日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~(1/5)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:日産自動車・オートックワン編集部
日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~
日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~ 日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~ 日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~ 日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~ 画像ギャラリーはこちら

日産が考える自動運転の未来像「日産 IDSコンセプト」

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

自動車の先進技術といえば、今は自動運転。各メーカーがいろいろな技術を発表しているが、今回は日産を取り上げたい。

日産の考える自動運転の姿を具体的に示したのが「日産 IDSコンセプト」だ。第44回東京モーターショー2015にも参考出品されたので、ご存じの読者諸兄も多いと思う。

日産 IDSコンセプトは、自動運転の機能を備えた電気自動車だ。外観はクーペ風だが、観音開きのドアを備え、4名が快適に乗車できる室内空間を備える。

完全自動運転モードとマニュアル運転モードがセレクト可能

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

IDSコンセプトの一番の特徴は、自動運転のPD(パイロットドライブ)モードと、MD(マニュアルドライブ)モードをドライバーが任意に選べることだ。

自動運転のPDモードでは、インパネが大型のモニター画面に変わって、映画やTVなどを楽しみながら移動できる。この時には車内に収められた4つの座席が少し内側を向き、乗員同士のコミュニケーションも図りやすいレイアウトになり、まるでリビングルームにいるような感覚になる。

手動運転のMDモードは、ドライバーの前側に乗馬で使う手綱をイメージしたステアリング、メーター、ヘッドアップディスプレイなどがセットされる。同時に4つの座席が今日の自動車と同様に前方を向き、ドライバーが運転に集中できる空間になる。

PDモード、MDモードともにAI(人工知能)が使われ、常に安全を確保している。車両の前後左右にセンサーが張り巡らされ、たとえMDモードでマニュアル走行している時でも、ドライバーに対する運転支援が行われる。危険な状況に近づくと、安全のための制御が介入する仕組みだ。

マニュアル運転時のドライバーのクセを学習し、自動運転時に反映!?

日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~日産の自動運転が示す自動車の壮大な未来予想図 ~日産「IDSコンセプト」徹底解説~

またMDモード時に、車両がドライバーの運転の仕方を学習する機能も設けた。これをPDモード走行で反映させ、例えば赤信号などで停止する時、ブレーキを手前からゆっくりと踏むのか、比較的強めに踏むのか、といった制御をユーザーの運転特性に合わせて調節するという。

なぜこのような制御をするのだろうか。

インパネは映画のトランスフォーマーのように、モニター画面になったりステアリングが出現する。SF的というか、絵空事のようだ。PDモード時にユーザーのクセを反映させる理由も分かりにくい。運転が下手で、停止する度に乗員が前後に揺れるような運転も再現するのか。

この点を開発者に尋ねると、日産 IDSコンセプトが表現しているのは「手動から自動運転へ」という過渡期の商品だという。手動と自動を兼用することを考えて、ステアリングとモニター画面が切り替わるトランスフォーマーのような機能を設けた。ドライバーの運転スタイルを学習して、PDモードでも自分で運転している気分を味わえるようにしたのも同じ理由に基づく。「運転の仕方の反映は、あくまでも違和感のない味付けの範囲で行う」と説明する。

[2020年までに市販化、の真意とは・・・次ページへ続く]

1 2 3 4 5 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる