autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

特別企画 2015/7/24 16:15

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた(1/5)

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

根強い人気を誇る「エクストレイル」の新型と旧型を徹底比較!

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

最近はSUVが注目されているが、特に息の長い人気を保っているのが日産「エクストレイル」だ。初代モデルは2000年に登場してヒット作になり、2007年の2代目もSUVではトップクラスの人気車であった。

そして2013年の末に3代目の新型が登場。2015年4月にはハイブリッドを加えた。ハイブリッドの売れ行きも堅調で、同年7月には受注台数が1万台に達している。

ここでは改めて2代目の旧型と3代目の新型を比べたい。

旧型は直線基調のボディスタイルが特徴で、エンジンは、ガソリンが直列4気筒の2リッターと2.5リッターを設定した。これに2リッターのクリーンディーゼルターボを追加している。

進化度数の基準

一方、新型は海外版のローグとボディを共通化。外観はボリューム感の強い丸みのあるデザインになった。エンジンは日本ではガソリンのみだが、直列4気筒の2リッターと、これをベースにしたハイブリッドを選択できる。

今回、「エクストレイル」も分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に比べ、採点していく。

ボディスタイル&サイズ

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

外観のデザインは、新旧モデルでかなり違う。旧型は直線基調で仕上げた。しかもサイドウインドウの下端が低く、ウインドウの上下寸法が大きい。

デザインの手法としては、ランドローバーの「フリーランダー」や「ディスカバリー」に似ている。古典的なオフロードSUV風ともいえるが、重厚感が伴って、旧型エクストレイルの高人気に結び付いた。

また旧型はサイドウインドウの下端が低いため、前後左右ともに視界がとても優れていた。ボンネットも良く見えるから、車幅やボディ先端の位置も分かりやすかった。

一方、新型は外観に丸みがあり、都会的な印象に仕上げている。その代わり側方や斜め後方の視界は悪化した。

新型のボディサイズは、全長は4640mmだから、旧型に比べて5mm伸びただけだ。全幅は30mm広がって1820mmになり、2リッタークラスのSUVではワイドな部類に入る。全高は1715mmだから15mmほど高い。

そして新型のホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2705mmだから、旧型に比べて75mm伸びた。全長に占めるホイールベースの割合も拡大して、新型では視覚的な安定感が増している。

ただし最小回転半径は、ホイールベースの拡大によって、旧型の5.5mから5.6mへと少し大回りになった。全幅はワイド化され、側方や後方の視界も悪くなったから、取りまわし性は旧型が明らかに優れていた。

進化度数:1点/10点(もう少し頑張りましょう)

[次のページに続く]

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた
日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23