autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス LX(2列シートモデル)試乗│冒険に出かけるような気分にさせてくれるレクサスのキレイ目クロカン4WD

試乗レポート 2018/5/29 16:43

レクサス LX(2列シートモデル)試乗│冒険に出かけるような気分にさせてくれるレクサスのキレイ目クロカン4WD

関連: レクサス LX Text: 飯田 裕子 Photo: 島村 栄二
レクサス LX570(2列シート・5人乗り)
レクサス LX570(2列シート・5人乗り)レクサス LX570(2列シート・5人乗り)レクサス LX570(2列シート・5人乗り)レクサス LX570(2列シート・5人乗り)画像ギャラリーはこちら

LXに2列シート5人乗りモデルが登場

国産乗用SUVのなかで、これほどのスケール感を持つモデルはない。全長5065mmと5mを優に超え、全幅は2mに迫る勢いの1980mm。全高1910mmはボディサイドに立つと5m超えの全長とともにその高さによって威圧感を覚えるほどで、「おおきいっ!」。

でも大丈夫。LXにとってそれは誉め言葉と言ってもいいはずなのだ。

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

そして乗用車としてはこの特大なボディサイズはもちろん、そこに込められたる本格的なクロスカントリー性能とプレミアムブランドであるレクサスのラグジュアリーな世界観の融合は、お世辞抜きで他では味わえない人間力ならぬ“クルマ力”=スケール感を生んでいる。他モデルでは味わえないという点では、レンジローバーやメルセデス・ベンツ Gクラスのようなライバルがいるけれど、LXにはLXの世界観が表れているのも明白だ。

LXはレクサスSUVラインナップのフラッグシップモデルとして、日本では2015年にこの三代目となるモデルから導入を開始。トヨタ ランドクルーザーをベースとする本格的なオフロード四駆でありながら、一方でオンロード使いを意識した、性能やデザインと質感を加味した“手”が加えられている。最近のトピックとしては、これまでLXは3列シートのみの設定だったが、2列=5人乗りも選べるようになった。

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

レクサス初のシャープシーケンシャルターンシグナルランプを採用

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

エクステリアデザインは、おそらくラインナップ中最大と思われる“スピンドルグリル”が“L”のバッヂとともにフロントマスクを飾り、LEDの形状も相まってボディサイズをより精悍に魅せるシャープな表情を創り出している。

またLEDライトにはシャープシーケンシャルターンシグナルランプをレクサスで初採用。テールライトともに、ウインカーやハザードランプを点灯させると、そのランプは流れるように「ピロロロローン、ピロロロローン」と、この表現はちょっとアレだが、エレガントさを演出する効果アリ。

一方でトレーラーハウスも引っ張って走ることができるヒッチメンバーが採用され、海外ならばボートや馬をも運ぶのだろうと想像すると、ますます優雅な乗り物に思えてくる。

フラッグシップSUVらしい“ホンモノ”感が整頓されているインテリア

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

インテリアでは、クロカン走行を支える走行モードスイッチ類などが並ぶ様子は、近年ますますモダン&シンプルな印象の強まる他モデルに比べ、やはりLXがホンモノのオフロード四駆であることを意味している。

コクピットまわりは上下でディスプレイゾーンとオペレーションゾーンに分けてデザイン。人間工学に基づいた設計がされていることがわかり、レクサスのデザインの世界観のなかに“ホンモノ”感が整頓されている。

唯一、液晶モニターの画像の鮮明さは、最新のレクサスのソレらに対し少々見劣りする点は否めないと思う方もいるかもしれないものの、厚みのあるレザーやメタル、本木目などを巧みに組み合わせたインテリアの仕上げぶりはフラッグシップSUVらしい。

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)レクサス LX570(2列シート・5人乗り)
レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

他にも、タッチスイッチ式オーバーヘッドランプや、セカンドシートの中央席を倒すとアームレストとして利用できるだけでなく、ヒーターコントロールパネルやカップホルダーなどが標準装備されている。また4席独立してエアコンの温度設定が可能なだけでなく、リア左右席はシートヒーター、ベンチレーション付きと快適。

悪路もこなす実用と、上質な内装や装備が醸し出す“粋”の振り幅を贅沢に感じることができるLXは、室内に居るだけでそのスケール感を味わうことができるだろう。

また、昨年追加された2列シート仕様は、リアシート後ろのスペースが期待以上。3列シートタイプでもサードシートを畳めばその部分をラゲッジスペースとして使うこともできるが、やはり椅子を畳んだ分のスペースは取られてしまう。その点2列シートは広大なラゲッジを存分に活用できる。その広さは例えば、9.5インチのゴルフバッグを4本積むことができる。

2アクションで乗車する感じが、冒険に出かけるような気分にさせてくれる

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

さて、LXは言わばキレイ目クロカン4WDとも表現でき、乗り込みからして高いシートへのアクセスはステップに足をかけ、のぼるように2アクションで乗車する。ちなみに、降車の際は車高を下げるシステムが利用できるので、そのあたりの配慮は嬉しい。個人的には2アクションで乗車する感じが今どき新鮮で、冒険に出かけるような気分にさせてくれるので悪くないと思える。

