ハリアーの北米兄弟車がデカいけどむっちゃ良いクルマだった! 「トヨタ ハイランダー」なぜ日本で売らない!?

画像ギャラリーはこちら
全長4950mm、全幅1930mmの巨漢SUV「トヨタ ハイランダー」。北米で生産されるこのモデルは、日本でも話題の新型ハリアーやRAV4の兄弟車です。3列シートレイアウトで、日本でも一定の需要はありそう。日本で売られる日は来るのか!?

>>ランクル並みにデカい! トヨタ ハイランダーを画像でサクッとチェック

「サクッとハイランダーの写真をパラパラ見たい」という方も是非チェックしてみてくださいね。

目次[開く][閉じる]
  1. ハイランダーはV6 3.5Lと直4 2.5Lハイブリッドの2タイプ
  2. 実用的な3列シートレイアウトでファミリー層にもぴったり
  3. デカいけどエコ! ハイランダーは日本でもアリ!な1台だった
ハイランダーの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

ハイランダーはV6 3.5Lと直4 2.5Lハイブリッドの2タイプ

初代は「クルーガー」の名前で日本でも販売

2000年に発売されたトヨタのSUV「クルーガー」(クルーガーL/クルーガーV)。初代ハリアーとは兄弟関係にあり、都会派のハリアーに対し、クルーガーは広い室内と荷室空間が特徴で、マイナーチェンジ時には3列シート仕様も追加された実用的なモデルでした。懐かしいそのクルーガーこそ、今回ご紹介する「ハイランダー」の初代にあたります。

ランクルよりも圧倒的にエコ

4代目となる現在のトヨタ ハイランダーは2019年に北米デビュー。RAV4や新型ハリアーと同じTNGA GA-Kプラットフォームを使用し、3兄弟の関係にあります。ボディサイズは全長4950mm、全幅1930mm、全高1729mmでホイールベースは2847mm。ちなみにランドクルーザー200の全長は4950mm、全幅が1980mm、全高が1880mmでホイールベースは2850mmと、背の高さ以外はほぼ同等なアメリカンサイズです。

エンジンラインナップはV6 3.5リッター(295馬力)に加え、2021年モデルからは直4 2.5リッターハイブリッド(ハリアーよりハイパワーなシステム出力243馬力)を設定。V8 4.6リッターのランクル200から比べると圧倒的にエコ!

駆動方式はハイブリッドがFFとE-Four、V6モデルではFFとAWD(4WD)、さらにRAV4同様のダイナミックトルクベクタリングAWDも選択出来ます。

実用的な3列シートレイアウトでファミリー層にもぴったり

実際に乗ってみた印象は「アメ車そのもの」だった!

トヨタ ハイランダーのインテリアは上質で明るい雰囲気の広々した車内が実にイイ感じ。アメリカではママがこれに乗って子供たちを学校まで送っていくそうです。カッコいい!

日本の道を走らせてみたところ、ゆったりした乗り味が心地良く、これからロングドライブも苦にならなそうです。もはや日本車というよりは、身も心もすっかり「アメ車」そのもの。アウトドア派のRAV4や都会的なハリアーの乗り味とはまるで別物に仕立てられていたのにも驚かされます。ちなみに3兄弟車の中でも、個人的にはハイランダーの乗り味が一番ハマりました…。

ファミリー層に訴求するハイランダー。室内は3列シートレイアウトが基本です。2列目シートは3人掛けのベンチシート(8人乗り)が標準で、写真の最上級グレード「プラチナム」は左右独立のキャプテンシート(7人乗り)となっています。

身長180cmの筆者が3列目に座ったところ頭上空間はミニマムでしたが、子供たちが座る分には全く問題なし。2列目シートを少しスライドさせれば足元空間も十分に確保されます。

デカいけどエコ! ハイランダーは日本でもアリ!な1台だった

日本にはない日本車「トヨタ ハイランダー」はいかがでしたか。

トヨタ関係者に取材した限り、残念ながら今のところ日本での生産予定はなし。確かに全長5メートルの巨漢サイズで爆売れはしないかもしれませんが、多人数乗車や巨大な荷室のニーズがあるユーザーからの需要は少なからずありそう。

V6 3.5リッターのアメリカンな乗り味も良いですが、トヨタらしいハイブリッドモデルにも興味津々。デカいけどエコという性能は、生産を終えてしまったエスティマや、3列シートSUVのクルーガー、ヴァンガードのユーザーも興味を示しそうです。いかがでしょうか、トヨタさん!?

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:島村 栄二]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
265.6万円388.9万円
中古価格:
30万円517.1万円
トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
30万円539.7万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

米国トヨタ ハイランダーの最新自動車ニュース/記事

米国トヨタのカタログ情報 米国トヨタ ハイランダーのカタログ情報 米国トヨタの中古車検索 米国トヨタ ハイランダーの中古車検索 米国トヨタの記事一覧 米国トヨタ ハイランダーの記事一覧 米国トヨタのニュース一覧 米国トヨタ ハイランダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる