autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 カローラ系同門モデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/1/11 12:09

カローラ系同門モデル 徹底比較(3/4)

カローラ系同門モデル 徹底比較

ミニバン並に使い倒せるユーティリティ

インパネフロントシート

このままボディをストレッチすればミニバンになってしまいそうなパッケージングを持つ。

カローラスパシオの後継的位置づけのモデルでもあるカローラ ルミオンは、3列シートという噂もあったのだが、結局2列であった。それは、すでにトヨタの中に充実したラインアップがあるので、このクルマでそこまで無理をする必要もなかったということだろう。結果的にそれは正解だったのかもしれない。

キャビン部分の各ウインドウが切り立っており、室内に座ってもミニバン的な空間の広さを感じる。ただし、ウエストラインが高いので、ガラス面積はそれほど大きくなく、開放感はそれほど高くない。

インテリア全体もミニバンのような空間となっている。収納スペースは、数よりも容量にこだわったような印象で、サイドウォークスルーもできるようになっている。インパネでは、センターメーターを採用し、さらに4連メーターのようなレイアウトとなっているのも特徴的だ。また、カローラ ルミオンのみ今回の中ではステアリングホイールにパドルシフトが備わる。

リアシートも広い。座面はそれほど長くないが、横方向も十分に広く、背もたれはサイズが大きく、ちょっと寝かせ気味となっているが、広々感がある。ドームランプの付くイルミネーションも面白いし、オーディオのサウンドチューンにも相当に力を入れている。

ラゲッジルームもかなり広い。フロアをあえて高めに設定し、フロアマットの下を深く確保。そこにトレー状に区切った発泡スチロールを設定し、小物を置けるようにしている。全体を通して、ミニバンなみに使い倒せるユーティリティを備えているといえる。

リアシートメーターラゲッジデッキアンダートレイ9スピーカーオーディオ

乗用車的かつデザイン性のある空間

インパネフロントシート

カローラ ルミオンに比べると、カローラ フィールダーはやはり、従来の「乗用車」的なインテリアのつくりとなっている。シートポジションを見ても、他の2台のようにアップライトになってないし、インストとドライバーの位置関係なども、乗用車的な設定といえる。

デザイン的には、インパネやシート表皮、複雑なラインを組み合わせたドア内張りなど、なかなか興味深いモチーフを随所に採り入れている。また、パネル間のチリの合わせをつめるなど、非常に緻密に作り込んでいるところにも好感を抱く。

前後シートの居住性も申し分なく、ファミリーカーとしても使える。ラゲッジスペースは、後席を立てた状態でも十分に広く、両サイドに設けられたレバーを引くことで、後席の座面が全端を軸に持ち上がり、さらに背もたれが前倒しされて、低くフラットなスペースが簡単につくり出せるという、秀逸な機構を持つ。

リアシートメーターワンタッチ格納リアシートラゲッジ前後2分割デッキボード&デッキアンダートレイ

このサイズの中に詰め込んだ合理性

インパネフロントシート

今まで日本には存在しなかった、少しサイズが大きく、上級志向のハッチバック車というクルマであるオーリスは、インテリアの雰囲気も従来の同クラスのクルマとは一線を画する。中でも、インパネからセンターコンソールまでを一体化したフライングバットレスは、このクルマの大きな特徴である。

また、アップライトなポジションのシートや、ステアリングコラムの角度などを見ても、限られた空間の中で、いかに効率よく、乗員、パワートレイン、荷物などの要素を配置するかを考え抜いた上での合理性が感じられる。

後席は、狭いと嘆くほどでもないが、やはりそれほど余裕はない。ヒップポイントを高めとしつつ、背もたれをやや斜めに設定することで、少しでも開放感と頭上空間を稼ごうとしているようではある。

また、リアシートはリクライニングが可能であり、座面が沈み込みながら、ワンモーションで背もたれが前倒しされるように工夫されている。

ユーティリティについては、クルマのキャラクターからしても、特筆すべき点も見当たらないが、ラゲッジフロアを低めに設定しており、5ドアハッチバック車としては比較的広いスペースを確保している。総合的に考えると、このパッケージングは非常に合理的に思えてくる。

リアシートメーターセンターコンソールラゲッジラゲッジトレイ

内装・装備の総評

どの車種にもテレスコピックが付くし、FF車であれば後席のフロアがフラットになっている点は大いに評価したい。安全装備については、VSCがオーリスは全車で、カローラ ルミオンとカローラ フィールダーも1.8L車であればオプション設定されている。インテリアは、デザインもさることながら、使い勝手にも配慮した跡が随所にうかがえる。単純に利便性の順位をつけると、やはりカローラ ルミオン→カローラ フィールダー→オーリスとなるわけだが、カローラ フィールダーとて非常に使いやすく、オーリスのデザインは注目に値する。

トヨタ カローラルミオン 関連ページ

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラルミオン の関連記事

トヨタ カローラルミオンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • カローラ系同門モデル 徹底比較

    3台比較

    カローラ系同門モデル 徹底比較

    1966年に「トヨタ カローラ」は誕生した。ベーシックなコンパクトセダンとして登場したこのクルマは、その後常にベストセラーカーであり続け、今....

  • トヨタ カローラルミオン 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ カローラルミオン 試乗レポート

    ユニークでシンプルなリラックス・デザインカー誕生正直な第一印象は「bBの兄貴分?」だった。遠からずそれはその通りで、ルミオンは北米のサイオン....

  • トヨタ カローラルミオン 新型車解説

    新型車解説

    トヨタ カローラルミオン 新型車解説

    何もかもが新しい新型カローラ誕生「トヨタと言えばカローラ、カローラと言えばセダン」という方程式はもはや人類文明では当たり前という程の存在。今....

トヨタ カローラルミオン の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラルミオン の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24