autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低燃費コンパクトカー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2011/12/19 18:20

低燃費コンパクトカー 徹底比較(4/4)

低燃費コンパクトカー 徹底比較

コーナリングから高速巡航へ

マツダ デミオ SKYACTIVマツダ デミオ SKYACTIV

初代~2代目のトールワゴン的なコンセプトから、一般的なコンパクトハッチバックに路線変更したことも板に付いてきたように感じるデミオ。

登場からそれなりに時間が経過しているにも関わらず古さを感じさせないデザインセンスをあらためて再認識させられる。

そのデミオのマイナーチェンジで、マツダが提唱するスカイアクティブの技術を投入したモデルの第1弾が世に出たわけだが、ただしスカイアクティブというのは高圧縮のエンジンのことではなく、トランスミッションやシャシー、ボディ構造に至るまで、すべての新技術群のことを指す。その点では、デミオに投入されたのはエンジンのみで、しかももっとも高価な同グレードのみとなる。

実燃費についても、上記のとおりまずまずの結果は得られたものの、まだまだこれからが本番というところで、今後の展開に期待したいところである。

ドライブフィールについては、これまでデミオは、どちらかというとコーナリング性能に優れたクルマという印象だったところ、直進安定性やスタビリティが向上し、高速巡航が得意なクルマになったように感じられたのも特筆できる。

飛び道具はなくても遜色ない低燃費

スズキ スイフトスズキ スイフト

3代目となって1年あまりが経過したスイフトは、先代の2代目からあまりデザインが変わらなかった点をとやかく言われることもあるが、実は全面的に刷新されていることを念を押しておきたい。

その走行性能はすでに各方面で高く評価されているし、内外装の質感も上々で、ラゲッジの狭さこそ見受けられるものの、乗員にとってのパッケージングの巧さも特筆できる。そんなスイフトに、時代の要望を受けてアイドリングストップ車が設定されたことを歓迎したい。

そして、基本的には既存のパワートレインに単にアイドリングストップ機能をプラスしたものにすぎず、なんら飛び道具を持たないが、新技術を採用したデミオや、ハイブリッドシステムを搭載したフィットハイブリッドに対して、それほど遜色ない実燃費をマークしたところに感心させられた。

もともとエンジン効率が良く、それに副変速機付きCVTを組み合わせたことで、ベースの実力がそれなりに環境性能に優れることが証明されたといえる。

ただし、現状では最上級の「XS」グレードや、最近発売された欧州仕様の特別仕様車「RS」にアイドリングストップ車が設定されていないところが惜しい。今後のさらなる発展に期待したい。

万能コンパクトカーのハイブリッド

ホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッド

フィットは本来、今回の企画にガソリンエンジン車を持ち込んでもいいぐらいだが、ハイブリッドの注目度が高く、また実際の販売比率も高く、環境性能に対してプラスアルファの付加価値を持っているという観点で、フィットハイブリッドを持ち込んだ。

このクルマは、いうまでもなく万能コンパクトカーとして定評のあるフィットがベースであり、そこにフィット本来の広さや使い勝手をほとんど損なうことなく、巧みにハイブリッドシステムを搭載したところがよい。

そしてフィットハイブリッドは、もともと燃費に優れるフィットを、さらに上回る環境性能を身に着けているし、モーターによる低速トルクのおかげで運転もしやすい。そうしたフィットのハイブリッド版としての期待に応える価値を十分に身に着けたクルマでありながら、159万円という低価格からスタートする価格の安さも魅力である。

それら一連の甲斐もあって、フィットハイブリッドは、フィット全体の中で、発売直後は実に約7割に達し、その後も半分近くという、予想をはるかに超える販売比率を誇っている。

マツダ デミオ 関連ページ

スズキ スイフト 関連ページ

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25