autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋サイズミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/7/27 17:33

売れ筋サイズミニバン 徹底比較(4/4)

売れ筋サイズミニバン 徹底比較

まさに“正常進化”を遂げた王者

走行走行

やはり、そつない完成度を見せつけられた。特に、これまで非常に不満を覚えていたCVTの制御の違和感もずいぶん薄れた。バルブマチック車ではなおのこと。動力性能とCVTのよさ、燃費と、すべてにわたって上乗せされている。 購入時には価格の上昇が気になるところだが、モノとしては圧倒的にオススメできる。購入後にモトを取れるという見方もできることだし、ぜひこちらをオススメしたい。 ライバルに比べると、さらに進化したシートアレンジが武器となる。また、特にエアロ系であれば、若干ながらリセールバリューの高さにも期待できる。デリカD:5はクラス上だが、このクラスの中では、もっともそつない内容を誇り、まさに正常進化を遂げたといえる。 エクステリアデザインは、現時点でノアのほうがすぐに目になじんだが、ヴォクシーは、少し時間がかかるかもしれない。

完成度の高さは国産ミニバン最高峰

走行走行

SUVテイストこそデリカD:5の人気の源だが、5代目となったデリカD:5には、FF車が追加され、さらにはエアロフォルムをまとうという、かつてない展開が図られた。

FF化は、価格ダウンはもちろん、軽量化や燃費向上にもつながる。結果的に、内容的には5ナンバー枠を超えたところで設計されたモデルではあるが、ヴォクシーやセレナと横並びで比較できる存在になったと思う。あるいは、アルファードやエルグランドの小排気量モデルに比べても、非常に割安感のあるクルマに仕上がっている。

またデリカD:5は、4WD云々を抜きにして単体で見ても、非常に完成度の高いミニバンであることを強調したい。フラットトルクなエンジンと優れたCVTにより動力性能は必要十分。

素性のよりプラットフォームによりドライバビリティにも優れ、それが2-3列目も含め国産ミニバンで最良と思われる乗り心地の実現にもつながっている。これは、たとえアルファードやエルグランドを引き合いに出しても、デリカD:5が勝ると感じている。

そして何よりも、デリカD:5を好むファンの期待に大いに応えるであろう、エクステリア-インテリアデザインを身につけているところも好感を抱く。

いかにもミニバンらしい使い勝手

走行走行

ミニバンに求められるもの、ミニバンはどうあるべきか、5ナンバー枠の中で究極的に追求したのがセレナである。

また、インカーホンのように新しいアイデアや、計18個ものドリンクホルダーなど、思い切ったユーティリティを装備。

先代ヴォクシーに比べると、ミニバンとしての内容的には販売実績以上に勝っていると思っていたが、ヴォクシーが新型に移行した今、かつてほどのアドバンテージはなくなったのは事実だろう。それでも、ここまでスペースに振り、実用性を追求しているのがセレナ。

そのコンセプトの潔さは、それらを重視するユーザーにとっては、魅力ある存在であり続けるに違いない。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

三菱 デリカD:5 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23