autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 フェアレディZ NISMO 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2013/8/30 13:45

日産 フェアレディZ NISMO 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

関連: 日産 フェアレディZ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 フェアレディZ NISMO 試乗レポート/岡本幸一郎

「NISMO」ブランドを活かしたプロジェクト第2弾

日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール]

モータースポーツで数々の栄光を刻んできた誇り高き歴史を持ち、かたや市販車のチューニングにおいては高い性能と信頼性を持つパーツを提供するなど、「NISMO」は30年近い歴史を通じて、ゆるぎない実績と確固たるブランドイメージを築いてきた。

そして日産では、そんなNISMOブランドをより有効に活かすための新たなプロジェクトをスタート。その皮切りとして2013年2月に「ジュークNISMO」を発売。続く第2弾として6月に「フェアレディZ NISMO」を発売した。

日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール]

日産 フェアレディZの「NISMO」というと、オーテックジャパンとNISMOが共同開発した「フェアレディZ バージョンNISMO」というコンプリートカーがあることは過去にお伝えしたが、今回のフェアレディZ NISMOは、実はそのフェアレディZ バージョンNISMOの内容を全面的に引き継ぎながら、見た目の部分でいくつか変更を加えたものだ。

その装備内容をざっと紹介すると、エクステリアでは前後バンパーとサイドステップを交換し、拡幅したタイヤに合わせてフェンダーモールを追加。見るからに効きそうなリアスポイラーもセットされている。

2トーンカラーが特別な1台であることをさりげなくアピール

日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] NISMO専用リアスポイラー

前身のフェアレディZ バージョンNISMOとの違いは、2トーンカラーとされたことと、フロントバンパー開口部やドアミラー、リアディフューザーに赤いアクセントが配されたこと、ホイールのカラーがダークメタリック塗装とされたことや、細かい部分ではリアの「nismo」ロゴが大きくなり、最後の「o」が赤くされたことなどが挙げられる。

スエード調ファブリックコンビシートやアルカンターラ巻のステアリングホイールが与えられ、各部にレッドのステッチをあしらったインテリアは、基本的にバージョンNISMOと同じだが、フェアレディZ NISMOでは新たにタコメーターの外周に赤い帯が配され、ステアリングに赤いセンターマークが入れられた。

ドライビングに関しては、NISMOの名に相応しい性能を実現するため、エンジン、ブレーキ、サスペンション、ボディの各部がひととおりチューニングされている。

[次ページへ続く]

日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] エクステリア・フロント正面日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] エクステリア日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] エクステリア・サイドビュー日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] エクステリア・リアビュー日産 フェアレディZ NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] エクステリア・リア正面

日産 フェアレディZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZ の関連記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23