autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型 1シリーズ 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/10/19 11:19

BMW 新型 1シリーズ 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: BMW 1シリーズ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
BMW 新型 1シリーズ 試乗レポート/岡本幸一郎

スポーツ走行でも実力の高さを実感

BMW NEW 116i
BMW NEW 120i SPORTBMW NEW 120i Style

このクラスで唯一、駆動方式がFR(後輪駆動)である点も1シリーズの真骨頂で、ステアリングが駆動系の影響を受けないスッキリとしたステアリングフィールは、1シリーズの大きな美点に違いない。走行状況に応じてステアリング操作量に対する前輪の切れ角やアシスト量が最適化されるバリアブル・スポーツ・ステアリングは、位相のずれる感覚もほとんどなく、高速走行時には抜群の直進安定性を呈しながら、低~中速のコーナリングでは俊敏な走りを楽しませてくれる。

さらに、アクセルワークで積極的に姿勢をコントロールしていけるFRのほうが、アクセルを踏むことにガマンを強いられることの多いFFよりも大きなドライビングプレジャーを持っていることはいうまでもなし。今回は袖ヶ浦フォレストレースウェイのコースを全開で走ることができたのだが、スポーツ走行すると、ますますFRの恩恵を実感する。

ステアリング操作に対する反応は俊敏なほうが楽しく、ただしクルマ自体の挙動変化の反応は、じわっとゆっくり動いてくれたほうが良いものだが、ニュー1シリーズの走りはまさにそれ。しなやかによく動くサスペンションのおかげで、タイヤが常に良い状態で路面に接地している感覚があり、安定したグリップが得ることができる。

操縦安定性は極めて高く、もうちょっとヤンチャでもいいのでは?と思うほど、走り味は大人っぽくなっていた。

Mスポーツ・サスペンションを装着すると、車高が15mm低くなり、乗り心地はやや固めとなる。さらに、Sportモデルおよび上記ステアリングの装着車には、「SPORT+(スポーツ・プラス)」という走行モードが設定されていて、これを選択すると、パワーステアリングのアシスト量が変わり、DSC(横滑り防止装置)の機能が一部解除されてスポーツ走行に適した走行状態となる。

3シリーズの廉価版、では決してない!

BMW NEW 120i Style
BMW NEW 116iBMW NEW 120i Styleと岡本 幸一郎 氏

これまで1シリーズを買うなら、もう少しがんばって3シリーズを、と思っていた筆者だが、今度ばかりは1シリーズも大いにアリと思わされた次第。

先にも述べたが、上級クラスに移行したかのような仕上がりのよさは誰の目にも明らか。それでいて価格はほとんど上がっていないので、事実上の値下げといえる。

それにしてもドイツのメーカーは、どのセグメントでも、つくづく良い競争をしているなと思わずにいられない。VWゴルフやアウディA3もがんばっているし、メルセデスも新型Bクラスで引き上げてくるはずだが、BMWも1シリーズをここまで仕上げてくるとは予想をはるかに超えていた。

※画像をクリックすると、BMW 新型 1シリーズ画像集ページへ飛びます! 1シリーズをもっとチェック!

BMW 1シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 1シリーズ の関連記事

BMW 1シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 1シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22