日本車なのに日本で売ってない!? 2021年こそ導入を切望! “日本にない3列シートの日本車”3選

画像ギャラリーはこちら
世界各国の事情に合わせ細かく仕様を変えるクルマ造りは、昔から日本車の得意とするところ。それがいつしか海外専用モデルへと発展していった経緯がある。しかもそんな海外専用なモデルに限って、なかなか魅力的なのだから困ってしまう! 2021年こそ導入を切望したい「日本にない日本車」! 今回は3列シート車を特集する。

お願いします、日本でも乗りたいです! 日本にない日本車を写真で見てみる[画像80枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日本にない三菱のコンパクトミニバン、アリなんじゃない!?
  2. 3列シートSUVはスバリストも熱望している!
  3. ランクルよりはるかにエコなRAV4のデッカい兄貴分

日本にない三菱のコンパクトミニバン、アリなんじゃない!?

三菱 エクスパンダー&エクスパンダークロス

タイなど東南アジアを中心に販売されるコンパクトミニバン「三菱 エクスパンダー」。ボディサイズは全長4475mm、全幅1750mmで、全長4260mmのトヨタ シエンタや、4265mmのホンダ フリードなどに近く日本でも扱いやすい丁度良い大きさだ。

エクスパンダーの派生モデルとして、最低地上高を20mmアップし、樹脂フェンダーなどでSUV風に仕立てたエクスパンダークロス(TOP画像)も用意されている。SUVイメージの強い三菱だから、こちらをメインに国内へも導入してみるというのはいかがだろうか。アウトランダーやデリカD:5は高価だし、ちょっとサイズも大きいと躊躇している潜在ユーザーは少なくないはず。2021年こそは日本への導入を進めてほしい1台だ。

3列シートSUVはスバリストも熱望している!

スバル アセント

あれ、フォレスターなら日本でも売っているはずでは!? うっかり思ってしまう「スバル アセント」は、まさにフォレスターの兄貴分的存在。北米市場向けに造られた3列シートSUVだ。

ぱっと見たところ、そんなに大きそうな印象はないが、ボディサイズは全長4998mm×全幅1930mm×全高1818mmとランクル200並みの巨漢。現在市販されるスバル車の中でも最大のボディサイズだ。水平対向4気筒 2.4リッター直噴ターボDITエンジンを搭載し、シンメトリカルAWDやX-MODEなどと組み合わせる四輪駆動専用車となっている。

2018年にエクシーガクロスオーバー7の販売が終わった今、国内で3列シートレイアウトのスバル車を求めるユーザーは、他社ブランド銘柄に移るしかない。そんな一刻を争う状況なのだから、躊躇せず日本市場へも導入を開始してほしい1台だ。

ランクルよりはるかにエコなRAV4のデッカい兄貴分

トヨタ ハイランダー

見るからにデッカそうなこのクルマはトヨタ ハイランダー。こう見えてRAV4や新型ハリアーと同じTNGA GA-Kプラットフォームを使用する3兄弟だ。

ボディサイズは全長4950mm×全幅1930mm×全高1729mmで、こちらもランドクルーザー200の全長4950mm×全幅1960mm×全高1880mmと高さ以外はほぼ同等。それでいてパワートレインは直4 2.5リッターハイブリッド(システム出力243馬力/ほかにV6 3.5リッターもあり)。V8 4.6リッターのランクル200から比べると圧倒的にエコなクルマとなっている。新型ランクル300登場の噂も流れるが、それよりもハイランダーを導入するのが先でないだろうか。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
291.5万円328.9万円
中古価格:
24万円367万円
トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
274.3万円402.9万円
中古価格:
29万円515.6万円
スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
291.5万円328.9万円
中古価格:
24万円367万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる