MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート VW 新型ゴルフ ディーゼル(TDI)試乗|遂に上陸したディーゼルモデルの実力は?

試乗レポート 2019/8/20 18:06

VW 新型ゴルフ ディーゼル(TDI)試乗|遂に上陸したディーゼルモデルの実力は?

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 橋本 洋平 Photo: 木村博道/フォルクス ワーゲン グループ ジャパン
画像ギャラリーはこちら

新型のウワサもある中ディーゼルが上陸

2019年9月のフランクフルトモーターショーでは次期型が公開されると噂されるゴルフ。日本に導入されるのはおそらく来年後半。すなわち、いよいよ現行型であるゴルフ7もモデル末期ということになる。

 

ミニバンのシャランにもディーゼルを追加!

だが、この段階にきてフォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフファミリーに対してディーゼルモデルのTDIモデルを10月1日から日本に導入すると発表した。ハッチバックのゴルフ、ステーションワゴンのヴァリアント、そしてミニバンのシャランに対してもディーゼルエンジンを搭載するという。

2013年に日本導入(欧州では2012年)となったゴルフ7は、ガソリン、プラグインハイブリッド(PHEV)、そして電気自動車(EV)をこれまでに日本で打ち出してきたが、ディーゼルの導入により更なるユーザーニーズ応えようというわけだ。ちなみに欧州に目を向ければ天然ガスやサトウキビなどの植物由来のバイオエタノールをベースに走るハイブリッドも存在する。改めてゴルフ7はマルチ燃料対策を行い、次世代を見据えてきたクルマだということが解るだろう。

搭載するディーゼルエンジンはティグアンと同じユニットを搭載

さて、そんな最後のゴルフ7を締めくくるかのように登場するTDIは、実はSUVのティグアンに搭載されていたユニットと同様のものだ。ティグアンではそのTDI+7速DSGが組み合わされ4輪駆動となっていたが、ゴルフに搭載されるものはミッションこそ同様の7速DSGだが、駆動方式は前輪駆動となるところが異なる。エンジンは2.0Lターボとなり、最高出力110kW(150PS)/3500-4000rpm、最大トルクは340Nm(34.7kgm)/1750-3000rpmというスペックだが、重量はディーゼル化に従い1430kgとやや増している。

ゴルフディーゼルは実用重視のスペック

ちなみに今回引き合いに出す1.4Lターボのガソリンエンジン・TSIは最大出力103kW(140PS)/4500-6000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/1500-3500rpmとなり車重は1320kg。出力はあるが重い車体か、おとなしいが軽量が良いのか? 乗り比べてその差はどうなのかは気になるところだ。

ちなみにシャランに搭載されるTDIのみがハイパワーバージョンとなり、最大トルクは380Nmを発揮している。これは多人数乗車や荷物を積載する機会が多いことなどを見越してのこと。ハッチバックやワゴンでは必要ないとの判断のようだ。

ゴルフ ガソリンモデルは未だ走り・質感全てにおいてバランス良し

まずはディーゼルの実力を知る前にガソリンエンジンのTSIから試乗を開始する。すると、発進加速から軽快に立ち上がり、高回転へ向けてストレスなく吹け上がるTSIの実力が見えてきた。決してパワフルとかトルクフルという種のものではないが、全てが過不足なく動くところにバランスの良さを感じた。それはフットワーク系においても同様で、しなやかな乗り味と、ワインディングロードにおける一体感溢れる軽快な動きとしなやかな乗り味が際立っていた。改めてゴルフ7の実力の高さを思い知らされた。

それを確認した後にTDIモデルに乗り換える。すると、まず感じられたのはドッシリとした安定感の高さだった。重量が増したことによるこの感覚は明らかに違うクルマだと感じられるもの。

だが、例えばスタンディングスタートでは重くなったことを感じさせないトルク感があり、不満を抱えるようなことがないところが◎。TSIと同様の立ち振る舞いが得られるところは好感触だ。

ただし、ディーゼルだから極端にトルクフルだとか、そういうタイプではないことも明らか。あくまでスタンダードなディーゼルといった感覚が正直なところだ。

また、ディーゼルではどうしても気になってくる車室内の振動や音に関しては不快な感覚もなく、滑らかな吹け上がりが続くところは好感触。TSIのように回転を高めずして巡行できるスマートなところもディーゼルのメリットといっていいだろう。

軽快さはないが、ゆったり走れるのがディーゼルの魅力

しかし、ワインディングロードにおける軽快さや、しなやかな乗り味といったTSIで感じた乗り味は若干異なる。フロント軸重で90kg、リア軸重で20kg、TSIよりも重くなるTDIは、ややユッタリとした乗り味になることも事実。そしてこの重さをカバーするために足を変更せずにタイヤのエア圧を40kPa引き上げることで対応したことにより、やや突っ張った乗り味になっていることはたしかだ。ワインディングよりも高速クルーズで真価を発揮するタイプのようだ。

ランニングコストを考えるとディーゼルが圧倒的有利だ

燃料消費率はWLTCモード18.9km/L。TSIの18.1km/Lよりも上回っている。今回の試乗では郊外路とわずかな高速道路走行しか出来なかったので、そこまでは行かなかったが、TSIよりもTDIのほうが常に平均燃費は1割ほど高い値を示していたことはたしかだった。郊外路やロングドライブが主な使い方のユーザーであれば、メリットはより高まるだろう。

一度は試乗してもらいたいほどの完成度!

いずれにしても今回のTDIのデビューは、ゴルフ7を締めくくるに相応しい一台。第4コーナーを駆け抜け、最後の直線に入ったゴルフ7に鞭を入れ、ゴールまでに再びトップを奪取しようというディープインパクト的な存在だ。最後まで諦めずに戦い続けるその姿勢が美しい。まさに完熟の仕上がりは要チェックだ。

[筆者:橋本 洋平/撮影:木村 博道]

VW ゴルフ 主要スペック
グレード名
TDI Highline Meister
TSI Highline Meister
価格[消費税込]
3,910,000円
3,599,000円
全長
4,265mm
全幅
1,800mm
全高
1,480mm
ホイールベース
2,635mm
駆動方式
FF(前2輪駆動)
車両重量
1430kg
1320kg
乗車定員
5名
エンジン種類
水冷直列4気筒
4バルブDOHC
ディーゼルターボ横置
水冷直列4気筒
4バルブDOHC
インタークーラーターボ横置
総排気量
1968cc
1394cc
エンジン最高出力
110kW(150PS)/3,500-4,000rpm
103kW(140PS)/4,500-6,000rpm
エンジン最大トルク
340Nm(34.7kg・m)/1,750-3,000rpm
250Nm(25.5kg・m)/1,500-3,500rpm
トランスミッション
7速DSG
使用燃料
無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費
-
18.1km/L
WLTCモード燃費
18.9km/L
-
WLTC
市街地モード燃費
14.0km/L
-
WLTC
郊外モード燃費
18.9km/L
-
WLTC
高速モード燃費
22.2km/L
-
筆者: 橋本 洋平

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連編集記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR