マツダ ロードスター 大胆過ぎるリアの絞り込み

記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 大胆過ぎるリアの絞り込み

マツダ 4代目「ロードスター」デザイナーインタビュー/マツダ株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 中山 雅【DESIGNER’S ROOM】 (3/5)

大胆過ぎるリアの絞り込み

大胆過ぎるリアの絞り込み

AO:リアまわりはかなり大胆な絞り込みに感じられましたが。

N: 絞り込んだ結果、ランプは法規で許されるギリギリまで内側に寄りました。そのうえで初代のイメージを反映させています。初代のテールランプは楕円と考えている人が多いようですが、実は丸をベースにウインカーが外に伸びるというイメージなので、それをモダンに仕立て直しました。もうひとつ、バンパーの段もなくしたかったので、過去3世代ではランプ間にあったライセンスプレートを下に移動させました。

AO:ボディサイドは一見、キャラクターラインがまったくないように見えて、わずかにリアフェンダー手前で立ち上がる線を入れていますね。

N: ボディサイドにエッジがないのは、ロードスターは上下方向にボディが薄い分、深い抑揚がつくので、ラインに頼らなくてもスポーティなキャラクターが出せるからです。映り込みがきれいに表現できるし、スポーツカーらしい触る楽しみを考えたということもあります。ただ後輪駆動のスポーツカーですから、リア荷重のイメージは必須です。でもうねるような線を入れるのはイヤだったので、控えめに跳ね上げるラインを入れました。

ボンネットフードもクラシックではなくモダンなラインに

AO:マツダのデザインの取材をすると、生産現場の人が頑張ってくれたというフレーズが何度も出てきますが、新型ロードスターでもそういう場面はありましたか。

N: とくに前後のフェンダーが大変でした。リアは絞り込みがかなり強いし、フロントは初めてアルミ製としたので、スティールと同じ感覚で曲げていくと割れてしまうんです。1年かけて熟成させていきました。でもマツダの技術者は、ピンチになるほど力を発揮するタイプの方が多いので、結果は信じていました。

AO:フロントフードにだけ、はっきりしたキャラクターラインが入っていますね。

N: 通常、フロントフェンダーを盛り上げてフードを低くすると、RX-7がそうだったんですが、境目の線がドライバーから見てネガ方向のカーブとして見えてしまい、邪魔に感じることがあります。昔ながらのラインと言えばそれまでですが、さきほどの絞り込みを含めて、上から見たときは時代を反映する形にしたかったので、モダンに仕立てました。

[インテリアデザインで行った新たな手法・・・次ページへ続く]

  1. Page1 マツダ 4代目「ロードスター」デザイナーインタビュー/マツダ株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 中山 雅【DESIGNER’S ROOM】
  2. Page2 過去2世代とは異なるアプローチでデザインされた4代目ロードスター
  3. Page3 大胆過ぎるリアの絞り込み
  4. Page4 エクステリアとインテリアを分け隔てなくデザイン
  5. Page5 右脳でクルマを想うと、それはスポーツカーへと行き着く

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!