視界の良さは申し分ない。LXはアンジュレーション(起伏)のキツイ砂漠をも走破できるモデルとして着座位置やシートのサポート性、そして視認性も重要だ。ボディの姿勢(状態)を把握しやすい設計は、街中での取り回しにも役立つLXにとっては走行性能の一部だ。

静粛性も高い5.7リッターV8エンジン

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

パワートレインは5.7リッターV8エンジン+8ATを組み合わせた1種類のみ(ランクルは4.6リッターV8エンジン+6AT)。これが377ps/5600rpmのパワーと534Nm/3200rpmを発揮する。トレーラーハウスも牽引できるタフな動力は、街中ではそのほんの一部を使うだけでスマートなドライブが可能。8ATの制御も賢く、ドライバーのアクセルの踏み込み度合や速度に応じて、スムーズな加速や速度維持が可能。静粛性も高い。

“個性”と快認できる動きの大らかさ

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

乗り心地は最初、最近のSUVに乗り慣れた体には少々フラットさに欠ける印象を抱くかもしれない。

しかしその動きに慣れると気にならない。むしろ動きの大らかさが、「これは、これ」と思える。クルマとドライバーとのコミュニケーションがリニアにスムーズに行えるからだろう。

もちろんかつてのクロカン4WDのハンドルを握ったことのある方が想像するような大きなロール感はない。ハンドルの操舵も乗用車と同等でむしろ柔軟さが優しい。操舵時の応答遅れもない。

前後サスにはスタビライザーも装備され、さらに走行モードが選べるドライブモードセレクトが採用されている。走行状態に応じてダンパーの減衰力を自動制御するAVS(アダプティブ・ヴァリアブル・サスペンションシステム)も採用されており、街中から高速走行の安定性を担保しているのだ。だから、“個性”と快認できるというワケ。

あらゆる走行シーンを安定感のある走りとともに快適さを保つ懐の深さ

レクサス LX570(2列シート・5人乗り)

オフロード走行時には路面の凹凸や滑りやすさをドライバーがアクセルやブレーキでコントロールすることなく、制御に任せて走ることができる“クロールコントロール”や、「このサイズにしてこのタイトコーナーは絶対にムリっ!」と普通なら諦めるような場面で、後輪のブレーキを使いハンドル操作も含めて任せられる“ターンアシスト”も装備(2年前に雪上で体験済)。日本の舗装路をメインにLXを選ぶとすると、その性能はオーバースペックとも言えるかもしれないが、ここにもあらゆる走行シーンを安定感のある走りとともに快適さを保つ、『LX』の懐の深さ=スケール感が感じられるのは間違いない。

先進テクノロジーを可能な限り搭載しているレクサス LX。先進予防安全システムに最新の“レクサス・セーフティ・システム+”を採用する。歩行者保護機能付きプリクラッシュセーフティ、レーンキープアシスト、先行車追従式レーダークルーズコントロールなどがパッケージされ、さらにブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートなども標準装備される。

LXの存在はレクサスにとってSUVの頂点に立つモデルとして、RXやNXとは異なる立ち位置を持ち、その存在は他メーカーにもない強い個性がある。大きさのみならずあらゆる意味でのスケール感を楽しみ、味わえるモデルと言えるだろう。あとは1000万円を超える価格をアナタのスケールで計れるかどうか!?

[レポート:飯田 裕子/Photo:島村 栄二]

レクサス LX570(2列シート・5人乗り) 主要スペック
駆動方式 フルタイム4WD
JC08モード燃費 6.5km/L(JC08モード)
価格(消費税込) 11,150,000円
全長 5,080mm
全幅(車幅) 1,980mm
全高(車高) 1,910mm
車両重量 2,680kg
乗車定員 5人
ホイールベース 2,850mm
エンジン種類 V型8気筒 5.7L エンジン
排気量 5.662cc
最高出力 277kW (377ps) / 5,600rpm
最大トルク 534N・m(54.5kgf・m) / 3,200rpm
トランスミッション 8 Super ECT (スーパーインテリジェント8速オートマチック)
燃料 無鉛プレミアムガソリン

関連コンテンツ

渡辺直美の愛車は1000万円超のレクサス LX570!購入して3日でこする

新型レクサスES、これは日本でもけっこう売れそうだ|国際派モータージャーナリストがそう直感した理由とは

新型レクサス UXが2018年冬に発売予定!価格や燃費、スペックを徹底予想|最新情報

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス試乗レポート|現行型オーナーが“ヤバイ”と唇をかみしめるほど見事な仕上がり

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス試乗レポート|新機能”MBUX”を使ってみれば、近未来の音がする!

筆者: 飯田 裕子

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス LX の関連編集記事

レクサス LXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LX の関連編集記事をもっと見る

レクサス LX の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR