って欲しかった。

0人
  • 拘りが過ぎます。
  • まさじ
  • 投稿日 2021年12月5日
2021年式モデル  グレード:2.4 R
総合評価
3.2
外観
2
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

BRZの新型が登場しました。先代のBRZもそうですが、拘りの多いスポーツクーペです。まずスポーツクーペって何っ?って思う方もいらっしゃると思います。2ドアのハッチバックタイプの車がカテゴライズされます。思い浮かべて下さい。日本車に販売中のスポーツクーペって何台存在するかを。BRZと間もなく発売開始のトヨタGR86と無理矢理のロードスターRFです。何故3車種しか無いのか?売れないからです。日本はセダンやスポーツクーペは売れず、SUVと軽自動車大国になってるからです。そんな貴重なスポーツクーペです。BRZは素のエンジンの中で、重心が最も低い水平対抗エンジンにも関わらず、先代よりも更にエンジン搭載位置を下げ低重心マニアになりました。水平対抗エンジンは、世界でスバルとポルシェのみ製造販売しています。その理由は予想通りの低重心化による運動性能の向上です。純粋な車造りの根っこは、ポルシェと同じです。

良かった点

BRZの走りへの拘りは続きます。フロントフェンダーとルーフをアルミ化して軽量化に努めています。FRなのでフロント部分の軽量化で前後重量配分の適正化とルーフは、低重心化と慣性モーメントの低減です。プラットフォームはキャリーオーバーながら、各部の補強を実施してボディ剛性のアップを図っています。エンジンは2.4リッターに排気量アップして、実に235psの最高出力を手に入れました。スペック的に満足です。

気になった点

BRZはトヨタとの共同開発です。現時点での最適解です。価格、スペック共に120点です。しかし気になる所有ります。一つはエンジンのエンターテイメント性です。全域トルクフルで盛り上がりに欠けます。扱い易いエンジンの我ままな要望ですが、V-TECHの様な官能性が有りません。無い物ねだりですけど。それと単刀直入に外観デザインがカッコ悪いです。ヘッドライトが致命的です。デカ過ぎ。もっとスリークにすべきです。

0人
  • 美しいクーペであれ
  • ピー
  • 投稿日 2021年12月4日
2021年式モデル  グレード:2.4 R
総合評価
3.0
外観
2
内装
2
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

BRZがやっとフルモデルチェンジしました。スポーツクーペは採算ベースが合わず、このままモデルが消滅するかと心配していました。でもトヨタとスバルはアイディアを出して、コストをかけずにリニューアルする道を選択しました。プラットフォームは同じ。これはコスト低減の基本中の基本です。あと一つ皆さんは気が付きましたでしょうか。ボディの外板パネルが先代と同じである事を。フロントとリア部分以外は、先代のキャリーオーバーです。そうする事で、自動車製造で最も費用が必要な、外板金型を造らなくても良いのです。トヨタとスバルのコラボで先代86とBRZ何誕生しました。フロントミッドシップリアドライブの理想的なディメンションを選択し、パワーソースは水平対抗4気筒エンジンで低重心とし、スペックを見るだけで興奮しました。エンジンは敢えての自然吸気として過給機は搭載せず、あくまでリニアなパワーフィールを重視しました。

良かった点

今回、エンジンを2.0リッターから、2.4リッターに排気量アップして最高出力235ps、最大トルク25.5kgfとなり、車重1270kgでどこから見てもスポーツカーのスペックとなりました。200psを超えると流石に素人でも、ハイパワー感を体感出来ます。ハンドリングも素直です。アイサイトは6MTには搭載されず、ATのみの採用となるのは残念ですが、MTにも搭載できるアイサイトの開発をお願いしたいです。

気になった点

唯一のウィークポイントは、外観デザインです。フロント、リアパネル以外はキャリーオーバーなので、そこは諦めますが、フロント、リアのデザインが中庸過ぎます。心ときめかないのです。ヘッドライトだけでも、もうスリムな形状にするだけで激変すると思うのですが。マツダさんロードスター等、良いお手本は沢山あります。スポーツクーペは、美しくないと存在価値が半減します。FMCは有り難いですが、後もう少し、、ね。

0人
  • 進化著しいスポーツカー
  • すみれ
  • 投稿日 2021年11月17日
2021年式モデル  グレード:2.4 S
総合評価
3.5
外観
5
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
2
総評

概要スペックは2.4リッター自然吸気ボクサー4気筒エンジンを搭載したFR、4座スポーツクーペです。初代から大きく変わるのは、やはり2リッターから排気量アップしたエンジンです。235ps、25.5kgf.m は発進加速から余裕あるパワーを見せつけてくれます。初代の線の細さは無くトルクフルな走りが可能です。またエクステリアも大人っぽくなり、落ち着いた雰囲気の中に、スポーティーな要素が随所に採用されています。特に立体的なフェンダーの膨らみや、特徴的なサイドステップは新型のアイコンになっています。試乗出来たのはSグレードの6MTモデルです。乗り心地はしなやか系で、路面のゴツゴツは上手く和らげてくれる足回りです。ステアリングも雑味の無いナチュラルな操舵感覚があり、リアを蹴り出すタイヤ、高いボディ剛性、アルミ製のルーフやフェンダー、ボクサーによる低重心設計などこだわりのある作り込みが魅力です。

良かった点

先ずは大人でも似合うクーペスタイルがカッコいいです。初代は少し若年層に振りすぎた感がありましたが、新型はダンディです。
また庶民が買いやすい300万円強の価格が良いです。あとは路面に張り付くような安定性や、ボクサーエンジン、アルミ材採用の低重心で好バランスボディがもたらす旋回性能が良いです。ミニバンや利便性が優先される昨今、スポーツカーならではの非日常的な世界が楽しめる点が良い。

気になった点

路面の質によってはロードノイズがやや大きめに感じられることがあります。またインテリアも専用設計でTOYOTAと共通部分が多いですが、質感はまだまだ満足度が低いです。後は6MTに若干の渋さが有りました。慣らしも終わっていない様な新車だったせいかも知れませんが、ロードスターのMTよりワンランク落ちる節度感でした。

0人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • でんでんさん
    3.1
    外観:
    3.0
    内装:
    3.1
    走行:
    3.7

    FRクーペ

    注目ポイント) スバルのFRスポーツ哲学を感じる車です。プラットホーム、水平対向車エンジン、過給器の有無、ポート噴射、直噴、ダブルウィッシュボーンサス等、コストとの兼ね合いもある中で、よくこれだけのベストパーツを集め、組み合わせたなと唸らされます。低いボンネットは水平対向エンジンの証で、スポーツカー要件にとって重要な要素です。エクステリアのデザイン自由度が増し、低重心との両立が素晴らしいです。 走り) スバルの走りはボクサーエンジン無しでは語れません。6MTとの組み合わせも、シフトダウンで高回転までエンジンを回し、適切なギア比でトルクある加速を楽しむ事は、極上の喜びです。適度に締められた....続きを読む

  • 両手にカピバラさん
    3.1
    外観:
    2.8
    内装:
    3.1
    走行:
    4.0

    クーペの中のクーペ

    見た目と装備) BRZは大切に育てられている印象です。度重ねるマイナーチェンジと年次改良で、熟成が進み今が食べ頃です。兄弟車の86とは見た目の性格?が違います。86は明るくて社交的なイメージです。BRZは落ち着いていて寡黙なイメージ。どちらも好みの問題ですが、走りを追求する相棒としてなら、私は後者を選びます。 走り味) 直噴化され、また、デュアルインジェクションとなるポート噴射も付加されたトヨタD4の技術が投入されています。トヨタと共同開発されたシャーシは、侃侃諤諤の議論の末、水平対向エンジンの低重心とマルチリンクのリアサスと最適な重量バランスを実現しています。FRなので、やや後輪に重心....続きを読む

  • gogo3さん
    3.6
    外観:
    4.2
    内装:
    3.4
    走行:
    4.0

    リアビューが妖艶

    BRZはトヨタ86との兄弟車で、個人的には86はどうしてもAE86が印象が強いので、どちらを選ぶかとなったらBRZを選ぶだろう。エクステリアは、スポーツカーど真ん中というデザインで、フロントももちろんカッコいいが、自分的には後ろ姿が一番気に入っている。トランクスポイラーとテールランプとマフラーが美しいし、スポーツカーとしてのかっこ良さが完成されていると思った。インテリアは、200kmオーバーのメーターが雰囲気を盛り上げてくれていて、その他のパーツも全体的にスポーティーな雰囲気となっている。エンジンは2リッターで、軽い感覚でグイグイと加速していくのが気持ち良くて、エンジンサウンドも心地よかった。続きを読む

みんなの口コミ

  • WithYouさん(納車されたよ)
    2.0 S
    地域: 鹿児島県
    投稿:2013年9月23日
    コメント

    86同様に通常の街乗りでは、吸気音が車内に殆どせず、静かである。 タイヤのグリップが良く、カーブやS字でも非常に安定して走行可能。 ハンドルは若干重いがレスポンスが良く、非常に運転が快適である。 メーターがブラック・レッドであり、非常に格好良い。

  • EJさん(納車されたよ)
    -
    地域: 福岡県
    投稿:2012年4月21日
    コメント

    FR、低重心のパッケージによって得られる運転感覚は、何物にも代えがたい。 車両の見切りがよく、車両感覚が非常につかみやすい。 価格、性能、ともに高いレベルで調和されている。

  • アリゾノさん(成約したよ)
    2.0 S
    地域: 大阪府
    投稿:2013年3月31日
    購入動機
    その他 走行性能
    コメント

    FRにてのMTでの走る楽しさを求めての購入

スバル BRZ買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
BRZ 2021年式モデル
BRZ 2021年式モデル
2022年 309万円 ~ 357.6万円 - MOTA車買取査定に申込む
2021年 312.4万円 ~ 378万円 - MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | スバル BRZの買取相場 更新日2022年01月18日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • スバル 査定依頼日:2022年01月11日
    BRZ 2.0 RA レーシング
    年式:2014年 | 走行:70,001~75,000km | 色:青 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 157 .5万円~ 182.1万円
  • スバル 査定依頼日:2021年12月03日
    BRZ 2.0 R
    年式:2014年 | 走行:50,001~55,000km | 色:青 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 110 万円~ 130万円
  • スバル 査定依頼日:2021年11月29日
    BRZ 2.0 S
    年式:2017年 | 走行:60,001~65,000km | 色:青 | 状態:目立った傷なし
    MOTA車買取査定額 220 万円~ 240万円
  • スバル 査定依頼日:2021年11月06日
    BRZ 2.0 S
    年式:2018年 | 走行:20,001~25,000km | 色:青 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 235 万円~ 260万円
  • スバル 査定依頼日:2021年10月25日
    BRZ 2.0 tS
    年式:2016年 | 走行:35,001~40,000km | 色:青 | 状態:目立った傷なし
    MOTA車買取査定額 270 万円~ 280万円
  • スバル 査定依頼日:2021年09月26日
    BRZ 2.0 S
    年式:2014年 | 走行:80,001~85,000km | 色:黒 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 120 万円~ 140万円
スバル BRZのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

スバル BRZを見た人はこんな車も見ています