autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 マツダ 新型デミオ グレード比較 2ページ目

新車グレード比較 2011/6/27 12:30

マツダ 新型デミオ グレード比較(2/3)

関連: マツダ デミオ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
マツダ 新型デミオ グレード比較

マツダ 新型デミオ 13C-V(1,290,000円)

ミラーサイクル+CVTで23.0km/Lの燃費

13C-Vは従来から設定されている低燃費グレードで、圧縮比と膨張比の異なるミラーサイクル(プリウスなどに採用されるアトキンソンサイクルもほぼ同じ)と呼ばれる燃焼方式を採用することと、CVTと組み合わせることで23.0km/Lの燃費を達成したグレードだ。

デミオが発売された時点で、フィットが標準エンジンとCVTの組み合わせで24.0km/Lを達成していたので、13C-Vのインパクトはあまり大きくなかったが、一定の意味を持つ低燃費グレードだったのは確か。だからこそ、マイナーチェンジ後のデミオにも引き継がれている。

13C-Vと13-SKYACTIVとの間には11万円の価格差があるが、13-SKYACTIVにはi-stopや横滑り防止装置のDSC、ブレーキアシスト、アルミホイールなどが装備される。逆に13C-Vには後席中央の3点式シートベルト&ヘッドレストレイントや6:4分割可倒式リヤシートなどの点で優位に立つ。

価格比較には微妙なところがあるが、フィットハイブリッドを意識して安めの価格を設定した13-SKYACTIVのほうが買い得感が大きい印象である。

13-SKYACTIVの登場で、13C-Vの存在意義は薄れたと見ることもできる。

マツダ 新型デミオ 13C(5MT・4AT/1,149,000円)(4AT 4WD/1,372,250円)

価格訴求のベースグレード

デミオのベースグレードとなるのが13C。少し前までテレビで低価格の特別仕様車をアピールしていたのはこのグレードをベースにしたものだ。

低価格を訴求するグレードだけに、装備はやや貧弱で、13C-Vに比べると、後席が一体式シートになって中央の3点式シートベルトやヘッドレストレイントがオプション設定になり、LEDドアミラーウインカーやボディ同色ドアハンドル(4WDのみ同色)など、微妙な部分で外観にも違いが設けられている。

快適装備もエアコンがマニュアル式になり、電動格納式ドアミラーがオプションになる。また装着できるオプション装備にもにも多少の制約があるなど、低価格グレードらしい設定だ。

燃費は21.0km/Lで最近のコンパクトカーとしては可もなく不可もなくといった程度。値引きを含めて100万円以下で手に入れたいというユーザー向きのグレードになる。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22