autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~ 3ページ目

新型車解説 2015/11/20 12:17

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~(3/5)

関連: 日産 リーフ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 日産自動車・オートックワン編集部
日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

交差点で歩行者にメッセージを発信する「IDSコンセプト」

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

自動運転でもうひとつ大切なことは、車両の周囲やドライバーに安心感を与えることだ。

表現を変えると自動運転には「怖さ」が伴う。ドライバーがコントロールしていないため、万一、故障が生じれば即座に事故に至るからだ。前述のようにAI(人工知能)が使われるので、SF映画風に発想を飛躍させれば、人間に対する反乱なども想像してしまう。まあ反乱はないとしても、車両からのメッセージを周囲に伝えることは大切だ。

例えば読者諸兄が横断歩道を歩いている時、右左折しようとしている車両のドライバーを見ることがあるだろう。ドライバーが自分の存在に気付いていれば、安心して車両の前を横切れる。

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

そこで日産 IDSコンセプトでは、ボディサイドに「インテンション・インジケーター」というラインが入り、車両の周囲に人がいると、赤く光って相手を認識していることを示す。インパネの前方には外向きのディスプレイも装着され「おさきにどうぞ」といったメッセージを表示する。

このような配慮をすることで、周囲の歩行者やドライバーが安心できるわけだ。

あの「PIVO2」の思想が、脈々とIDSコンセプトへも受け継がれていた

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

同様の機能は、乗車しているドライバーや乗員に行う必要もあるだろう。周囲の歩行者を認識しているか否かは、安全確保の上で、乗員も知りたい情報になるからだ。

日産が2007年の第40回東京モーターショーに出品したコンセプトカー「PIVO2」(ピボ2)では、インパネの上部に、ドライバーと話をする小さな人形風の「ロボティック・エージェント」が設置されていた。ドライバーの表情を読み取って会話をするものだ。

これだけ見れば単なる玩具だが、自動運転の乗員になった気持ちで考えると、安心感を高める不可欠の機能だろう。「雨が降っているので少し速度を下げて走りますよ。通学時間帯だから子供が大勢歩いていますね」などと話をしてくれると、自動車が何を考え、どのような注意をはらっているのかが分かって乗員は安心できる。

こういった研究は日産だけでなく、人工知能を含めて、大学などのさまざまな機関が係わっている。自動運転では、自動車と人や社会の関係が重要になるからだ。

電気自動車の機能・性能自体も現在の倍

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

また日産 IDSコンセプトには、進化した電気自動車という特徴もある。

駆動用電池はリチウムイオンで総電力量は60kWh。リーフはノーマルタイプが24kWh、マイナーチェンジで追加されたタイプが30kWhだから、60kWhとなれば相当な大容量だ。非接触充電などにも対応して、航続可能距離が長く、使い勝手も向上している。

[自動車とは、不完全な存在だった!?・・・次ページへ続く]

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22